初春 立春(2月4日ごろ)から啓蟄の前日(3月5日ごろ)まで(陽2月・陰1月)
仲春 啓蟄(3月6日ごろ)から清明の前日(4月4日ごろ)まで(陽3月・陰2月)
晩春 清明(4月5日ごろ)から立夏の前日(5月5日ごろ)まで(陽4月・陰3月)
三春 春全体にわたる

生 活

基本季語
春燈、山焼、耕、田打、畑打、種蒔、茶摘、汐干狩、摘草、
凧、風船、風車、石鹸玉、ぶらんこ、春眠、春愁

季 語 読み方 区分 傍 題
1 春衣 はるごろも 仲春 春衣(はるい)
2 花衣 はなごろも 晩春 花見衣(はなみごろも)、花の袖(はなのそで)、
花見小袖(はなみこそで)、花の袂(はなのたもと)、
花見衣裳(はなみいしょう)
3 柳重 やなぎがさね 晩春 柳衣(やなぎごろも)、柳のきぬ(やなぎのきぬ)、
花柳衣(はなやぎごろも)、青柳衣(あおやぎごろも)
4 躑躅の衣 つつじのころも 晩春 もち躑躅(もちつつじ)、岩躑躅(いわつつじ)、
白躑躅(しろつつじ)
5 桜衣 さくらごろも 晩春 桜重(さくらがさね)
6 山吹衣 やまぶきごろも 晩春 花山吹(はなやまぶき)、青山吹(あおやまぶき)
7 捨頭巾 すてずきん 晩春 頭巾脱ぐ(ずきんぬぐ)
8 外套脱ぐ がいとうぬぐ 仲春
9 胴着脱ぐ どうぎぬぐ 仲春
10 春袷 はるあわせ 三春
11 春服 しゅんぷく 三春 春の服(はるのふく)、春の着物(はるのきもの)、
春装(しゅんそう)、スプリングウェア
12 春外套 はるがいとう 三春 スプリングコート、春コート(はるこーと)、スプリング、
合オーバー(あいおーばー)
13 春ショール はるしょーる 三春 春マフラー(はるまふらー)
14 春セーター はるせーたー 三春
15 春手袋 はるてぶくろ 三春 春手套(はるしゅとう)
16 春帽子 はるぼうし 三春 イースターハット、イースターボンネット
17 春日傘 はるひがさ 晩春 春の日傘(はるのひがさ)、春パラソル(はるぱらそる)
18 山葵漬 わさびづけ 仲春
19 木の芽漬 きのみづけ 仲春 あけびの芽漬(あけびのめづけ)、萌え漬(もえづけ)、
木の芽煮(きのめだき)
20 花菜漬 はななづけ 晩春 菜の花漬(なのはなづけ)、 花菜摘(はななつみ)
21 桜漬 さくらづけ 晩春 花漬(はなづけ)、桜湯(さくらゆ)、塩桜(しおざくら)
22 蕗味噌 ふきみそ 初春 蕗の薹味噌(ふきのとうみそ)
23 木の芽味噌 きのめみそ 三春 山椒味噌(さんしょうみそ)
24 木の芽和 きのめあえ 三春 山椒和(さんしょうあえ)
25 田楽 でんがく 仲春 木の芽田楽(きのめでんがく)、田楽焼(でんがくやき)、
田楽豆腐(でんがくどうふ)、田楽刺(でんがくざし)
26 若布和 わかめあえ 三春
27 独活和 うどあえ 晩春
28 青饅 あおぬた 三春
29 胡葱膾 あさつきなます 三春
30 鮒膾 ふななます 三春 鮒の子まぶし(ふなのこまぶし)、
山吹膾(やまぶきなます)、叩き膾(たたきなます)、
子守膾(こもりなます)、子持膾(こもちなます)
31 田螺和 たにしあえ 三春 つぶ和(つぶあえ)
32 蜆汁 しじみじる 三春
33 蒸鰈 むしがれい 仲春 柳むしがれい(やなぎむしがれい)、やなぎむし
34 干鰈 ほしがれい 仲春
35 白子干 しらすぼし 三春 白子(しらす)、ちりめんじゃこ、ちりめん
36 目刺 めざし 三春 目刺鰯(めざしいわし)、頬刺(ほおざし)、ほざし、
ほおどし
