身近な人を見送ることに不安を感じていませんか?
 ひとりで全てを決めなくてはならないということが、負担になっていませんか?
 まだまだ先かもしれない、「その時」のために、ちょっと考えてみませんか?
 いろいろ知ることで、安心できるかもしれません。

あなたは、独身ですか?家族は多いですか?恋人は?
ちょっと、身近な方を亡くした時のことを想像してみてください。
助けてもらえる人はいますか?
相談したり、話し合える相手はいますか?
残された遺族となったあなたの周りに、誰かいてくれますか?
 
いない。という方にお願いがあります。
いるけど心配。という方もお願いします。
 
少し早めに準備をしてください。
 
それは、精神的、経済的なダメージを少しでも軽くするための準備。
大切な人を亡くした時に、悲しみに向き合うための準備。
残されたあなたの生活のために、できるだけ費用を抑えるための準備です。
心のこもったお見送りが、必ずしも盛大なものとは思えません。
今までの暮らしに合った、お見送りと、供養の形があります。
 
2010年の日本消費者協会のアンケート調査によると、
過去3年間に「身内に葬儀のあった人」が葬儀にかけた費用の総額は、
全国平均で1,998,861円だそうです。
葬祭関連の出費だけが極端に高くなるのは、ライフプランのバランスとしておかしいことだと感じませんか?
 
つつましくも、心のこもった形が実現できるということを知っていただきたいです。
それが、事前の準備です。
 
事前準備とは?
1.葬儀の費用について調べてみる。
2.実際に見積もりを取ってみる。
3.そのなかから、感じの良かった、予算に合うところを選定しておく。
 
これだけです。 
たったこれだけのことですが、100万円以上の費用の差がでることがあります
では、もう少し具体的に想像してみましょう。
↓  ↓  ↓