中村 英人 (博士 理学)

プロフィール (Profile)

名前
中村 英人(なかむら ひでと)
所属
北海道大学大学院 理学研究院 地球惑星科学部門 研究員
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(CREST)研究員
メール
hideton (at) mail.sci.hokudai.ac.jp
雇用
H23.3-現在    科学技術振興機構 CREST 研究員
H22.4-H23.3 日本学術振興会特別研究員(DC2)
リンク

ニュース (Recent update)
  • 15/8/6 - 北海道大学低温科学研究所にて開催された有機地球化学会2015札幌シンポジウムにおいて、日本有機地球化学会研究奨励賞(田口賞)を受賞しました。これまでに取り組んできた「陸上植物および微細藻類のバイオマーカーによる化学分類、古環境復元の研究」に対する受賞で、大変励みになります。
  • 15/1/13 - ハプト藻 Emiliania huxleyi と Gephyrocapsa oceanica は炭素数 31 (C31) 以上の超長鎖炭化水素(アルケン)を作ることが知られています。これらの種の単離株の培養実験を通じて、これまでハプト藻では報告されていなかった C29 の アルケンを主な炭化水素として生産する株を見いだしました。これまで天然からは報告されていない 2種の異性体を含む 4種の C29 アルケン について構造を決定し、 Phytochemistry 誌に報告しました。
  • 14/11/8 - 苫小牧市美術博物館にて、「分子の化石、バイオマーカー」と題して、有機分子から生物の進化や地球環境の変遷を復元する研究について講演しました。
研究トピック (Topics of research)

陸上植物有機分子の有機地球化学・古植物学的研究
植物化石の化学分類(Chemotaxonomy)
被子植物・裸子植物由来の分子化石を用いた古植生指標の開発/古植生復元
白亜紀海洋無酸素事変(OAE)時の海洋・陸域古環境の研究

藻類脂質からのバイオ燃料の創出に関する研究
ハプト藻の代謝産物(アルケノン・アルケノエイト・アルケン・ステロイド... etc.)の同定・構造決定
ハプト藻の生育条件に対する脂質組成の生理学的応答の研究(水温・塩分など
アルケノン高生産株の選抜・培養条件の最適化
ハプト藻の脂質組成とその生理学的応答の化学分類学的特徴に関する研究

ジャーナル論文 (Refereed Journals)
  • 中村英人沢田健白亜紀木片化石の抵抗性高分子を構成する結合態脂肪酸および脂肪族アルコールの組成分布 -分子古生物学的指標の検討-Researches in Organic Geochemistry (2007), vol. 22, 31-42.
  • Nakamura, H., Sawada, K. and Takahashi, M.,­ Aliphatic and aromatic terpenoid biomarkers in Cretaceous and Paleogene angiosperm fossils from Japan, Organic Geochemistry (2010), vol. 41, 975-980. [Online]
  • 中村英人沢田健古代の堆積物中の陸上高等植物テルペノイドを用いた古植生解析地球化学 (2010), vol. 44, 205-219.
  • Lyle, M., Pälike, H., Nishi, H., Raffi, I., Gamage, K., Klaus, A. and the IODP Expeditions 320/321 Scientific Party,­ The Pacific Equatorial Age Transect, IODP Expeditions 320 and 321: Building a 50-Million- Year-Long Environmental Record of the Equatorial Pacific, Scientific Drilling (2010), No. 9, 4-15. [Online]
  • Pälike, H., Lyle, M., Nishi, H., Raffi, I., Ridgwell, A., Gamage, K., Klaus, A. and Nakamura, H. et al. (57名順不同)A Cenozoic record of the equatorial Pacific carbonate compensation depth. Nature (2012), vol. 488, 609-614. [Online]
  • Sawada, K., Nakamura, H., Arai, T. and Tsukagoshi, M., Evaluation of paleoenvironment using terpenoid biomarkers in lignites and plant fossil from the Miocene Tokiguchi Porcelain Clay Formation at the Onada mine, Tajimi, central Japan. International Journal of Coal Geology (2013), vol. 107, 78–89. [Online]
  • Nakamura, H., Sawada, K., Araie, H, Suzuki, I. and Shiraiwa, Y.,  Long chain alkenes, alkenones and alkenoates produced in the haptophyte alga Chrysotila lamellosa CCMP1307 isolated from a salt marsh. Organic Geochemistry (2014), Vol. 66, 90-97. [Online]
  • Yamamoto, S., Sawada, K., Nakamura, H., Kobayashi, M. and Kawamura, K., Stable carbon isotopic variation of long chain n-alkanoic acids in the equatorial Pacific sediments over the last 40 Ma: Implications for expansion of C4 grassland in South America. Organic Geochemistry (2014), vol. 76, 62-71. [Online]
  • Nakamura, H., Sawada, K., Araie, H, Suzuki, I. and Shiraiwa, Y.,  n-Nonacosadienes from the marine haptophytes Emiliania huxleyi and Gephyrocapsa oceanica. Phytochemistry (2015), Vol. 111, 107-113. [Online]
報告書/プロシーディングスなど (Conference proceedings, IODP Reports)
  • Sawada, K., Akimoto, S., Tsukagoshi, M., Nakamura, H. and Suzuki, D. K., Plant Polymer Palaeobiology- Aphidoidea (PL3-A) Project: Geochemical and Morphological Studies on Gall (-like) Fossils, in Okada, H., Mawatari, S. F., Suzuki, N., Gautam, P. eds., Origin and Evolution of Natural Diversity, Proceedings of International Symposium “The Origin and Evolution of Natural Diversity” (2007), 21st Century COE for Neo-Science of Natural History, Hokkaido University, Sapporo, pp.171-174, ISBN 978-4-9903990-0-9.