37 干鱈 ひだら 三春 乾鱈(ほしだら)、棒鱈(ぼうだら)、芋棒(いもぼう)、
鱈田夫(たらでんぶ)、打鱈(うちだら)
38 壷焼 つぼやき 三春 栄螺の壷焼(さざえのつぼやき)、焼栄螺(やきさざえ)
39 山椒の皮 さんしょうのかわ 仲春 からかわ、山椒の皮剥ぐ(さんしょうのかわはぐ)
40 鶯餅 うぐいすもち 初春
41 蕨餅 わらびもち 仲春
42 草餅 くさもち 仲春 草の餅(くさのもち)、蓬餅(よもぎもち)、
母子餅(ほうこもち)
43 桜餅 さくらもち 晩春
44 椿餅 つばきもち 三春
45 菱餅 ひしもち 仲春
46 雛あられ ひなあられ 仲春 豆炒(まめいり)、雛菓子(ひながし)
47 白酒 しろざけ 仲春 白酒売(しろざけうり)、白酒徳利(しろざけとくり)、
白酒瓶(しろざけびん)
48 五加飯 うこぎめし 仲春 五加茶(うこぎちゃ)
49 菜飯 なめし 三春 菜飯(なはん)、菜飯茶屋(なめしぢゃや)、
菜飯もどき(なめしもどき)
50 嫁菜飯 よめなめし 仲春
51 枸杞飯 くこめし 仲春
52 白魚飯 しらうおめし 初春 白魚鍋(しらうおなべ)、白魚鍋(しらおなべ)
53 治聾酒 じろうしゅ 仲春
54 味噌豆煮る みそまめにる 初春 味噌玉(みそだま)、味噌踏みつまご(みそふみつまご)
55 数の子作る かずのこつくる 晩春 数の子干す(かずのこほす)、新数の子(しんかずのこ)
56 春窮 しゅんきゅう 晩春
57 春燈 しゅんとう 三春 春の燈(はるのひ)、春燈(はるともし)、
春の燭(はるのしょく)
58 春障子 はるしょうじ 三春 春の障子(はるのしょうじ)
59 春の炉 はるのろ 三春 春炉(はるろ)
60 春炬燵 はるごたつ 三春 春の炬燵(はるのこたつ)、春の火燵(はるのこたつ)
61 春暖炉 はるだんろ 三春 春の暖炉(はるのだんろ)
62 春火鉢 はるひばち 三春 春火桶(はるひおけ)
63 炬燵塞ぐ こたつふさぐ 晩春 炬燵の名残(こたつのなごり)
64 暖炉納む だんろおさむ 晩春 暖炉外す(だんろはずす)、
ストープ除く(すとーぶのぞく)
65 炉塞 ろふさぎ 晩春 炉の名残(ろのなごり)、炉蓋(ろぶた)
66 釣釜 つりがま 仲春
67 厩出し うまやだし 仲春 まやだし
68 北窓開く きたまどひらく 仲春
69 目貼剥ぐ めばりはぐ 仲春
70 雪割 ゆきわり 仲春 雪切(ゆききり)、雪堀(ゆきほり)、雪消(ゆきけし)、
雪割人夫(ゆきわりにんぷ)、雪切人夫(ゆききりにんぷ)
71 雪囲とる ゆきがこいとる 仲春 雪垣解く(ゆきがきとく)、雪除とる(ゆきよけとる)、
冬構解く(ふゆがまえとく)、冬囲とる(ふゆがこいとる)、
雪吊解く(ゆきづりとく)
72 霜除とる しもよけとる 晩春 霜除解く(しもよけとく)、霜囲とる(しもがこいとる)
73 風除解く かぜよけとく 晩春 風垣解く(かざがきとく)、風囲解く(かざがこいとく)
74 橇蔵う そりしまう 晩春 捨橇(すてぞり)、スキーしまう、スケートしまう
75 車組む くるまくむ 仲春 車出す(くるまだす)
76 屋根替 やねがえ 仲春 屋根葺く(やねふく)、葺替(ふきかえ)
77 垣繕う かきつくろう 仲春 垣手入れ(かきていれ)
78 松の緑摘む まつのみどりつむ 晩春 緑摘む(みどりつむ)、若緑摘む(わかみどりつむ)
79 蛇籠編む じゃかごあむ 三春
80 野焼 のやき 初春 野焼く(のやく)、野火(のび)、草焼く(くさやく)、
堤焼く(つつみやく)、丘焼く(おかやく)、焼野(やけの)、
