・廃棄物処理法違反(無許可)での逮捕事例

※個人名は伏せています。
2010年

 
2010年09月14日
不法投棄容疑で元回収業の2人逮捕 岡山・貝殻山に冷蔵庫51台
 岡山市南区阿津の貝殻山中腹で2月、大量の冷蔵庫が不法投棄32件されていた事件で、岡山南署は14日、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで、同市北区尾上、廃品回収業創大」元取締役T容疑者(30)=同花尻ききょう町=を再逮捕、同社元従業員T容疑者(27)=那覇市小禄=を逮捕した。
 2人の逮捕容疑は2月8、9日ごろ、同市中区藤崎、同社社長のT容疑者(30)=別の同法違反容疑で逮捕=の指示を受け、冷蔵庫51台(約2・5トン)をトラックで運び貝殻山に投棄した疑い。
 同署は8月下旬、無許可で冷蔵庫を回収したとして同法違反(無許可収集運搬業)の疑いで容疑者らを逮捕。同社が総社市の女性方から回収した冷蔵庫が貝殻山で見つかったことから、関連を調べていた。
山陽新聞
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010091413031183/

不用品回収:無許可で全国展開、業者逮捕へ 強引営業も
 「再生工房」の名で不用品を回収していた「グローバルマネジメント」(本社・神奈川県藤沢市)が客に高額な料金を請求していた事件で、宮城、埼玉、千葉、愛媛の4県警は来週半ばにも、グ社幹部らを廃棄物処理法違反(無許可営業)などの容疑で一斉逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。グ社は北海道から九州まで計16支店を置き、09年10月期に17億円余りを売り上げたが、各地で苦情が寄せられていた。4県警は強引な営業手法をマニュアル化していたとみて合同捜査を進める。捜査関係者によると、グ社は軽トラックでアナウンスを流しながら住宅街を巡回し、不用品引き取りを勧誘する廃品回収業を無許可で営業した疑いが持たれている。4県警は幹部ら十数人の立件に向け、詰めの捜査を進めている。グ社を巡っては宮城県警が今年6月、廃棄物処理法違反容疑で本社などを家宅捜索したほか、愛媛県警も7月に同容疑で愛媛支店(松山市)を家宅捜索するなど、各県警が捜査していた。消費者庁も8月5日、特定商取引法違反(迷惑勧誘など)で6カ月間の一部業務停止を命じた。消費者庁によると、グ社の従業員は今年2月、客の不用品をトラックに積み込んだ後に「7万4800円になります」と請求。無料と思っていた客が驚いて回収を断ると「ふざけんなよ。もう積んだんだよ。おれの手間はどうなるんだよ」とすごみ、その後も数回にわたり客の自宅を訪問。「荷物はもう会社に降ろしたからないよ」「特別に半額にするよ」と言って計3万4000円を支払わせた。こうした「先積み」と称される行為を繰り返していたという。
 同庁によると、グ社は07年11月に設立され、札幌、宮城、千葉、愛知、兵庫、福岡などに支店を置き、従業員数は687人(今年7月現在)。国民生活センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた同社を巡る相談は07年度9件、08年度33件、09年度130件、10年度67件--の計239件(10月29日現在)に上る。
 一方、民間の信用調査機関によると、グ社の09年10月期の売上高は約17億4000万円で、前年同期比の3倍に急増していた。
 ◇事務員「仕事は、もうしていません」
 神奈川県藤沢市にあるグローバルマネジメント本社は国道467号沿いの住宅街にある3階建てビル。会社の看板はなく、窓は内側から紙などが張られ、様子はうかがえない。10月27日に事務所を訪ねると、内部には段ボール箱や書類が乱雑に積み上げられていた。中にいたのは女性事務員4人だけ。最近の様子を尋ねると「6月に警察が来てから社長ら幹部はだんだん来なくなり、しばらく会っていない」「弁護士らとの相談で忙しいんでしょうが、私たちも指示待ちで、どうなるのか分からない」「(不用品回収の)仕事は、もうしていません。事務員だけなので、仕事に関する難しい話に答えられる者はいない」などと不安そうに語った。
 埼玉県和光市にある埼玉支店は既に閉鎖されており、近所の人は「一時期は三十数台の軽トラックが止まっていた。従業員は『軽トラック1台満タンにしてくると10万円ぐらいになる』と言っていた。随分もうけていたんじゃないか」と話していた。【永尾洋史、田口雅士】
毎日新聞 2010年11月1日 2時30分
 
