MTM03 色々な展示その2

Make: Tokyo Meeting 03 見て来た展示品で個人的に興味深いもの色々。
90組も展示があったので全部見る事なんて不可能でしたw
こちらのページでは写真撮り忘れた物を主に。





●無限につなげられるTheo Jansenメカを
 ペーパークラフトで作ってみよう!

Craft Labs さん。
同じ部屋の向かい。
テオ・ヤンセンといえば↓のように
YouTube - Theo Jansen - Animaris Rhinoceros
↑ 謎の歩くロボット・・というかこれ、動力入ってないんだけどね。
これを紙で作ってました。


紙で作るまでの経緯がなかなかすごい!
  1. テオ・ヤンセン展に行ってみた
  2. 感動
  3. 意外と華奢(きゃしゃ)な材料で出来てた
  4. 精度もけっこう雑
  5. これ自分でも作れるんじゃね?
  6. ってか紙で作れるんじゃね?
  7. 紙で作ってみた

って経緯。
それでやってしまう所がすごいなあ〜〜〜複雑なのに。
色々楽しいお話させてもらいました!

ミニ・ワークショップ、人気だったなあ。
ああいう展示も結構良いな。
なにより見学者が気軽に楽しめて行けるのが良い。
自分もやってみたい。






●Rokuro-2

加藤 良将 さん
Yoshimasa Kato

ついに触ったぜ!!!Rokuro!!
やっぱ綺麗だなあーーーこれ!
前回MTM02の時遠くから眺めただけ。
なんたって大人気だったので。
今回は触る事も出来たしねー。
意外と太いファイバーだけど、意外とうまくまわる。
そしてなにより、やっぱり綺麗だ!!!!
触って楽しめる感が凄く詰まってて良いね!




●パラナビ・GPSクロック

GPS Labo さん
同じ部屋、というかお隣。お世話になりました!

●GPSクロック

これ写真とるべきだったなー・・
すっごく単純な仕組みでGPSから正確な時刻を抽出表示してる。
Simple is Best をそのまま具現化したような製作品。
しかも、部屋の中でも十分受信できるように外部アンテナのデータを部屋の中で再送信してる。
これがまた恐ろしくシンプルで、単にケーブルにアンテナくっつけただけw
HPを参考にしてみて欲しい。
といっても、あまりにシンプル過ぎて  ( ゚д゚) ??? という感じになってしまうと思う。
僕自身、3回くらい説明されてやっと理解できた。
だって普通、そんなシンプルにできないってw

パラナビ(仮称)

これもまた恐ろしいくらいのsimple作品。
ゲームボーイアドバンスでGPSナビのような物を作ったらしい。
コードもオープンだとか。
パラグライダー用なので自分としてはあまり使い道がないけど
ここまで作り上げた上にフリーとは恐れ入りました!
パラグライダー界では業界標準だそうな。





●力石咲
 ハイパーニットクリエイターの仕事

ああ・・これも写真撮るべきだった。
とりあえずHP見てみて下さい。
 ハイパーニットクリエイター力石咲 オフィシャルサイト
どう?気持ち悪いでしょw
これ、近づくと目が開くんだ。
キモち悪い感じがするけど実際見てみるとかなり「アート」な感覚が伝わって来る。
そして何より美しい。
見た目のインパクト凄いが、それ以上にこの編み物根性とその技量がすごい!
力石さん自体は普通の可愛い女子なんだけど、
外見からこういう物作るとはあまり想像できないなあ・・。
僕は「編み物は地道過ぎて向かないなあ」と思っててその疑問を聞いてみた所
「私も一気に勢いで作ります」とかいう事でした。
やっぱプロレベルの人でも面倒に感じる物なのねw

設営の時から顔を合わせていて色々話させてもらった。
お世話になりました〜





●コパン 交感神経活動表示器(ウソ発見器)