焼原(やきはら)、荻の焼原(おぎのやけはら)
81 山焼 やまやき 初春 焼畑つくる(やきはたつくる)、山焼く(やまやく)、
山火(やまび)
82 畑焼く はたやく 初春 畑焼(はたやき)、畦焼く(あぜやく)、畦火(あぜび)
83 芝焼く しばやく 初春 芝焼(しばやき)、芝火(しばび)
84 麦踏 むぎふみ 初春 麦を踏む(むぎをふむ)
85 農具市 のうぐいち 仲春
86 たがえし 三春 たがやし、春耕(しゅんこう)、耕人(こうじん)、
耕牛(こうぎゅう)、耕馬(こうば)、馬耕(ばこう)
87 田打 たうち 晩春 春田打(はるたうち)、田を打つ(たをうつ)、
田を返す(たをかえす)、小田かえす(おだかえす)、
田を鋤く(たをすく)、田掻(たがき)、
田掻牛(たがきうし)、田掻馬(たがきうま)
88 畑打 はたうち 三春 畑打つ(はたけうつ)、畑返す(はたけかえす)、
畑鋤く(はたけすく)
89 畦塗 あぜぬり 晩春 塗畦(ぬりあぜ)、畔塗り(くろぬり)
90 種物 たねもの 仲春 物種(ものだね)、花種(はなたね)、種売(たねうり)、
種袋(たねぶくろ)、種物屋(たねものや)
91 種選 たねえらび 仲春 種選(たねより)
92 種井 たない 仲春 種池(たないけ)、種桶(たねおけ)、種井戸(たないど)
93 種浸し たねひたし 晩春 種浸け(たねつけ)、種かし(たねかし)、種ふて、
種ふせる(たねふせる)、籾つける(もみつける)、
種時(たねどき)、種俵(たねだわら)、
すじ俵(すじだわら)
94 種池浚い たないけさらい 仲春 種池ばらい(たないけばらい)、
種井ばらい(たないばらい)、種井替(たないがえ)
95 種蒔 たねまき 晩春 種おろし(たねおろし)、すじ蒔(すじまき)、
種蒔桜(たねまきざくら)、種蒔おっこ(たねまきおっこ)、
籾蒔く(もみまく)、籾おろす(もみおろす)、
斎種まく(ゆだねまく)
96 物種蒔く ものだねまく 仲春 花種蒔く(はなだねまく)、鶏頭蒔く(けいとうまく)、
胡瓜蒔く(きゅうりまく)、茄子蒔く(なすまく)、
朝顔蒔く(あさがおまく)、夕顔蒔く(ゆうがおまく)
97 種案山子 たねかがし 晩春
98 苗床 なえどこ 仲春 種床(たねどこ)、苗圃(びょうほ)、温床(おんしょう)、
フレーム、冷床(れいしょう)、苗障子(なえしょうじ)
99 苗札 なえふだ 仲春
100 苗木市 なえぎいち 仲春 苗木売(なえぎうり)
101 植木市 うえきいち 仲春
102 牛蒡蒔く ごぼうまく 晩春
103 糸瓜蒔く へちままく 晩春
104 南瓜蒔く かぼちゃまく 仲春 南瓜蒔く(とうなすまく)、ぼうぶら蒔く(ぼうぶらまく)、
南瓜植う(かぼちゃうう)
105 藍蒔く あいまく 初春 藍植う(あいうう)
106 麻蒔く あさまく 仲春
107 蓮植う はすうう 晩春
108 睡蓮植う すいれんうう 仲春
109 蒟蒻植う こんにゃくうう 晩春
110 芋植う いもうう 仲春 種芋(たねいも)、芋の芽(いものめ)、藷苗(いもなえ)、
里芋植う(さといもうう)
111 馬鈴薯植う じゃがいもうう 仲春 馬鈴薯植う(ばれいしょうう)、
馬鈴薯の種おろし(じゃがいものたねおろし)
112 木の実植う このみうう 仲春
113 果樹植う かじゅうう 晩春
114 苗木植う なえぎうう 晩春 植林(しょくりん)、杉苗(すぎなえ)
115 桑植う くわうう 仲春
116 剪定 せんてい 仲春 剪定期(せんていき)、剪枝(せんし)