再生工房の14人、10日逮捕へ 無許可で廃品回収の疑い
家電などの廃棄物を無許可で有料回収したとして、宮城、埼玉、千葉、愛媛の4県警は8日、廃棄物処理法違反(無許可営業)などの疑いで、「再生工房」名で廃品回収をしていた「グローバルマネジメント」(神奈川県藤沢市)の支店長ら14人を10日に逮捕する方針を固めた。
 同社の支店は全国に16カ所。4県警は10日以降、関係先を家宅捜索し、事件の全容解明を進める。
 捜査関係者によると、支店長らは、廃品回収業を県や市町村に無許可で営業していた疑いが持たれている。
 また、消費者庁によると、同社は不用品を無料で引き取るとしながら、トラックなどに積み終えた後に高額な料金を請求。客が断ると、脅して支払いを強要していたとされ、4県警は特定商取引法違反の疑いでも捜査する方針。
 同社をめぐっては、宮城県警が6月、本社や宮城支店を家宅捜索。千葉県警も8月に千葉支店を捜索するなどし、連携して捜査を進めていた。
 消費者庁は8月、特定商取引法違反で同社に6カ月間の一部営業停止を命じ、宮城県警に刑事告発した。
 国民生活センターには2008年度以降、約200件の苦情が寄せられていたという。
2010/11/09 02:02   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110801000876.html
 
再生工房:逮捕者13人に 各県の元支店長らも 高額請求
 「再生工房」の名で不用品を回収していた「グローバルマネジメント」(本社・神奈川県藤沢市)が客に高額料金を請求していた事件で、宮城・埼玉・千葉・愛媛の4県警は10日、各県の元支店長ら13人を廃棄物処理法違反(無許可営業)容疑で逮捕した。北海道から九州まで支店を置いていたグ社は各地で強引な営業を展開しており、4県警は合同捜査本部を設置して事件の全容解明を進める。
 逮捕されたのは▽元宮城支店長、N(23)▽元グ社員、T(25)▽同、T(25)--の各容疑者=いずれも仙台市青葉区=ら。逮捕容疑は今年5月ごろ、仙台市の女性ら5人(60~70代)から、木製ドアや壁掛け時計など計約780キロを無許可で回収し、料金を徴収したなどとしている。
 宮城県警が6月、同法違反容疑で本社を家宅捜索するなど各県警が捜査していた。料金を示さずに不用品を軽トラックに積み込んだ後、高額な料金を請求する「先積み」の手口を繰り返した疑いがあるとして、特定商取引法違反(迷惑勧誘など)容疑でも調べる方針。
毎日新聞 2010年11月10日 19時20分

高額請求:「再生工房」事件で新たに6人を逮捕  ----毎日新聞2010年12月3日 21時09分
  「再生工房」の名で不用品を回収していた「グローバルマネジメント」(本社・神奈川県藤沢市)が客に高額料金を請求していた事件で、宮城、埼玉、千葉、愛媛の4県警は3日、同社の実質経営者で取締役のS容疑者(33)=藤沢市=ら6人を廃棄物処理法違反(無許可営業)容疑などで新たに逮捕した。 逮捕容疑は、6人は今年2~7月、4県の家庭から無許可で木くずを有料で回収するなどした疑い。 4県警は11月、関係者13人を廃棄物処理法違反(無許可営業)容疑で逮捕。元支店長5人は略式起訴され、それぞれ罰金50万円の略式命令を受けた。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101204k0000m040106000c.html

廃棄物処理法違反の罪で起訴
2010年12月25日
  廃品回収業者「グローバルマネジメント」が無許可で一般廃棄物を回収していた事件で仙台地検は24日、同社の実質経営者のS容疑者(33)=神奈川県藤沢市=を廃棄物処理法違反(無許可営業)の罪で起訴した。
  地検によると、S容疑者は2~7月、仙台市や埼玉県入間市などで各県の支店長らと共謀し、自治体から許可を受けずに一般廃棄物を収集・運搬したとされる。
http://mytown.asahi.com/miyagi/news.php?k_id=04000001012240002

