かかりつけ医の知恵袋.

A.在宅高齢者に対するかかりつけ医の役割

1.健康増進事業・特定健康診査・特定保健指導等に対する取り組み,支援,啓発活動

2.慢性疾患、特に生活習慣病についての指導、管理

  1. 高血圧
  2. 糖尿病
  3. がん
  4. 心筋梗塞、狭心症、心房細動、心不全
  5. 脳卒中
  6. 運動器疾患
  7. 排尿障害
  8. COPD呼吸不全
  9. 難病
  10. 肝炎
  11. 腎疾患
  12. 睡眠障害
  13. 高尿酸血症・痛風
  14. 視覚障害

3.感染症とその予防

  1. ①肺炎
  2. ②インフルエンザ
  3. ③マイコプラズマ
  4. ④結核
  5. ⑤HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1
  6. ⑥HIV感染症/エイズ
  7. ⑦CJD(クロイツフェルト・ヤコブ病)
  8. ⑧予防接種

4.食中毒

5.熱中症

6.災害及び環境因子による健康被害・不慮の事故

  1. ①東日本大震災・平成28年熊本地震関連サイト
  2. ②環境因子による健康被害
  3. ③不慮の事故

7.メンタルヘルス

8.病院とかかりつけ医の機能分担・地域医療再生・地域循環型医療連携・医師のライフワークバランス・女性医師支援

9.死亡診断・臓器移植関連情報

B.在宅医療

C.認知症とかかりつけ医

D.かかりつけ医と介護保険

主治医研修事業の研修内容(県からの委託事業)
次の1.~5.を必須とし、6.~8.を必要に応じて行うものとする。

1.介護保険制度における主治医の役割

  1. ①主治医意見書作成
  2. ②居宅療養管理指導
  3. ③訪問看護指示書や訪問リハビリテーション指示書等の作成
  4. ④入所(居)時診断書作成
  5. ⑤サービス担当者会議出席
  6. ⑥介護認定審査会出席
  7. ⑦介護保険事業経営や嘱託医としての活動

2.介護認定の仕組みと基準(平成27年4月改訂)

3.介護認定審査会における審査判定の方法

4.主治医意見書の具体的な記載方法

5.特定疾病の診断

6.実際の主治医意見書記載例についての事例検討

7.介護保険制度及び高齢者等に対する一般施策として利用できるサービスの概要

  1. ①居宅サービス
  2. ②地域密着型サービス
  3. ③施設サービス

8.その他

E.少子高齢化社会における高齢者の住まいとかかりつけ医


Word版のファイルは、下記リンクよりダウンロードしてご利用ください。

ĉ
海村孝子,
2017/08/12 15:30