117 接木 つぎき 仲春 接穂(つぎほ)、砧木(だいぎ)、接木苗(つぎきなえ)、
芽接(めつぎ)、切接(きりつぎ)、根接(ねつぎ)
118 挿木 さしき 仲春 挿穂(さしほ)、挿芽(さしめ)、挿葉(さしば)、
挿床(さしどこ)
119 根分 ねわけ 仲春 株分(かぶわけ)
120 菊根分 きくねわけ 仲春 菊分つ(きくわかつ)、菊の根分(きくのねわけ)
121 菊植う きくうう 晩春
122 萩根分 はぎねわけ 仲春 萩植う(はぎうう)
123 菖蒲根分 しょうぶねわけ 仲春
124 野老掘る ところほる 三春
125 慈姑掘る くわいほる 三春
126 若布刈る わかめかる 三春 若布刈(わかめかり)、若布採る(わかめとる)、
めかり、若布刈舟(わかめかりぶね)、
若布刈鎌(わかめかりがま)、
若布刈竿(わかめかりざお)、若布干す(わかめほす)
127 海苔掻き のりかき 初春 海苔採る(のりとる)、海苔篊(のりひび)、
海苔粗朶(のりそだ)、海苔簀(のりす)、
海苔籠(のりかご)、海苔舟(のりぶね)、
流海苔(ながれのり)、拾い海苔(ひろいのり)、
海苔砧(のりきぬた)、海苔干す(のりほす)
128 牧開 まきびらき 仲春
129 羊の毛刈る ひつじのけかる 晩春 山羊の毛刈る(やぎのけかる)、
羊剪毛(ひつじせんもう)、剪毛期(せんもうき)
130 鳥持網代 とりもちあじろ 三春 いかり漁(いかりょう)
131 鳴鳥狩 ないとがり 仲春 朝鷹狩(あさたかがり)、朝鳥狩(あさとがり)、
覚狩(おぼえがり)、泊り狩(とまりがり)、
泊り山(とまりやま)、聞すえ鳥(ききすえどり)、
見すえ鳥(みすえどり)、鈴子(すずこ)、
鈴子挿す鷹(すずこさすたか)、継尾の鷹(つぎおのたか)、
白尾の鷹(しらおのたか)、白斑の鷹(しらふのたか)
132 桑解く くわとく 仲春 桑ほどく(くわほどく)
133 霜くすべ しもくすべ 晩春 くぐし
134 桑摘 くわつみ 晩春 桑摘女(くわつみめ)、桑摘唄(くわつみうた)、
桑籠(くわかご)、桑車(くわぐるま)、桑売(くわうり)、
夜桑摘む(よぐわつむ)
135 蚕飼 こがい 晩春 養蚕(ようさん)、催青(さいせい)、毛蚕(けご)、
蟻蚕(ぎさん)、掃立て(はきたて)、蚕座(こざ)、
蚕の眠り(このねむり)、眠蚕(いこ)、いおき、いぶり、
蚕ざかり(こざかり)、蚕時(こどき)、飼屋(かいや)、
蚕屋(こや)、蚕棚(かいこだな)、蚕棚(こだな)、
蚕籠(こかご)、捨蚕(すてご)、こぶし、蚕飼時(こがいどき)
136 蚕卵紙 たねがみ 晩春 種紙(たねがみ)、蚕卵紙(さんらんし)、蚕紙(さんし)
137 春挽糸 はるびきいと 三春
138 茶摘 ちゃつみ 晩春 手始(てはじめ)、一番茶(いちばんちゃ)、
二番茶(にばんちゃ)、三番茶(さんばんちゃ)、
四番茶(よばんちゃ)、茶摘女(ちゃつみめ)、
茶摘籠(ちゃつみかご)、茶摘唄(ちゃつみうた)、
茶山(ちゃやま)、茶山時(ちゃやまどき)、
茶摘時(ちゃつみどき)、茶摘笠(ちゃつみがさ)
139 製茶 せいちゃ 晩春 茶つくり(ちゃつくり)、茶揉み(ちゃもみ)、
焙炉場(ほいろば)、焙炉師(ほいろし)、
茶の葉選り(ちゃのはえり)
140 聞茶 ききちゃ 晩春 利茶(ききちゃ)、嗅茶(かぎちゃ)、嚊茶(かぎちゃ)、
茶の試み(ちゃのこころみ)
141 鮎汲 あゆくみ 晩春 汲鮎(くみあゆ)、小鮎汲(こあゆくみ)
142 魞挿す えりさす 初春