2011年

無許可で遺品整理 容疑の回収業者逮捕 大阪

2011.5.26 02:22 産経
無許可で一般廃棄物の収集運搬業を営んだとして、府警生活環境課は25日、廃棄物処理法違反容疑で、大阪市西成区梅南の不用品回収業、S容疑者(42)を逮捕したと発表した。 S容疑者は故人宅の遺品整理を請け負っており、引き取った遺品を民間駐車場に不法投棄したケースもあったとみられる。 「許可が必要だとは知っていた」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は4月26日、無許可にもかかわらず、市内の故人の男性宅から、遺族の依頼で家具など軽トラック2台分の遺品を25万円で引き取り、廃棄物処理業者まで運んだとしている。
 昨年12月、東住吉区内の民間駐車場に大量の衣服や家具などが不法投棄される事件があり、府警が調べたところ、鶴見区内の故人の女性の親族が、S容疑者に処分を依頼した遺品だったことが判明。府警が捜査していた。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110526/osk11052602220002-n1.htm

自治体の許可得ずごみを収集
大阪で家庭から出るタンスなどの粗大ごみを自治体の許可を得ないまま回収していたとして東京のリサイクル会社の社長らが廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは、東京・武蔵野市に本社があるリサイクル会社の社長、S容疑者(43)と大阪にあった系列店の元支店長ら合わせて4人です。
警察の調べによりますとS社長の会社は「ぱぱっとレンジャー」という名称で不要品の買い取りやごみの収集などの業務をしていますが、去年1月からことし4月にかけて、大阪の吹田市と門真市の店舗で自治体の許可を得ないまま一般家庭から料金を受け取ってタンスや布団などの粗大ごみを回収したとして廃棄物処理法違反の疑いが持たれています。
警察の調べに対しS社長らは容疑を認めた上で、「客のニーズもあり、悪いことをしたとは思っていない」と供述しているということです。
この業者をめぐっては、ことし4月までの5年間に、全国の消費者相談窓口に「見積りと違う高額の料金を請求された」といった苦情が100件余り寄せられていたということです。
06月29日 23時01分
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003855451.html

テレビ無許可回収容疑で業者捜索 南あわじ
地上デジタル放送完全移行などに伴い不用となったアナログテレビを無許可で回収していたとして、兵庫県警生活環境課と南あわじ署などは8日午前、廃棄物処理法違反容疑で、南あわじ市内にあるリサイクル会社の支店を捜索、関係書類などを押収した。
 捜索容疑は、男性支店長(37)が7月6~9日、同市内の男性らが支店に持ち込んだアナログテレビ計3台を引き取り、無許可で一般廃棄物収集業を営んだ疑い。
 県警によると、この会社(本店・三重県松阪市)は登記簿上、南あわじ市の支店を7月6日から営業。県警は、同24日の地上デジタル放送完全移行を前に、廃棄テレビの増加を見込んで違法な回収を図った疑いがあるとみている。 テレビを引き取る際、運搬料名目で1000~2000円を請求していたという。
 支店はパチンコ店の跡地にあり、敷地内に高さ約2メートル、約200平方メートルにわたって電化製品類が野積みされていた。テレビは少なくとも数百台に上るとみられる。 捜査関係者によると、支店長は「貿易会社に出すため、テレビを集めていた」と説明しているという。
 廃棄テレビは消費者がリサイクル料を払い、家電小売店などへ引き渡すよう家電リサイクル法で定められている。県環境整備課などによると、費用は約1700~4000円が相場という。 また、県内のアナログテレビの不法投棄台数は2010年度、3149台で前年度から620台増えている。
(2011/09/08 15:36 神戸新聞)
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0004449196.shtml

無許可で粗大ごみ回収容疑 川崎の業者5人逮捕
 無許可で一般家庭の粗大ごみを回収したとして、警視庁生活環境課は12日、廃棄物処理法違反(無許可収集運搬)の疑いで、川崎市中原区の廃棄物処理会社「ワークフロンティア」社長H容疑者(35)=東京都世田谷区=や従業員ら計5人を逮捕した。

 生活環境課によると、久野容疑者らはインターネット上で「パワートラッシュ」という名称を使い「業界最安値に挑戦中」とうたって集客。実際には回収後に高額料金を請求する手口で、昨年度だけで約2億円を売り上げていた。
 逮捕容疑は2月、さいたま市の40代の女性宅などから衣装ケースやパイプ椅子など約17・5立方メートル分の廃棄物を無許可で収集した疑い。料金として約43万円を受け取っていた。
2011/10/12 17:27   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101201000627.html

