2013年測地学サマースクールのご案内


日本測地学会では、学部学生及び院生(それ以外の方も応相談)を対象として毎年「サマースクール」を開催し、測地学分野の最新のトピックを最先端の研究者から直接紹介するとともに、測量作業を実際に体験いただき、現在の測地学に触れていただく機会を提供しています。2013年のサマースクールは、下記の通り開催いたします。皆さんの参加をお待ちしています。


日時:2013年8月28日(水)~30日(金) 終了しました.
場所:京都大学防災研究所阿武山観測所 (大阪府高槻市)
対象:測地学や関連分野に興味のある大学生・大学院生及びそれに準ずる方
参加費:無料 

 ただし、会場までの移動,宿泊,飲食にかかる費用は実費負担です.
 参加者は、原則、阿武山観測所に宿泊し、宿泊、飲食、入浴にかかる実費(概ね3日間で1万円程度)を負担して頂きます。

主催:日本測地学会
後援
京都大学防災研究所

 

実施内容(予定)

 8月28 日 昼:集合
        午後:講義 (講師の敬称略)
  ・GNSS                               宗包 浩志        (国土地理院)
  ・合成開口レーダー               福島 洋          (京都大学)
  ・宇宙測地技術と大気遅延     ホビガー トーマス (情報通信研究機構) 
  ・重力                                 名和 一成           (産業技術総合研究所)
  ・海底地殻変動                    田所 敬一           (名古屋大学)
 8月29 日 午前・午後:実習(水準測量、重力、GNSS)
 8月30 日 午前:実習結果発表,阿武山観測所施設見学
                昼:解散

申し込み締切  2013年7月26日(金) 終了しました.

 

お問い合わせ先 日本測地学会サマースクール幹事

 京都大学防災研究所 西村 卓也
 E-mail:geo.summer.2013@gmail.com


 会場(阿武山観測所)までのアクセス(阿武山観測所へのリンク)と地図

阿武山観測所



 ポスターはこちら↓↓

Comments