ポケットミクを簡単に使えるようにライブラリを作ってみた Processing・java

2014/04/11 4:46 に gutugutu3030 が投稿   [ 2014/04/12 6:37 に更新しました ]
巷で噂のポケットミク
いろいろ検索するとProcessingでmidiを扱うライブラリがあるみたいだがそれだとエクスクルーシブ?が送れないらしい
つまり,音の高さは指定できるが何を言うかを指定できないらしい.
なのでjavaのmidiライブラリを使用したコードを探しだしてそれを使いやすいようにクラスにまとめてみた.


processingでのサンプルソース
 import pocketmiku.MikuMiku;
MikuMiku m;

void setup() {
  m=new MikuMiku();
}

void draw() {
  if(!keyPressed)m.stop();
}

void keyPressed(){
  String dataa="";
  switch(key){
    case 'a':dataa="あ";break;
    case 'i':dataa="い";break;
    case 'u':dataa="う";break;
    case 'e':dataa="え";break;
    case 'o':dataa="お";break;
  }
  if(!dataa.equals(""))m.play(60,dataa);
  else m.stop();
}

使える命令は3つだけ.
void play(int [音の高さ(midiのノート番号)] ,String [出す声の文字(「あ」とか「ぎゅ」とか)]);
void stop();//音の停止
void play(int[] [音の高さ(midiのノート番号)の配列] , int[] [話す時間(ms)の配列] , String [出す声の文字列(「おはよう」とか)]);//動かないかも

「ん」の処理だけちょっと(というかとても)テキトーにやってしまったのであとでかえる.

※手元にポケットミクが無いので,バグがあっても直せない.そのときはjarファイルを逆コンパイルしてなおしてちょ
Comments