143 上り簗 のぼりやな 三春 春の簗(はるのやな)
144 鯛網 たいあみ 晩春 鯛葛網(たいかつらあみ)、吾智網(ごちあみ)、
鯛地漕網(たいじこぎあみ)、鯛縛網(たいしばりあみ)
145 磯竃 いそかまど 初春 磯焚火(いそたきび)
146 磯開 いそびらき 晩春 磯の口開(いそのくちあけ)、磯の口明(いそのくちあけ)、
浜の口開(はまのくちあけ)、浜の口明(はまのくちあけ)、
海下(うみおり)、初磯(はついそ)、口明祭(くちあけまつり)
147 磯菜摘 いそなつみ 晩春
148 海女 あま 晩春 磯人(いそど)、磯海女(いそあま)、沖海女(おきあま)、
かずき、もぐり、磯嘆き(いそなげき)、
海女の笛(あまのふえ)、海女の小屋(あまのこや)、
磯桶(いそおけ)、陸人(かちど)、船人(ふなど)
149 木流し きながし 仲春 管流し(くだながし)、堰流し(せきながし)、
鉄砲堰(てっぽうぜき)、修羅落し(しゅらおとし)、
網場(あば)
150 初筏 はついかだ 仲春 筏祭(いかだまつり)、初筏式(しょばつしき)
151 団扇作る うちわつくる 三春 団扇張る(うちわはる)、扇張る(おうぎはる)、
扇干す(おうぎほす)
152 小弓引 こゆみひき 晩春 雀小弓(すずめこゆみ)、小弓遊(こゆみあそび)
153 磯遊び いそあそび 晩春 磯祭(いそまつり)、花散らし(はなちらし)
154 汐干狩 しおひがり 晩春 汐干(しおひ)、汐干潟(しおひがた)、汐干船(しおひぶね)、
汐干貝(しおひがい)、汐干岩(しおひいわ)、
汐干籠(しおひかご)
155 遠足 えんそく 晩春
156 観潮 かんちょう 仲春 観潮船(かんちょうせん)、渦潮(うずしお)
157 踏青 とうせい 晩春 青き踏む(あおきふむ)
158 野遊 のあそび 晩春 野がけ(のがけ)、山遊(やまあそび)、山いさみ(やまいさみ)、
春遊(はるあそび)、ピクニック
159 摘草 つみくさ 三春 草摘む(くさつむ)
160 蕨狩 わらびがり 仲春 蕨採り(わらびとり)、蕨摘(わらびつみ)
161 梅見 うめみ 初春 観梅(かんばい)、梅見茶屋(うめみぢゃや)
162 花見 はなみ 晩春 お花見(おはなみ)、花見客(はなみきゃく)、
花の客(はなのきゃく)、花見衆(はなみしゅう)、
花人(はなびと)、花の宴(はなのえん)、
花の酒(はなのさけ)、花見酒(はなみざけ)、
花見樽(はなみだる)、花の宵(はなのよい)、
花の幕(はなのまく)、花床机(はなしょうぎ)、
花の茶屋(はなのちゃや)、花見船(はなみぶね)、
花の踊(はなのおどり)、花見扇(はなみおうぎ)、
花見手拭(はなみてぬぐい)、花見笠(はなみがさ)、
花見戻(はなみもどり)、花戻(はなもどり)
163 桜狩 さくらがり 晩春 花巡り(はなめぐり)、桜人(さくらびと)、
桜見(さくらみ)、観桜(かんおう)
164 花筵 はなむしろ 晩春 花見の席(はなみのせき)、花毛氈(はなもうせん)
165 夜桜 よざくら 晩春
166 花篝 はなかがり 晩春 花雪洞(はなぼんぼり)
167 花守 はなもり 晩春 花の主(はなのぬし)、花の主(はなのあるじ)、
桜守(さくらもり)
168 花軍 はないくさ 晩春 花合せ(はなあわせ)、花比べ(はなくらべ)
169 花疲 はなづかれ 晩春 花見疲(はなみづかれ)
170 春スキー はるすきー 初春
171 ボートレース ぼーとれーす 晩春 競漕(きょうそう)、競漕会(きょうそうかい)、
