企画概要

「グレンダール・クロニクル Grendahl Chronicle」はシェア・ワールド企画です。

ジャンルは異世界を舞台とした架空史ファンタジーです。

共有の世界観の中で、年表を軸としたストーリーや、そこには載らない隠されたヒトコマを、みんなで空想して描いていこうというものです。
現在、企画創設段階にあり、基本的な設定を含め、なにかと構築中です。
 
物語の世界

この物語は、グレンダールという国が、海を越えて隣国インサーラーを征服するまでの歴史を語るものです。
未定の部分もあり、各自で書きながら作っていってもらって構いません。
このサイト上には、作品を書く上での叩き台となる、基本的な設定を記録していきます。

グレンダール(科学国)
初期の科学技術を持つ。(現実世界の産業革命以前ごろのものを漠然と想定。錬金術から科学まで。)
自然災害により国土消失の危機に瀕しており、海を越えて隣国の侵略、移民を計画する。
王政の国家で、男性社会であり、王家出身の男子が王位につく。
政情的には安定しており、国民が王家に寄せる信頼は厚い。
王は定期的に議会を招集し、国民の代表者を集めて民意を問う習わし。
インサーラーへの侵攻・移民も、この議会による要請を受け、王が決断したものである。
魔法は野蛮な迷信であると信じており、学術と理性を信奉している。
世界観としては、漠然とヨーロッパ的なイメージ。
 
インサーラー(魔法国)
魔法が実在する社会で、グレンダールのような科学技術は持たない。
女系社会で、強い魔力を持つ女子が、各地の首長として民を統率している。
もっとも強い魔力を持った者が、全部族を束ねる大巫女となり、
彼女がインサーラーの実質的な女王であり、ゆるやかな支配者である。
他国と正式な国交はなく、平和的であり、自然とともに素朴な生活を営んでいる。
日本含めその他の非ヨーロッパ的な世界のイメージ。
インサーラーという国名はグレンダール側での呼称で、実際には国名がない。もしくは秘されている。

年表(草案):ストーリーを考える土台にしてください
 
●リンクについて
リンクはご自由にどうぞ。
当企画は内々の試運転段階ですので、外部での宣伝活動などはしていません。
参加メンバー様でリンクバナーが必要な方は、下記バナーをご利用ください。新たに自作していただいても結構です。
(バナーは楠園冬樺さま@立花に制作していただきました)