  • Pälike, H., Nishi, H., Lyle, M., Raffi, I., Gamage, K., Klaus, A. and the Expedition 320/321 Scientists (Nakamura, H. et al., 52名順不同). ­ Pacific Equatorial Age Transect, Integrated Ocean Drilling Program Preliminary Report, vol. 320, doi:10.2204/​iodp.pr.320.2009
  • Lyle, M., Pälike, H., Nishi, H., , Raffi, I., Gamage,, K. Klaus, A. and the Expedition 320/321 Scientists (Nakamura, H. et al., 52名順不同). ­ Pacific Equatorial Age Transect, Integrated Ocean Drilling Program Preliminary Report, vol. 320, doi:10.2204/​iodp.pr.321.2009
  • Pälike, H., Lyle, M., Nishi, H., Raffi, I., Gamage, K., Klaus, A., and the Expedition 320/321 Scientists (Nakamura, H. et al., 52名順不同) 2010. Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program Exp. 320/321: Tokyo, Integrated Ocean Drilling Program Management International, Inc., doi:10.2204/​iodp.proc.320321.2010
国際会議における発表 (International Conferences/Workshops)
  • Nakamura, H. and Sawada, K., Study on organic molecules of woody fossil fragments in Cretaceous sandstones of Oyubari area, central Hokkaido, Japan: Sedimentology and fossil diagenesis, 17th International Sedimentological Congress, P-265, Fukuoka, Japan, August 2006  (Poster)
  • Sawada, K., S. Akimoto, M. Tsukagoshi, Nakamura, H. and Suzuki, D. K., Plant Polymer Palaeobiology- Aphidoidea (PL3-A) Project: Geochemical and Morphological Studies on Gall (-like) Fossils, International Symposium on The Origin and Evolution of Natural Diversity, book of abstracts 152-153, Sapporo Japan, October 2007 (Poster
  • Nakamura, H. and Sawada, K.: Refractory macromolecule and biomarker analyses of cretaceous woody fragments in central Hokkaido, Japan, The 23rd International Meeting on Organic Geochemistry, September 2007, P87-MO, Torquay UK. (Poster)
  • Nakamura, H., Sawada, K. and Takashima, R., Reconstruction of palaeovegetation by angiosperm biomarker analyses in the Cretaceous sediments of Hokkaido, Japan, 24th International Meeting on Organic Geochemistry,September 2009, P196, Bremen Germany. (Poster)
  • Nakamura, H., Sawada, K. and Takashima, R., Terrestrial biomarker analysis and its significance for the reconstruction of palaeovegetation and palaeoclimate in the Cretaceous Yezo Group, Hokkaido Japan. The 2ndAnnual Symposium of IGCP-581 “Evolution of Asian River Systems: Tectonics and Climates”, June 2011, Sapporo Japan (Poster)
  • Ikeda, K., Sawada, K. and Nakamura, H.Search for chemotaxonomic indicator by analyses of resistant macromolecules in plant fossils from the Cretaceous Futaba Group, Japan. 25th International Meeting on Organic Geochemistry, Sep 2011, P-456, Interlaken, Switzerland. (Poster)
