薬王寺にて


同じ名の母も妣へと鳥雲に


 

都喜彦