レガッタ、お花見レース(おはなみれーす)
172 猟期終る りょうきおわる 晩春 猟名残(りょうなごり)、名残の猟(なごりのりょう)、
銃猟停止(じゅうりょうていし)
173 貝合 かいあわせ 三春 貝覆(かいおおい)、貝桶(かいおけ)
174 たこ 三春 凧揚げ(たこあげ)、凧合戦(たこがっせん)、
長崎の凧揚げ(ながさきのはたあげ)、
紙鳶(いかのぼり)、絵凧(えだこ)、字凧(じだこ)、
奴凧(やっこだこ)、扇凧(おうぎだこ)、軍配凧(ぐんぱいだこ)、
うなり凧(うなりだこ)、ばらもん凧(ばらもんだこ)、
凧の糸(たこのいと)、凧の尾(たこのお)、凧日和(たこびより)、
懸り凧(かかりだこ)、切れ凧(きれだこ)、狂い凧(くるいだこ)、
凧の陣(たこのじん)
175 風船 ふうせん 三春 紙風船(かみふうせん)、ゴム風船(ごむふうせん)、
風船玉(ふうせんだま)、風船売(ふうせんうり)
176 風車 かざぐるま 三春 風車売(かざぐるまうり)
177 石鹸玉 しゃぼんだま 三春 たまや、水圏戯(すいけんぎ)
178 鶯笛 うぐいすぶえ 初春
179 雲雀笛 ひばりぶえ 三春
180 駒鳥笛 こまぶえ 三春
181 雉笛 きじぶえ 三春
182 ぶらんこ 三春 鞦韆(しゅうせん)、秋千(しゅうせん)、ふらここ、ふらんど、
ゆさはり、半仙戯(はんせんぎ)
183 春の風邪 はるのかぜ 三春
184 雁瘡癒ゆ がんがさいゆ 三春
185 種痘 しゅとう 晩春 植疱瘡(うえぼうそう)
186 麻疹 ましん 三春 はしか
187 朝寝 あさね 三春
188 春眠 しゅんみん 三春 春睡(しゅんすい)、春の眠(はるのねむり)、春眠し(はるねむし)
189 春の夢 はるのゆめ 三春
190 春興 しゅんきょう 三春 春の興(はるのきょう)、春愉し(はるたのし)、春遊(しゅんゆう)、
春嬉(しゅんき)
191 春意 しゅんい 三春 春心(はるごころ)、春融(しゅんゆう)、春情(しゅんじょう)、
春の情(はるのじょう)
192 春愁 しゅんしゅう 三春 春愁(はるうれい)、春愁う(はるうれう)、春恨(しゅんこん)、
春怨(しゅんえん)、春の恨み(はるのうらみ)、
春かなし(はるかなし)、春思(しゅんし)
193 入学試験 にゅうがくしけん 仲春 受験(じゅけん)、受験子(じゅけんし)、受験生(じゅけんせい)、
受験期(じゅけんき)、受験禍(じゅけんか)、受験苦(じゅけんく)、
合格(ごうかく)、及第(きゅうだい)
194 大試験 だいしけん 仲春 学年試験(がくねんしけん)、進級試験(しんきゅうしけん)、
卒業試験(そつぎょうしけん)
195 落第 らくだい 仲春
196 卒業 そつぎょう 仲春 卒業式(そつぎょうしき)、卒業生(そつぎょうせい)、
卒業期(そつぎょうき)、卒業歌(そつぎょうか)、
卒業証書(そつぎょうしょうしょ)
197 春休 はるやすみ 仲春 年度替り(ねんどがわり)
198 進級 しんきゅう 仲春
199 入学 にゅうがく 仲春 入学式(にゅうがくしき)、入学児(にゅうがくじ)、
新入生(しんにゅうせい)、一年生(いちねんせい)、
入園(にゅうえん)、新教師(しんきょうし)
200 新社員 しんしゃいん 晩春 新入社員(しんにゅうしゃいん)、就職期(しゅうしょくき)、
集団就職(しゅうだんしゅうしょく)、初出社(はつしゅっしゃ)、
入社式(にゅうしゃしき)
201 春闘 しゅんとう 晩春 春期闘争(しゅんきとうそう)、春季闘争(しゅんきとうそう)


戻 る