平成30年10月17日 水曜日

魚礁(漁礁)・増殖礁・藻場礁の専門メーカーである弊社は
昭和48年、住友建設㈱、住友商事㈱、住友金属工業㈱に
より海洋開発部門を担う部門として創立された日本海洋
土木㈱をルーツとしています。その後、統合・合併を経て
平成20年4月に魚礁(漁礁)・増殖礁・藻場礁の専門
メーカーとして独立。日本各地で弊社の魚礁(漁礁)・増殖礁
藻場礁を採用して頂いております。
日本全国どこへでも伺い、計画・設計からご相談に応じ
させて頂きます。また、施工に関しても責任を持って、型枠の
組み方を現地にて作業を進めながら説明させて頂きます。
施工中における様々な諸問題に対しても「より良い物をつくる
ために実際に施工される方々と一緒になって解決する」と
いうのが当社の基本方針です。
 現在は、
4タイプをご用意しております。これら4タイプの施工履歴
効果調査資料を取り揃えておりますので、御用命頂ければ
送付させて頂きます。
 
 魚礁(漁礁)・増殖礁・藻場礁の専門メーカーの弊社は
誠に微力ではありますが、魚礁(漁礁)・増殖礁・藻場礁に
より日本の水産業の更なる発展に寄与できればと考えて
おります。 
 魚礁(漁礁)・増殖礁・藻場礁の専門メーカーの私どもに
出来る事がありましたら下記に御用命頂きます様、お願い
申しあげます。
Ⅰ:魚礁・増殖礁・藻場礁 
Ⅱ:付随分野
  高輝度蓄光製品の開発・販売
  ガンガゼ駆除器具


Ⅰ:魚礁・増殖礁・藻場礁
 ①魚礁:スミリーフ魚礁
②漁礁:テトラリーフ

③NKリーフ

④NK柱状リーフ


 Ⅱ:高輝度蓄光材(根本特殊化学社製)の製品開発・販売
    その輝き・蓄光性能は世界的に認められ世界的有名ブランド
   の時計文字盤等にも使われています。弊社は、海洋現場の
   夜間の安全性確保を主な目的に、その分野での利用拡大
   進めるため、製品の開発も進めております。既に夜間の港
   出入りの安全性向上を目的とした「港出入り口表示板」を設置
   させて頂いています。蓄光材の大きな利点は、電力等の設備
   が不要であり、またほぼメンテナンスフリーな点です。他の
   電源を必要とする機材では設置後、海洋という厳しい環境
   で安定した機能を維持するためには、維持管理を欠かすことは
   出来ません。そのため、日々の管理を欠かさず行うことが重要
   となり、その手間と費用は設置後の大きな負担となります。
   蓄光材は昼間の紫外線エネルギーを蓄え、夜間発光する
   という仕組みであり、設置後、その日から機能し、また、日々
   の管理は必要有りません。他にも、海洋での利用を考え
   製品の開発に努めています。
   また、漏電により重大な災害が発生する可能性の有る場所で
   の表示や避難路明示に蓄光材はその機能を発揮します。

  Ⅲ:ガンガゼ駆除器具の開発
    水産業では様々な問題・課題が発生しています。
   従事者の高齢化と減少、慣の変化に伴う魚食から肉食
   への変化による魚価低迷、コスト上昇による実所得の減少
   など将来に渡り水産業を維持・発展させることが困難な
   状況となっています。また、日本近海、特に西日本
   発生している海藻類の絶滅現象「海の砂漠化」等、海の環境
   変化に伴う様々な問題が発生しています。
    弊社ではそれらの問題点を少しでも緩和出来る方法を
   関係者のご協力の元、模索しております。
   具体的には「海の砂漠化」の原因の一つと考えられている
   「ガンガゼ」の駆除道具の開発を行っています。従来は潜水作業
   によりハンマー等でガンガゼを潰して駆除していましたが、この
   作業は水中での重労働であり、作業者の確保が難しく、一部
   地域のみで行われています。その労力を少しでも軽減する
   駆除器具の開発を進めています。