  • Nakamura, H., Sawada, K. and Takashima, R., Long-term variations of palaeovegetation reecorded by angiosperm and gymnosperm biomarkers in the Late Cretaceous sequence of Kotanbetsu, Hokkaido, Japan. 25thInternational Meeting on Organic Geochemistry, Sep 2011, P-456, Interlaken, Switzerland. (Poster)
  • Araie, H., Nakamura, H., Sawada, K., Suzuki, I. and Shiraiwa, Y., Screening of alkenone- and alkenone-producing Coccolithophores. The 1st International Jointed Meeting of the Alkenone Bioscience and Geoscience, 26 July 2012, Tsukuba Japan. (Oral)
  • Nakamura, H., Araie, H., Kanou, C., Sawada, K. and Shiraiwa, Y., Variations in compositions of long chain alkenones and alkenes in culture samples of haptophyte algae. The 1st International Jointed Meeting of the Alkenone Bioscience and Geoscience, 26 July 2012, Tsukuba Japan. (Oral)
  • Sawada, K., Nakamra, H., Yamamoto, S., Kobayashi, M., Variations in sea surface temperature reconstructed by algal biomarker thermometry in the Neogene equatorial Pacific sediments. American Geophysical Union Fall Meeting 2012, 3-7 Dec 2012, San Francisco, USA (Poster)
  • Nakamura, H., Sawada, K., Yamamoto, S., Kobayashi, M., Variations in terrigenous matter transport evaluated by plant terpenoid analysis in the Neogene eastern equatorial Pacific sediment. American Geophysical Union Fall Meeting 2012, 3-7 Dec 2012, San Francisco, USA (Poster)
  • Nakamura, H., Sawada, K., Kanou, C., Araie, H., Suzuki, I. and Shiraiwa, Y., Diversity of n-alkenes in the haptophyte algae – A possible hydrocarbon resource. 26th International Meeting on Organic Geochemistry, September 2013, B43-553, Tenerife Spain. (Poster)
  • Sawada, K., Kobayashi, M., Seki, O. and Nakamura, H., Possible paleotemperature proxy based on long chain diols in North Pacific sediments. 26th International Meeting on Organic Geochemistry, Sep 2013, B43-553, Tenerife, Spain. (Poster)
  • Ohi, N., Araie, H., Nakamura, H., Sawada, K., Kotajima, T., Tsuji, Y., Satoh, M., Suzuki, I. and Shiraiwa, Y. Metabolic pathway of alkenones and alkenes by marine haptophytes and its application to biofuel production. The 10th International Marine Biotechnology Conference (IMBC 2013), 11-16 Nov 2013, Brisbane, Australia (Oral)
  • Sawada, K., Nakamura, H., Kobayashi, M. and Yamamoto, S., Variations in sea surface temperature and primary productivity reconstructed by algal biomarkers in the Neogene equatorial Pacific sediments. International Joint Workshop: Recent developments in Paleoenvironmental studies, 16 Feb 2014, Sapporo, Japan. (Oral)
  • Nakamura, H., Sawada, K., Kobayashi, M., and Yamamoto, S. A biomarker perspective on the variation of terrigenous matter transport in the Neogene eastern equatorial Pacific sediment. International Joint Workshop: Recent developments in Paleoenvironmental studies, 16 Feb 2014, Sapporo, Japan. (Oral)
