Hamaji_U

tumblr(写真)
はてなブログ(古墳とか)

主な登場人物 :

タモノカ(たものか)
革命家。本名は不明。党書記だった頃の呼称「同志タモノカ」が一般に知られている。優柔不断な性格であり、決断を先送りし続けているうちに民衆が勝手に蜂起したのが革命の真相とも。

李凱泰(い がいたい)
国軍大将。革命軍との戦闘中に突如喀血して死亡、指揮系統に混乱をきたした国軍は歴史的大敗に至った。日誌や国軍機密文書の解析により胃潰瘍を患っていた可能性が示されている。

ノデア老師(のであ ろうし)
司教。革命の5年前にその勃発を予想した所謂「ノデア論文」序章の一節「国民の不満は大きなものであろうし」は革命史研究においてしばしば言及される。

オモイ・ノホカ(おもい のほか)
石油商社の代表。価格交渉の天才で、相手に気づかれないうちに有利な契約を結ぶことに長けていた。交渉相手は「思いのほか利益が少ない」と首を傾げたという。

アタ・マイタイ(あた まいたい)
マイタイ流柔術の開祖。酒に酔ったかのようにふらつきながら戦うのが特徴である。重度の頭痛により真っすぐ歩けなかっただけとも言われる。