Processingのライブラリを作る

2014/02/09 3:08 に gutugutu3030 が投稿   [ 2014/02/09 3:11 に更新しました ]
やっっっっっっっと作ることができたので,ちょっとメモ.
現環境はprocessing 2.0.3 64bit windows8

プロジェクトの構成は以下のとおり.
プロジェクトのコンパイルはjava1.6以前じゃないとダメらしい.プロジェクト右クリック→プロパティ選択,javaコンパイラーのところからJRE1.6以前を選択すること.
(ここは普通にeclipse大本の設定を変更する必要があるかも.)

ファイル・システムのインポートでprocessingのcore.jar(「processing本体」\core\libraryの中にあるはず)をプロジェクトの中に入れる.
その後,core.jarを右クリック→「ビルド・パス→ビルド・パスに追加」を選択
今回プロジェクト名はkoko,パッケージ名はtest,本体のソースはPopo.javaにしてみた.

ここまですると,上の画像のような構成になるはず.

さて,今回組んだライブラリの中身は次のようにした.
 package test;
import processing.core.PApplet;

public class Popo {
PApplet test;
int x,y;
boolean flg;
public Popo(PApplet test){
this.test=test;
flg=false;
}
public static void static_test(){
System.out.println("staticメソッドのテスト");
}
public void set(int x,int y){
flg=true;
this.x=x;
this.y=y;
}
public void draw(){
if(flg)test.ellipse(x, y, 50, 50);
else test.ellipse(test.mouseX, test.mouseY, 50, 50);
}
}
クラスメソッドとインスタンスメソッドのテスト込みでこんな感じ.

ここまでできたら,後はエクスポートでjarを作るだけ.(実行可能Jarではない)
これを各processingファイル(pde)のcodeフォルダに入れてももう動くはずだが,せっかくなので,ライブラリフォルダに入れてみる.
「test」フォルダを作り,中に「library」フォルダを作成,その中にさっき作ったjarファイルを入れる.(つまり,『パッケージ名』フォルダの中のlibraryフォルダの中に入れる)
コレ(testフォルダ)をprocessingのlibrariesフォルダの中に入れる.

後は実行するだけ!

Comments