後藤 龍太郎

京都大学フィールド科学教育研究センター
瀬戸臨海実験所 助教

研究テーマ
1.海洋生物を対象とした進化生物学・生態学・分類学
2.寄生・共生関係の進化生物学・生態学
3.DNAを用いた系統解析

E-mail
gotoryutaro(あっと) gmail.com

NEWS
■ The 4th Asian Marine Biology Symposium (Taipei, Taiwan) に参加(18.11.4–6)

■ 日本ベントス学会で自由集会「環形動物の多様性と進化」を学振PDの小林氏と開催(18.9.18)

 日本ベントス学会誌に共著論文が受理(19.9.12)

■ World Congress of Malacology (Asilomar, Monterey Bay, California)に参加(19.8.11-17)

 Invertebrate Systematics論文が受理(19.8.8)

 Zootaxaに論文が受理(19.7.10)

 Current Biologyに論文が掲載(19.7.9)

■ マクロ生物学百花繚乱2018〜アジアの生物多様性〜で口頭発表(19.2.21)

■ 日本ベントス学会奨励賞を受賞(18.9.10)

■ Goto & Ishikawa (2016) がThe top ten ZooKeys papers that attracted largest media interestに入ったようです(18.7.7)
https://zookeys.pensoft.net/article/28105/ 

 Biological Journal of the Linnean Societyに論文が受理(18.7.2)

 魚類学雑誌に共著論文が受理(18.6.9)

 Zoological Scienceに共著論文が受理

 Crustacean Researchに共著論文が受理

 Molecular Phylogenetics and Evolutionに共著論文が受理(18.4.24)

 Marine Biodiversityに論文が受理(18.4.21)

 Biological Journal of the Linnean Societyに論文が受理(18.3.27)

 日本ベントス学会誌に論文が受理(17.11.19)

 ZooKeysに共著論文が受理(17.8.11)

書籍 「Obligate pollination mutualism」がSpringerより出版されました. 第9章を担当しました(17.6.17).

■瀬戸臨海実験所に着任しました(17.3.1)

 Marine Biologyに共著論文が受理(16.2.3)

書籍 「Species Diversity of Animals in Japan」がSpringerより出版されました. 第20章「The Echiura of Japan: Diversity, Classification, Phylogeny, and Their Associated Fauna」を担当しました.

■ミシガン大学自然史博物館ID DAYで、持ち寄られた貝殻の同定・解説などしました(16.10.9)

 学会発表を更新しました(16.9.28)

 フロリダ自然史博物館で標本調査 (16.10.16–22)

■ Zoological Science Vol. 33 (4)に論文2報(&カバー写真)が掲載されました.

ZooKeysに論文が受理(16.7.29)

 UCSDで標本調査など(16.6.27–7.4)

■ Evolution 2016, Austinに参加.
 Florida (Fort Pierce)でフィールド調査(16.5.30–6.4).

Journal of Oceanographyに論文が受理(16.5.28).

 Illinois Riverでフィールド調査(16.5.18)

Journal of the Marine Biological Assocition of the United Kingdomに論文が受理 (16.4.26)

■ UCLAで標本調査(16.4.4–7)

Zoological Scienceにもう一本論文が受理
(16.3.15)
Zoological Scienceに論文が受理(16.3.15) 
Molecular Phylogenetics and Evolutionに論文が受理 (16.3.6).

「奄美群島の自然史学 亜熱帯島嶼の生物多様性」(水田拓:編, 東海大学出版会)が出版されました(16.2.20). 第6章「居候して暮らすー南西諸島の干潟における共生二枚貝類の多様性」を担当.

■ スミソニアン自然史博物館で標本調査(15.12.4-7)
■ オレゴン州立大学のHMSでフィールド調査(15.10.24-27

■ アメリカ貝類学会で口頭発表(15.8.30
■ ミシガン大学生態学・進化生物学部に赴任(15.5.17) 

■ 共著論文がJ Evol Biolにアクセプト(15.1.16)


サブページ (2): Ryutaro GOTO プロフィール