2012年

廃棄物処理法違反:家庭粗大ごみ、無許可で収集 容疑の男逮捕 /徳島
 家庭などの粗大ごみを無許可で収集したとして、徳島東署などは21日、阿南市橘町、無職、Y容疑者(35)を廃棄物処理法違反容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は、11年6月中旬、小松島市の許可を受けずに、一般廃棄物のテレビ4台を4000円で収集するなどしたとしている。
 同署によると、吉岡容疑者は同市金磯町内の空き地で、知人ら数人と一般廃棄物の収集運搬業を営んでいたとみられる。同署は、余罪の可能性もあるとみて詳しく調べる。
2012年1月22日 毎日新聞 地方版
http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20120122ddlk36040328000c.html

無許可収集運搬:被災家電を集め 容疑で宮城の親子逮捕 /岩手
 東日本大震災で壊れた家電製品を無許可で収集、運搬したとして、一関署は15日、宮城県登米市迫町新田、自称廃品回収業、K(50)と次男(25)両容疑者を廃棄物処理法違反(無許可収集運搬)容疑で逮捕した。2人は容疑を否認している。
 逮捕容疑は昨年12月中旬、一関市長の許可を受けずに、同市内の一般家庭(1世帯)から東日本大震災で壊れたテレビや掃除機の部品など数台を収集して運んだとしている。
 同署によると、2人は「地震で壊れたものがあれば回収する」との宣伝文句で訪問。 約1万円で処分を請け負ったが、一関市内の農道脇に投棄していた。余罪を調べている。【安藤いく子】
毎日新聞 2012年2月16日 地方版
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20120216ddlk03040075000c.html

廃棄物処理法違反:廃棄物の無許可収集、運搬容疑で逮捕--下鴨署 /京都
 無許可で廃棄物収集・運搬をしたとして、下鴨署などは21日、京都市伏見区久我西出町、廃棄物処理業、S(43)▽同区下鳥羽上三栖町、同、N(35)▽西京区川島滑樋町、会社員、I(59)▽伏見区横大路貴船、会社員、K(54)--の4容疑者を廃棄物処理法違反(無許可一般廃棄物収集、運搬業)容疑で逮捕した。同容疑での逮捕は府内初という。
 逮捕容疑は、4人は共謀のうえ、今年1月6~18日、京都市の許可を得ずに「エコ関西引越物流サービス」を名乗り、長岡京、木津川、城陽の各市内の6軒の家庭からパソコンやテレビなど10点を計2万500円で収集し、伏見区内の事務所に運んだ、とされる。
 I容疑者は容疑を認めたが、S容疑者は「違法と思っていなかった」、N、K両容疑者は「許可は取っていると思っていた」と容疑を否認しているという。【花澤茂人】
毎日新聞 2012年2月22日 地方版
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20120222ddlk26040405000c.html

廃棄物処理法違反:無許可で収集運搬 容疑で愛知の業者を逮捕 /岐阜
毎日新聞 2012年05月31日 地方版
 家庭などの一般廃棄物を無許可で収集運搬したとして、県警生活環境課と岐阜羽島署は30日、愛知県一宮市奥町、不用品回収業、N容疑者(27)を廃棄物処理法違反(無許可収集運搬業)容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は、N容疑者が羽島市上中町長間で営む不用品回収会社「R−プランエージェンシー」の従業員と共謀し、今年1月24日から2月8日まで輪之内町の民家など4カ所でトタン10枚などを計1万2300円で、昨年12月3日ごろから今年2月21日ごろまでに関市下之保の民家など5カ所で冷蔵庫2台ほか16点を計2万9000円で収集したとしている。N容疑者は「リサイクル用品として集めており、代金は運搬の手間賃だった」と容疑を否認しているという。
 同課によると、同社は軽トラックで不用品を集めており、岐阜、愛知、三重、滋賀の各県で営業。設立された昨年4月ごろから今年3月13日までの間に回収代金として約2700万円売り上げていたという。【加藤沙波】
http://mainichi.jp/area/gifu/news/20120531ddlk21040038000c.html

廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反被疑者の逮捕(美唄署)  11月21日
美唄署と本部生活経済課は21日、本年6月から9月までの間に、札幌市内において、許可を受けないで冷蔵庫などの産業廃棄物や廃材などの一般廃棄物を収集して運搬していた廃品回収業の男(66歳)を廃棄物の処理に及び清掃に関する法律違反で逮捕した。
http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/soumu/dekigoto/rireki.html (北海道警察ホームページ・過去の出来事)