  • Abe, R., Sawada, K. and Nakamura, H. Diagenetic alteration of long chain alkenones during early stage of thermal maturation: examination for haptophyte biomarker in ancient sediment. International Joint Workshop: Recent developments in Paleoenvironmental studies, 16 Feb 2014, Sapporo, Japan. (Poster)
  • Miyata, Y., Nakamura, H. and Sawada, K. Paleovegetation changes reconstructed by new proxies for n-alkyl lipids released from terrestrial plant-derived kerogens by hydrolysis in Cretaceous sediments, Hokkaido, Japan. International Joint Workshop: Recent developments in Paleoenvironmental studies, 16 Feb 2014, Sapporo, Japan. (Poster)
  • Sawada, K., Abe, R., Nakamura, H., Pyrolysis experiments of long chain alkenones and alkenes in Emiliania huxleyi. The 2nd International Joint Meeting of Alkenone Biosynthesis in Bioscience and Geoscience,  28 Feb 2014, Tsukuba, Ibaraki, Japan. (Oral)
  • Nakamura, H., Sawada, K., Araie, H. and Shiraiwa, Y. Chemotaxonomic significance of alkenone composition in family Isochrysidaceae. The 2nd International Joint Meeting of Alkenone Biosynthesis in Bioscience and Geoscience,  28 Feb 2014, Tsukuba, Ibaraki, Japan. (Oral)
  • Ohi, N., Suzuki, I., Sawada, K., Nakamura, H., Bakku, R.K., Fukuda, S., Hanawa, Y. and Shiraiwa, Y. A big step towards elucidation of alkenone synthetic pathway in Emiliania huxleyi. The 2nd International Joint Meeting of Alkenone Biosynthesis in Bioscience and Geoscience,  28 Feb 2014, Tsukuba, Ibaraki, Japan. (Oral)
  • Araie, H., Nakamura, H., Shiratori, T., Ishida, K. and Shiraiwa, Y., Variations in long chain alkenones reflect phylogenic relationship. The 10th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference, 4-8 May 2014, Taipei, Taiwan. (Oral)
  • Nakamura, H., Takashima, R. and Sawada, K., Terrestrial biomarker records in the Cretaceous sediments in the Kotanbetsu area, Hokkaido, Japan. The 11th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society (AOGS2014), 1 Aug 2014, Sapporo, Japan. (Oral)
  • Miyata, Y., Nakamura, H., Sawada, K., N-alkyl compounds released from terrestrial plant-derived kerogen as new potential paleovegetation proxies, The 11th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society (AOGS2014), 1 Aug 2014, Sapporo, Japan (Oral)
  • Abe, R., Sawada, K., Nakamura, H., Diagenetic alteration of long chain alkenones during early stage of thermal maturation: Examination for haptophyte biomarker in ancient sediment. The 11th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society (AOGS2014), 30 Jul 2014, Sapporo, Japan (Poster)
  • Nakamura, H., Sawada, K., Ando, T, Takashima, R., Nishi, H., The late Cretaceous record of diatom derived biomarkers in the northwest Pacific margin. American Geophysical Union Fall Meeting 2014, 16 Dec 2014, San Francisco, USA (Poster)