これも写真撮るべきだった。
ウソ発見器作ってます。
はじめてウソ発見器やてみたけど、これ、ほんと、ウソがわかるのねw
完全にやられたよ・・
で、この仕組みが凄い。
ウソ発見器は一般的に皮膚表面の導電率(抵抗値)を計測する。
抵抗値はめちゃ高い(3〜5MΩ)なので、けっこう難しいセンサーアンプ作りになる。
しかし!
コパンさんの作ったウソ発見器はアンプがない!!!
なんと、AVRの入力端子ハイインピーダンスをそのまま入力センサーに生かしてる。
あーーーなるほど!そういう使い方があるか!
と納得しまくり勉強しまくり。

筋電センサーもあったようだけど時間なくてみれませんでした。
HPもない。残念・・






●The-MenZ
 ArduinoニキシーシールドとLEDバッチ

The-MenZ Lab. - カシコイのとイケメンの製作日記
ニキシ管時計作ってました。
ニキシ管なのに驚くほどに小型の時計!!
魅了されちゃったよ。
他にも赤外線センサーつかった楽器作ってたなあ。
ニキシ管が安かったので6個も買ってしまいました!
データシートのコピーも貰ったし挑戦できそうだぜ!
ただし、データシートがロシア語。読めねえ・・w

同じ部屋でした。お世話になりましたー






●遠藤なまず
 xfumble(アルファバージョン)

xfumble
今回のMake: では珍しい、ソフトウェアのみの展示。
見せてもらったんだけど、これはすげえwwwwww
vi と emacs 使う人向けで。
キーボードだけで操作したいと言う超コアなアニキ向けのキーバインドカスタマイズ設定ツールでした。
この自由度の高さは圧倒的。
もはや根本的に違うキー設定が出来るとか。
マウス大好き派の僕には理解不能な世界を見せてもらいました。もはや笑いが出てしまう特濃だった。
これ、プログラム打つのが仕事の人には大人気になるんだろうなあ〜

ちなみに、遠藤なまずさんは Make:Meeting ではなにげに人気者w
面白い上にさりげない気遣いと着眼点の鋭さ。こういう人好きだー





●綛田幸司@藤井の素

これ写真撮るべきだった。
ってか、写真無いと何もわからんわw
HPも無いみたいだし。

喋ると光るマスク。
一種のアートだね!
ただの電子工作のように感じちゃうけど、かなり綺麗なアート作品だった。
これいいなあ〜って思う。

あともうひとつ良かったのが、静電タッチセンサー使ったLEDボード。
多点検出で触ったそのままが光る!
写真無いとなにもわからんね・・
スゴク良かったです。
なんだか幸せになれる不思議な感覚だった。インスピレーション受けまくり。

この方も同じ部屋でした。ありがとうございましたーーー




●ニコニコ技術部

もうね、これ・・超特濃なのでw
はっきり言って書ききれません。
あの狭い部屋によく展示しきったもんだ。
すごいすごい言いながら見まくって一枚も写真撮ってないし。
完全に忘れてたよw
気になる方は検索してみて下さい。
なにか出て来ると思うから。

個人的にはカルマン渦でネギ振りが最高にウケた。




●ジャンク宿




これは展示ではなく一般参加者の製作品。
なんと、超小型のArduino互換機!
幅はICの幅と同じ!!!!
すごいぞこれー
僕の展示を見に来てくれたんだけど、胸からクリップで吊り下げてまして。
思わず写真撮らせてもらいました。

HPも教えてもらったので、あとで参考にさせてもらいます!
あと、MTM03の記事があった。ジャンク宿: MTM03

なにげに僕の展示物が高評価してもらってて嬉しいわ〜

次は展示参加で是非!













とりあえずこんなもんにしておこうか。
他にも色々見て来たけど
出展名忘れてたりとか。
パンフレット無いとどうしても忘れてしまう。




というわけで、長々とありがとうございましたー


TOPへ戻る


Comments