廃棄物処理法違反:古仏壇の無許可収集・運搬に有罪判決−−地裁 /宮城

毎日新聞 2012年12月14日 地方版
 古仏壇の無許可収集・運搬などで廃棄物処理法違反罪に問われた葬祭会社「札幌納棺教会」(札幌市)と元同社仙台支店長のH(47)ら3被告の判決公判が13日、仙台地裁であり、渡辺英敬裁判長はH被告に懲役8カ月、執行猶予2年(求刑懲役1年)、同社に罰金100万円(同200万円)などを言い渡した。
 判決によると、同支店は07年、仙台市から産業廃棄物収集運搬業の許可を受けずに同市内で古仏壇を有料で集めるなどした。被告側は「仏壇などは宗教的感情の対象で廃棄物ではない」と一部無罪を主張していたが、渡辺裁判長は「抜魂供養を済ませた不要物としての引き取りで、廃棄物に該当する」とした。
 同社は、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画「おくりびと」で納棺技術を指導した。【近藤綾加】
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20121214ddlk04040040000c.html

2013年


無許可で家電を無料回収 岐阜の業者を強制捜査
2013年2月18日 15時07分
 無料回収をうたい、テレビなどの使用済み家電を無許可で収集したとして、岐阜県警は18日、廃棄物処理法違反(無許可収集)の疑いで、岐阜市西中島、廃棄物収集業者「ファイブエス」関連の県内5カ所の無料回収所を現場検証した。経営者の男(27)や従業員ら数人について捜査を進める。無料回収業者の強制捜査は全国で初めてという。
 県警によると、岐阜市長から一般廃棄物処理業の許可を得ずに、昨年11月中旬から1月上旬、使用済みのテレビなどを野外で保管した疑いがある。家電から金属くずなどを取り出し、収益を上げていたとみられる。
 金属くずの値上がりを背景に、家電リサイクル法に基づかない使用済み家電の収集が横行している。環境省は昨年3月、リサイクルを阻害するとして、テレビやエアコンなど4品を野積み、破砕した場合、廃棄物に該当するとの通知を出した。
(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013021890150722.html

その後…

家電無料回収業者の経営者ら2人逮捕 岐阜県警

2013年4月11日 13時02分
 テレビや冷蔵庫など廃棄物とみなされる使用済み家電を無料で回収して無許可で保管したとして、岐阜県警生活環境課と岐阜北署は11日、廃棄物処理法違反(無許可収集)の疑いで、岐阜市西中島の廃棄物処理業者「ファイブエス」の経営者のK容疑者(27)=同市寺田=と従業員のK容疑者(27)=同市蔵前=の2人を逮捕した。
 家電の無料回収をめぐり業者が逮捕されたのは全国で初めて。
 逮捕容疑では、岐阜市長から一般廃棄物処理業の許可を受けずに昨年11月中旬から今年1月上旬にかけて5回にわたり、住民から使用済みのテレビ5台と洗濯機2台、冷凍庫1台を回収し、同市西中島の自社の空き地に野積みしたとされる。
 県警によると、K容疑者は「違法とは知らなかった」と容疑を否認している。
 捜査関係者によると、集めた家電から金属くずを取り出して販売していた。中国への輸出向けだったとみられる。
 野積みの家電を撤去するか屋内の施設に入れるように岐阜市から指導されていたが、「廃棄物ではない。再利用する」と主張して応じていなかった。
 環境省は昨年3月、「再利用できない家電製品を屋外に保管している場合は廃棄物とみなす」という通達を全国の自治体に出している。
(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013041190130250.html?ref=rank

さらにその後…

罰金命令:無許可で不用家電収集の2人に 岐阜簡裁
岐阜市の不用品回収業者が使用済み家電製品を無許可で収集していた事件で岐阜区検は1日、不用品回収業「ファイブエス」経営、K容疑者(27)=同市寺田1=と、元従業員、K容疑者(27)=同市蔵前7=を廃棄物処理法違反の罪で岐阜簡裁に略式起訴した。同簡裁は同日、K被告に罰金80万円、K被告に同50万円の略式命令を出した。
(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/m20130502k0000m040129000c.htm