  • Miyata, Y., Sawada, K., Nakamura, H., Takashima, R., Takahashi, M., Paleovegetation changes recorded by n-alkyl lipids bound in macromolecules of plant fossils and kerogen from the Cretaceous sediments in Japan. American Geophysical Union Fall Meeting 2014, 16 Dec 2014, San Francisco, USA (Poster)
    学位論文 (Ph.D Thesis)
    • Organic biogeochemical study on angiosperm-derived molecules in Cretaceous sediments, Hokkaido, Japan (北海道白亜系堆積岩中の被子植物由来分子の生物地球化学的研究), 2011年3月 北海道大学大学院理学院 - 学位 博士(理学)
    国内会議/講演 (Domestic Conferences/Workshops)
    • 中村英人,沢田健白亜紀木片化石の抵抗性高分子からみた化学分類および続成過程の研究24回有機地球化学会2006年松本シンポジウム,  O-22, 松本, 20068月(口頭発表)
    • 中村英人沢田健大夕張地域の白亜紀植物片のバイオマーカーおよび抵抗性高分子分析 ~化学分類および古植物相の検討,2006年度日本地球化学会年会, 3B03, 東京, 20069月(口頭発表)
    • 中村英人沢田健高嶋礼詩北海道大夕張地域に分布する下部白亜系からの被子植物バイオマーカーの検出とその意義日本有機地球化学会金沢シンポジウム2007, O-15, 金沢, 20077月(口頭発表)
    • 中村英人沢田健高嶋礼詩北海道白亜系堆積岩中の被子植物バイオマーカーを用いた古植生指標の検討,第26回日本有機地球化学会2008年名古屋シンポジウム,O-12, 名古屋, 20087月(口頭発表)
    • 中塚武,大西啓子,沢田健,中村英人,塚越実後期中新世(11-10Ma)の木材化石の年輪セルロースのδ18Oとδ13C:高時間分解能の気候変動解析の可能性2008年度日本地球化学会第55回年会, 3F26,東京,20089月(口頭発表)
    • 中村英人沢田健古代ヤシおよびベネチテス化石の抵抗性高分子分析からの化学分類および続成変化の検討,2008年度日本地球化学会第55回年会,3E02,東京,20089月(口頭発表)
    • 中村英人沢田健高嶋礼詩被子植物バイオマーカーを用いた北海道下部白亜系における被子植物の出現年代の検討,日本地質学会第115年学術大会, O-169,秋田,20089月(口頭発表)
    • 中村英人沢田健高嶋礼詩北海道白亜系堆積岩中の被子植物分子化石 ~古植生指標の検討,日本古生物学会2009年年会, C06,千葉, 20096月(口頭発表)
    • 中村英人沢田健被子植物テルペノイドバイオマーカーの化学分類学・生理学的研究,2009年度日本地球化学会年会, 2A03,広島, 20099月(口頭発表)
    • 落合総一郎, 沢田健, 中村英人, 塚越実,秋本信一化石ゴールのバイオマーカー分析:植物-昆虫共生系の古生物学的探索,2009年度日本地球化学会年会, 2P24, 広島, 20099月 (ポスター)
    • 中村英人沢田健,高嶋礼詩:北海道北部,上部白亜系堆積層の高等植物バイオマーカー分析による古植生変動の復元,日本地球惑星科学連合2010年大会,幕張メッセ,千葉,20105月(口頭発表)
    • 中村英人沢田健被子植物葉化石を構成する抵抗性高分子の分子古生物学的特徴:化学分類および続成変化の検討,日本地球惑星科学連合2010年大会,幕張メッセ,千葉,20105月(ポスター)
    • 池田慧,沢田健,中村英人,高橋正道白亜系双葉層群産の花化石の有機分子分析による化学分類指標の探索,日本地球惑星科学連合2010年大会,幕張メッセ,千葉,20105月 (口頭発表)
    • 中村英人沢田健,高橋正道古植生指標検討のための植物化石のテルペノイドバイオマーカー分析と続成過程の検討,2010年度日本地球化学会年会,立正大学,熊谷,2010年9月(口頭発表)
    • 沢田健, 中村英人, 荒井高明: 陸上高等植物の抵抗性高分子の植物生理学・生物地球化学的研究, 2010年度日本地球化学会年会, 立正大学, 熊谷, 2010年9月(口頭発表)
    • 中村英人沢田健,高嶋礼詩: 北海道白亜紀中期堆積岩中の陸上植物バイオマーカーを用いた古植生変動復元, 日本地球惑星科学連合2011年大会,幕張メッセ,千葉,2011年5月(口頭発表)
    • 中村英人: 被子植物の進化における分子古生物学的視点:高等植物テルペノイドの代謝生理から, 2011年度日本地球化学会年会, 札幌, 2011年9月(口頭発表・招待講演)
    • 中村英人, 沢田健, 加納千紗都, 白岩善博, 鈴木石根: ハプト藻における長鎖アルケノン生合成の研究:地球化学的視点から, 2011年度日本地球化学会年会, 札幌, 2011年9月(ポスター)
    • 池田慧, 沢田健, 高橋正道, 中村英人: 北海道白亜系函淵層群富内層の炭層から産出した植物化石のバイオマーカーおよび抵抗性高分子分析, 2011年度日本地球化学会年会, 札幌, 2011年9月(口頭発表)
    • 中村英人, 沢田健, 池田慧, 高橋正道: 双葉層群芦沢層より産出した植物小型化石のテルペン類組成からみた化石化初期過程, 2012年度日本古生物学会年会, 名古屋2012年7月(口頭発表)
    • 中村英人, 沢田健, 加納千紗都, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博: ハプト藻のアルケン・アルケノン組成における種内および種間多様性, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ, 千葉, 2012年5月(ポスター)