 
Q&A
  Q1.「ぎょしょう」は「魚礁」と書くの?「漁礁」と書くの?
  A1.以前は「さんずい」が有る「漁礁」と書くことも有りましたが
    今は「さんずい」の無い「魚礁」に統一されました。
  Q2.魚礁ってナニ?
  A2.魚は何かが有るところに集まる性質があります。それは物陰に
    隠れて身を守るため、餌となる生物も物の廻りに集まっている等
    が主な理由と考えられています。魚が生活し易い場所、餌となる
    生物が繁殖しやすい場所を人工的に作り、魚類を増やすための
    ものが魚礁です。
  Q3.わざわざ魚礁を作らなければいけないの?古くて使えなくなった
    船や車を沈めて魚礁にしているのを見たけど?
  A3 以前は使われていました。今も他の国によっては使っている場合
    も有る様です。しかし、それらのものは塗装や機械油等の有害
    物質が多く使われている場合も有り、利用する前にそれらを取り
    除かなければ海洋環境に悪影響が及びかねません。海洋環境
    を守るために日本では好ましくないという理由で実施されて
    いません。
  Q4.魚礁・増殖礁・藻場礁、それぞれは何が違うの?
  A4.魚礁は魚類がたくさん集まる様に考案されたもの。増殖礁は魚類
    が増える様に考案されたもの。藻場礁は海藻類が増える様に
    考案されたものです。しかし、実際に海底に設置した場合、海中
    海底の生物にとってはその目的とは関係無く、それぞれが生活し
    やすければそこで生活します。考案したときの目的の違いです。
  Q5.材料は何を使うの?
  A5.主に使われるのはコンクリートと鋼材(鉄筋も含む)です。最近は
    間伐材を使用した魚礁も使われています。
  Q6.様々な形が有るのはなぜ?
  A6.設置する場所や目的、また、こうすれば効果が上がるのでは
    ないか?と、様々な形状が考案されているためです。
  Q7.置く場所はどうやって決めるの?
  A7.設置する場所は、様々な条件を検討する必要があります。
    設置に適さない場所は
     1.荒天時、大きな波が打ち寄せる場所
     2.潮流が常に速い場所
     3.現在、漁が行われていて、その漁の障害となる場所
     4.海底の地形が傾斜している場所
     5.船舶の航行安全の障害となる場所
     6.砂の移動が激しい場所
     等です。また、設置作業を行うことが困難な場所
      例1:空港の近くで、飛行機の離陸・着陸の空路下
         (クレーンが使えない)
      例2:港の出入口、重要な船の航路
         (設置作業中、船の往来を制限する必要が有る)
     も避ける必要があります。
     広い海ですが、諸条件を満たす場所はそれほど多くは
     有りません。
  Q8.魚礁の効果、どうやって確かめるの?
  A8.効果の確認はなかなか困難な課題です。理由は
     1.魚類の多くは回遊しています。調査する魚礁の周囲
       にたくさんの魚類が回遊して来た時に調査すれば
       大きな効果が有ったということになりますが、逆に、
       回遊して来ていない時に調査すると効果無しという
       事になってしまいます。
     2.魚類は時刻・季節等の諸条件によって生息している
       場所が変わります。従って、調査結果は時刻季節等
       により変動します。
     3.長期に渡る観測には多くの人力と費用が必要となります。
       また、水中は陸上と異なり人間が長期に渡り観測する
       事は困難が伴います。
     4.撮影機材を周囲に設置し観測する事も行われていますが
       海中は光が届きにくく、広い範囲の鮮明な画像が得ら
       れる時間帯は一日の内の一部時間帯だけで全体像の
       把握は困難です。また、季節や天候・海象により濁りが
       発生すると視界が極端に狭くなります。また、レンズ等
       に付着物が付きやすい、機材にに必要な電源の確保が
       難しい等、様々な課題があります。
     現在、関係者が魚礁の効果判定方法作成に取り組んで
     います。なかなか困難な作業です。
  Q9.魚礁等、だれが作っているの?
  A9.使われている材料によって製作方法が異なります。コンクリート
     と鉄筋で製作する場合は、主に地元の建設会社の方々が
    作り、海上に運搬して設置します。鋼材で出来ている場合は
    多くの場合、工場で部材を作り、港に運んで組立ます。組立
    作業は高い場所での作業となるため、専門の方々が組立作業
    を行います。鋼材で作られている場合はかなり大きな高さの
    あるものになるため、設置には大きなクレーン船が必要となります。
  Q10.作った魚礁はどれぐらい保つの?
  A10.基本的には30年間は保つように作ります。実際には
    それより長期に渡り使用できるようです。
  Q11.作るのにどれぐらいの費用が掛かるの?
  A11.費用は様々です。大きなものを作ると費用は多くかかります。
     単純な形状で小さなもので有れば数千円で作ることも可能です
     作るには、材料費・人件費・その他費用が掛かり、それらは物価
     の変動により常に変動しています。また、作った魚礁を海底に
     設置する方法によっても費用が異なります。簡単な小さなブロック
     で、特に正確に設置する必要が無い場合は、船で現地に運び
     少量を手作業で海中に投げ込む等であれば、数万円でできます。
     大きく重量が有る魚礁であれば、クレーン船とそれに付随する
     船舶等が必要となるため数百万円、あるいはそれ以上掛かる
     場合もあります。
  A12.魚礁にはどんな魚が集まってくるの?
  Q12.魚礁を設置すると様々な魚類が集まります。
     1.魚礁の中の空間や魚礁のすぐ近くにはアイナメ、カサゴ
       クジメ、オコゼ、マダコが集まります。
     2.魚礁の周囲にはマダイ、イシダイ、メバル、クロイソ
       イサキ等が集まります。
     3.魚礁から少し離れた場所にはブリ、マグロ類、カツオ類
       アジ・サバ類等が集まります。
     4.魚礁周辺の海底にはヒラメ、カレイ、アマダイ、シロギス
       カジカ等が集まります。