家電を無許可で回収→不法投棄 男2人逮捕 埼玉
2013.6.25 21:15
 使用済み家電を無許可で回収し不法投棄したとして、埼玉県警生活環境2課と川越署は25日、廃棄物処理法違反容疑で東京都北区滝野川、廃品回収業、S容疑者(43)と板橋区板橋、廃品回収従業員、T容疑者(59)を逮捕した。同課によると、2人は容疑を一部否認している。
 逮捕容疑は、今年2月28日~3月13日、無許可で東京都杉並区の民家など3世帯から、冷蔵庫などの電化製品数点を44万3千円の処分料金で回収したとしている。両容疑者は通常の6~8倍の値段で廃品を回収していたという。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130625/stm13062521180002-n1.htm

畑に冷蔵庫投棄 容疑の業者逮捕/川越署
(上記事の詳細)
2013年6月26日(水)  埼玉新聞
 川越市大仙波の畑に冷蔵庫や洗濯機を不法投棄したとして、県警生活環境2課と川越署は25日、廃棄物処理法違反(投棄禁止など)容疑で、東京都北区滝野川6丁目、廃品回収業S(43)と同板橋区板橋2丁目、従業員T(59)の2容疑者を逮捕した。
 S容疑者の逮捕容疑は、昨年1月29日午後4時ごろから同30日午前7時45分ごろにかけて、川越市大仙波の畑に、冷蔵庫、洗濯機、ベッドマットレス、座卓など1トントラック1台分の廃棄物を捨てた疑い。さらに、2容疑者は共謀して今年2月28日から3月13日までの間、3回にわたり、東京都中野区などの一般家庭から処理委託された洗濯機や冷蔵庫などを、処理代金計約44万3千円を受け取って無許可で収集運搬した疑い。
 同課によると、2容疑者は廃棄物収集運搬業に必要な市区町村長の許可を得ずに、「東京回収センター」を名乗っていた。埼玉県境に近い東京都北西部を中心にチラシをまき、通常の6~9倍の料金で廃棄物処理を受託。都内の消費者相談センターには「高額な支払いを求められた」などとして、同業者への苦情が10件ほど寄せられていた。
 不法投棄を見つけた川越の畑の地主男性が同署に通報。柴田容疑者は「ごみを集めて運んだが、地主の許可はもらった」と供述、2容疑者とも容疑を否認しているという。
http://www.saitama-np.co.jp/news06/26/07.html

無許可でゴミ収集の業者を逮捕(徳島県)
徳島市内で家庭から出た粗大ごみなどを無許可で収集・運搬していた疑いで業者2人が3日、逮捕されました。捕されたのは、徳島市末広2丁目に事務所を置く有限会社コイズミトータルサービス青梅リサイクル事業部徳島営業所所長で、藍住町勝瑞のN容疑者25歳と、従業員のS容疑者37歳です。県警によりますと、N容疑者は今年3月、徳島市の許可を得ずに徳島市内の家庭からゴミとして出されたテレビや自転車など十数点を収集・運搬した廃棄物処理法違反の疑いです。S容疑者も同じような容疑をもたれてまいます。2人は「1000円で出し放題」などと書いた新聞の折り込み広告を出し、それぞれゴミを出した人からお金を受け取っていたということです。県警は県から相談を受け捜査を進めていました。余罪についても調べています。
[ 9/3 20:30 四国放送]
http://www.news24.jp/nnn/news8672289.html

2014年
無許可で廃品回収し違法投棄、容疑の廃品回収業者らを逮捕
 許可がないにもかかわらず、インターネットで客を募って廃品回収をしたうえ、都営アパートのゴミ置き場に違法に捨てるなどしていたとして、東京・足立区の廃品回収業の男ら3人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、足立区の廃品回収業「アーバンクリーンサービス」の代表・S容疑者(44)ら3人です。S容疑者らは去年、足立区南花畑にある都営アパートのゴミ集積場に、衣類や木片など164キログラムの廃棄物を違法に捨てた疑いなどがもたれています。
 警視庁によりますと、S容疑者らは自治体の許可がないにもかかわらず、インターネットで「2トントラック積み放題、53000円」などと宣伝して廃品回収をしていたということです。(1月16日11:30 TBS)
http://news.tbs.co.jp/20140116/newseye/tbs_newseye2104278.html

