3Dプリンタを背負って花見した話

2017/04/04 5:14 に gutugutu3030 が投稿   [ 2017/04/04 23:20 に更新しました ]
僕の好きな研究にモバイルファブリケーションという研究があります.これのユーザスタディに地下鉄で3Dプリントした話があって,
「やってみてえ!」
となったので持ち歩ける3Dプリンタセットを作ってみました.

3月.
手元にあった3DプリンタとバッテリはMF-500Anker PowerHouse
PowerHouseは100V100Wまでの対応.MF-500は65Wだけど,モーターって電源入れた時にすごい電力食うので心配.
ちゃんと動きました!この3Dプリンタは単体での印刷が不可能なので,ノートパソコンをバッテリ駆動させてつなぎます.

さて,動作確認したので,持ち歩くための機材を適当に設計.家にあった木の板を切って3時間で組み立て.
棚ができました.ガッタガタだけど気にしないことに.
棚は3つにわかれていて,下からバッテリ,ノートPC,3Dプリンタが収納されます.

ユニクロで伸縮しそうなベルト2本買って,この棚にくくりつけるとリュックになります!
背負っても大丈夫そう.
ちなみに前につけると
「ぼくドラえもん~」みたいな三次元ポケットになります.取り出すのに1時間かかるけど.

そして4月.
桜の季節だ!!
研究室で花見をするということになったので3Dプリンタを背負っていくことにしました.
(左:研究室前の俺 真ん中:エレベータで下る俺 右:桜に挑む俺)

行くとみんな花見をしながらご飯食べてました.お腹がへったのですが食器を忘れたのでthingiverseに検索に行きます
フォークがあったのでこれを出力します.ちなみに使ったのはコレ
印刷するよ~!

で,出たのがコレ.
10分かかりました.

これで芋ようかんとパスタを食べました.美味しかったです.

その後,後輩たちがシャボン玉で遊び始めたので,シャボン玉のリングをthingiverseからダウンロードして5分で印刷しました
使用したモデルはこれです.



花見が終わった後,研究室に戻ってみるとバッテリ残量は94%でした.まだまだ行けそうです.



花見楽しかったです.

Comments