  〒164-0012  東京都中野区本町6-18-17
    スミリーフ株式会社 代表取締役 阿部 豊太郎
        東京都中野区本町6-18-17
           TEL 03-3229-8110  
           FAX 03-6304-8943
           携帯 090-9858-4805
            mail : byi04477@nifty.com
           HP :    sumireef.sakura.ne.jp

スミリーフ魚礁 実績映像
 

 

  スミリーフ漁礁

    水深 約60m

      イシダイ  イサキ  テンジクダイ

      ミノカサゴ タカノハダイ オニオコゼ

      ヒラマサ

 

 

      スミリーフ漁礁

      水深 約65m

         イサキ 

 

 

スミリーフ漁礁

     水深約80m

       幼稚仔の群れ

 

 

スミリーフ漁礁

     水深約84m

        イサキ幼魚の群れ

        イシダイの群れ

 

 

 

   スミリーフ漁礁

     水深約84m

        イシダイ

        カゴカキダイ

        イサキの群れ

 

 

   スミリーフ漁礁

      水深約80m

        付着生物状況

          フジツボ ホヤ類 ヒドロムシ類

          ウミカラマツ他

 

 

   スミリーフ漁礁

      水深約84m

        イシダイ カゴカキダイ イサキの群れ

イサキ幼魚の群れ

        幼稚仔の群れ

 

 

   スミリーフ漁礁

      水深約83m

  イシダイ イサキ イラ の群れ

 

テトラリーフ魚礁 実績映像
 

YouTube 動画

 

  テトラリーフ漁礁

   生物を支払います

    キタムラサキウニ  マナマコ  

    エゾカサネカンザシ  ウズマキゴカイ 他

   中床板面上 ホタテ貝殻餌料培養基質

 

YouTube 動画

 

    テトラリーフ漁礁

     水深約60m    

       ミズダコ

 

YouTube 動画

 

テトラリーフ漁礁

    水深約64m

     キツネメバル

     生物を支払います

      コケコロモガキ  ウミイチゴ  

      ウミバラ

 

YouTube 動画

 

    テトラリーフ漁礁

       ヤリイカ 卵嚢

 

YouTube 動画

 

 テトラリーフ漁礁

     水深約64m

      キツネメバル リュウグウハゼ アイナメ

     生物を支払います

      コケコロモガキ  ウミイチゴ  

      ウミバラ

 

YouTube 動画

 

テトラリーフ漁礁

キツネメバル リュウグウハゼ アイナメ

     生物を支払います

      コケコロモガキ  ウミイチゴ  

      ウミバラ

NKリーフ魚礁・増殖礁 実績映像
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 

 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 
 

YouTube 動画

 

魚礁とは? 小学生説明用資料

 

YouTube 動画

 <お世話になっている方々>