無許可で廃品回収の疑い、業者の男逮捕

 「トラック積み放題」などとインターネットで宣伝し、自治体の許可がないにもかかわらず、一般家庭から家具などを回収していたとして、廃品回収業者の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、東京・足立区の廃品回収業、「キューブ」の社長・M容疑者(28)です。M容疑者は、去年10月から11月にかけて、自治体の許可がないにもかかわらず、一般家庭から家具や衣類などをおよそ6万円の代金で回収した疑いが持たれています。
 M容疑者はインターネットで、「軽トラック積み放題、1万9800円」などと宣伝して客を集めていて、3年間でおよそ1200万円の売り上げがあったということです。(1月24日18:20 TBS)
http://news.tbs.co.jp/20140224/newseye/tbs_newseye2135121.html

廃家電を無許可収集、男数人を逮捕…北海道警
2014年07月21日 17時46分
 無許可で一般廃棄物を収集したとして、北海道警が男数人を廃棄物処理法違反(無許可収集運搬)容疑で逮捕したことが20日、捜査関係者への取材で分かった。
 逮捕されたのは、札幌市や山梨県の廃品回収業者の20歳代と40歳代の従業員数人。捜査関係者によると、従業員らは道知事の許可を得ずに廃家電などの一般廃棄物を収集した疑いが持たれている。
 十勝地方では、廃家電の不法投棄事件が相次ぎ、芽室町では5~6月、道路脇の沢に大量のテレビや冷蔵庫が捨てられているのが見つかった。幕別町や清水町でも廃家電の不法投棄が確認されている。
 道警が捨てられた廃家電の収集先を調べたところ、札幌市白石区や山梨県内の業者が浮上した。道警は既に同法違反容疑で関係先を捜索。販売目的で収集し、売り物にならない家電を捨てたとみて同法違反(不法投棄)の疑いでも調べる。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140721-OYT1T50020.html

2015年

無許可で廃棄物を収集運搬、容疑の兄弟逮捕 大阪
2015.5.12 23:38
 無許可で廃棄物を収集し処理場に運んだとして、大阪府警生活環境課は12日、廃棄物処理法違反容疑で、いずれも廃棄物処理業者で、大阪府門真市大橋町の(46)と、弟で大阪府寝屋川市東神田町の(43)の両容疑者を逮捕した。約4年前から計767回、無許可収集を繰り返したとみられる。
 2人の逮捕容疑は2月上旬、大阪市長の許可を得ずに同市東淀川区で衣装ケースなどの一般廃棄物約410キロを収集し、門真市の処理場に運んだとしている。2人とも容疑を認めているという。
http://www.sankei.com/west/news/150512/wst1505120083-n1.html

無許可で冷蔵庫など回収、約1億円稼ぐ 廃品回収業者の男ら逮捕

05/28 02:33
無許可で冷蔵庫などの回収を行い、およそ1億円を稼いでいた廃品回収業者の男らが、千葉県警に逮捕された。
逮捕された廃品回収会社経営の容疑者(55)ら4人は、2014年5月から、使わなくなった冷蔵庫などを無許可で回収し、県内に住む5人から、およそ1トン、処理代金として55万円を収集した疑いが持たれている。
猪俣容疑者らは、千葉県を中心とした首都圏で廃品を回収し、4年ほど前から、電話や車を巡回させて営業を行い、これまでに、およそ1億円を稼いでいたという。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00293375.html

冷蔵庫を無許可回収容疑 静岡県警、袋井の業者逮捕

(2015/8/27 15:00 静岡新聞)
 一般家庭ごみとして排出された冷蔵庫を無許可で収集したとして県警生活保安課と袋井、牧之原両署は27日、廃棄物処理法違反の疑いで袋井市国本の廃品回収業者社長(65)=掛川市旭ケ丘=、同社員(68)=同市初馬=の両容疑者を逮捕した。
 県警や県などによると、同社は5年ほど前から数万台の冷蔵庫を無許可で収集し、処分手数料や金属部品の転売益などを得ていたとみられる。牧之原市の同社作業所の裏山には解体された約3万台の冷蔵庫が山積みにされているほか、袋井、掛川両市の営業所などにも大量の廃品が雑然と置かれ、各市が再三撤去を求めていた。
 2人の逮捕容疑は5月28日、袋井市国本の同社営業所で市長の許可を得ずに一般家庭から排出された冷蔵庫2台を収集した疑い。県警によると、社長は容疑を認め、社員は「社長から許可を得ていると説明されていた」と否認している。
 県警によると、同社は県内の複数の廃品回収業者から冷蔵庫を1台2千円程度で引き取り、袋井市の営業所で解体。金属部品を転売し、残った本体や断熱材を牧之原市の作業所に持ち込んでいた。県や各市は撤去の勧告に従わないとして、7月に県警に告発した。
http://www.at-s.com/news/detail/1174227652.html