    • 中村英人, 沢田健, 山本真也, 小林まどか: 過去3000万年にわたる東部赤道太平洋堆積物中の高等植物由来テルペノイド組成の変動, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ, 千葉, 2012年5月(ポスター)
    • 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩: 夕張地域下部白亜系,海洋無酸素事変相等層準堆積岩のバイオマーカー分析, 2012年日本堆積学会年会, 札幌, 2012年6月(口頭発表)
    • 中村英人, 沢田健, 加納千紗都, 白岩善博, 鈴木石根, 新家弘也: ハプト藻の長鎖アルケン組成の多様性, 2012年度日本地球化学会年会, 福岡, 2012年9月(口頭発表)
    • 加納千紗都, 沢田健, 中村英人, 白岩善博, 鈴木石根, 新家弘也: ハプト藻培養試料におけステロイド分析:バイオマーカー指標の検討, 2012年度日本地球化学会年会, 福岡, 2012年9月(口頭発表)
    • 山本真也, 沢田健, 中村英人, 小林まどか, 河村公隆: 東赤道太平洋における過去40Maの陸上植物由来脂肪酸の安定炭素同位体比変動, 2012年度日本地球化学会年会, 福岡, 2012年9月(ポスター) 
    • 中村英人; 北海道白亜系堆積岩中の有機分子をもちいた古植生変動の復元, 地質学会北海道支部講演会, 札幌, 2013年2月(口頭発表・招待講演
    • 中村英人, 沢田健, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博: ハプト藻 Chrysotila lamellosa の長鎖アルケノン・アルケン組成と生育温度の関係 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ, 千葉, 2013年5月(ポスター)
    • 中村英人, 沢田健, 根本俊文, 長谷川卓: 北海道達布地域の白亜紀海洋無酸素事変 OAE2 相当層における陸上植物バイオマーカー分析, 日本有機地球化学会倉敷シンポジウム2013, 倉敷, 2013年8月(口頭発表)
    • 白岩善博, 沢田健, JST/CREST 白岩チーム: 海洋ハプト藻のバイオマーカー脂質分子アルケノン・アルケンの合成経路と生理機能, 2013年度日本地球化学会年会, 筑波, 2013年9月(招待講演)
    • 中村英人, 沢田健, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博: ハプト藻 Chrysotila lamellosa のアルケノン・アルケン組成に対する塩分の効果, 2013年度日本地球化学会年会, 筑波, 2013年9月(口頭発表)
    • 加納千紗都, 沢田健, 中村英人, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博: ハプト藻培養試料から検出された特異的なステロールの考察, 2013年度日本地球化学会年会, 筑波, 2013年9月(口頭発表)
    • 宮田遊磨, 沢田健, 中村英人, 池田慧: 北海道白亜系堆積物中の陸上植物ケロジェンの加水分解性脂肪酸・アルカノール組成比による古環境変動の復元, 2013年度日本地球化学会年会, 筑波, 2013年9月(口頭発表)
    • 安藤卓人, 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩:苫前地域に分布する蝦夷層群 Cenomanian/Turonian 境界堆積岩の有機地球化学調査による古環境・生態系の復元., 2014年度地質学会北海道支部例会, 2014年5月 (口頭発表)
    • 中村英人, 沢田健, 安藤卓人, 高嶋礼詩, 西弘嗣白亜紀海洋無酸素事変 OAE2 直下の負のd13Cエクスカーションにともなう陸上植生変動,日本地質学会第121年学術大会, 鹿児島大学,鹿児島 2014年9月(口頭発表)
    • 安藤卓人, 中村英人沢田健, 高嶋礼詩, 西弘嗣北海道苫前地域に分布する蝦夷層群 Cenomanian/Turonian 境界堆積岩の有機地球化学分析による堆積環境・海洋生産変動の復元., 日本地質学会第121年学術大会, 鹿児島, 2014年9月 (口頭発表).
    • 中村英人, 沢田健, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博: ハプト藻イソクリシス科のアルケノン組成の化学分類学的特徴:Tisochrysis および Isochrysis2014年度日本地球化学会年会, 富山大学, 富山, 2014年9月(口頭発表)
    • 中村英人沢田健, 安藤卓人, 高嶋礼詩, 西弘嗣北海道古丹別地域の上部白亜系蝦夷層群における珪藻バイオマーカーの検出, 日本有機地球化学会湯河原シンポジウム2014, 湯河原, 2014年11月(口頭発表)
    • 中村英人, 竹田真由美, 沢田健, 高野淑識: 湖沼堆積物のアルケノン組成にみられる化学分類学的特徴:南極スカルブスネス地域、長池のアルケノン生産種推定, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張メッセ, 千葉, 2015年5月 (ポスター)
    • 宮田遊磨, 沢田件, 池田慧, 中村英人, 高橋正道: 白亜系双葉層群の炭化小型植物化石の抵抗性高分子分析:結合態アルキル脂質組成による植物化石の化学分類, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張メッセ, 千葉, 2015年5月 (ポスター)


    一般講演・メディア
    • 3rd サイエンスカフェ@苫小牧 「分子の化石、バイオマーカー」2014年11月8日, 苫小牧市美術博物館
    • 苫小牧民報 - "サイエンスカフェ「バイオマーカー」学ぶ" 2014年11月12日 
    研究助成 (Grants)
    • 科学研究費補助金 (日本学術振興会)
      • 特別研究員奨励費 (代表) (平成21-22年度)
    • 笹川科学研究助成 (複合系) (平成23年度)
    • JAMSTEC受託研究 (分担) (平成24年度)
    Comments