2016年
無許可で粗大ごみ回収=廃棄物処理法違反容疑で社長ら6人逮捕-警視庁
2016/12/02-12:49 時事ドットコムニュース
 家庭から出る粗大ごみを無許可で回収していたとして、警視庁生活環境課などは2日までに、廃棄物処理法違反容疑で、住所不定、不用品回収業者「エコロジー・ネットワーク」社長(53)ら6人を逮捕し、法人としての同社とグループ会社の計3社を書類送検した。
 同課によると、エコロジー社は社員200人の大手。峰晴容疑者ら4人は容疑を否認し、他2人は認めているという。
 同容疑者らは複数の社名を使って客を募っていた。回収に訪れた段階で「規格外の大きさだ」などと言い、通常より高額な料金を請求していた。
 一般家庭から出る粗大ごみは原則として自治体が回収する。同容疑者らは粗大ごみをリサイクル業者に転売していたとみられている。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120200429&g=soc

2017年
中国籍の経営者ら5人、無許可で廃棄物処理
2017.1.10 14:45 産経WEST
 徳島県警と高松入国管理局は10日、一般廃棄物や産業廃棄物を無許可で収集、処分したとして、廃棄物処理法違反の疑いで、金属くず販売会社役員のY容疑者(33)=同県石井町石井=と従業員4人を逮捕した。5人はいずれも中国籍。
 逮捕容疑は、昨年4~10月、県知事などの許可を得ず、県内のリサイクル業者や個人から8回にわたり、冷蔵庫や洗濯機などを収集、石井町内の会社敷地内で砕いて処分したとしている。
 県警によると、Y容疑者は会社の実質経営者で、平成26年10月に大阪府大東市から石井町浦庄に移転した。県警は処分の際に出た金属類を売却したとみて調べを進める。
http://www.sankei.com/west/news/170110/wst1701100041-n1.html
↓その後
会社社長らに有罪 地裁判決 /徳島
毎日新聞2017年5月11日 地方版
 廃棄物処理業を無許可で営んだとして廃棄物処理法違反などの罪に問われた日昇商事(石井町浦庄)と、同社社長で同町石井、Y被告(33)ら5人に対する判決公判で、徳島地裁は10日、法人に罰金200万円(求刑・罰金200万円)、Y被告に懲役1年、執行猶予4年、罰金120万円(求刑・懲役1年、罰金120万円)、他4人にも有罪判決を言い渡した。5人とも中国籍の男。
 坂本好司裁判官は「約半年間にわたり、家庭用機器を運搬、処分し、不正な利益を得た職業性の高い犯行。処分は環境への配慮を著しく欠いた」と指摘。Y被告について「犯行を主導する立場で役割は重大」とする一方で、「廃棄物の原状回復を約束するなど反省している」と述べた。【大坂和也】
https://mainichi.jp/articles/20170511/ddl/k36/040/531000c

軽トラにスピーカー 無許可廃品回収容疑の業者摘発 警視庁
産経ニュース 2017.5.26 18:32
 無許可で廃品回収したとして、警視庁月島署は廃棄物処理法違反容疑で、リサイクル業「オールマイティー」(横浜市)社長、N容疑者(43)=同市中区本牧和田=ら男3人を逮捕、法人としての同社を書類送検した。同署によるとN容疑者ら2人は「金もうけのためだった」などと容疑を認め、1人は留保している。
 同社は軽トラックで住宅街を巡回するなどし、スピーカーで廃品回収を呼びかけていた。回収時に料金をとったりインターネットで転売したりするなどし、平成27年4月から昨年12月までに、1億円以上の売り上げがあったとみられる。
 逮捕容疑は、一般廃棄物の収集運搬業の許可を受けずに、昨年12月から今年1月の間、北区や新宿区の住民から電子レンジやテレビなどを計3万9千円で収集し、同社の倉庫に運搬したとしている。
 通常、一般廃棄物収集運搬は自治体が委託した業者にだけ許可が出る。スピーカーで呼びかけながら営業している業者のほとんどは違法営業とみられ、警視庁が警戒している。スピーカー音の苦情が月島署にあり、同署が捜査していた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170526/afr1705260034-n1.html