茨城 面会交流支援

NPO法人

元気UPヒアリングセンター

面会交流に向けて

面会交流の必要性

両親の離婚によって子供の精神状態は不安定になりがちです。

どちらの親からも愛されているという安心感が子供には必要だからです。

どうすれば子供が楽しく交流でき、子どもの成長につながるかを最優先に考えて頂くことが求められます。

支 援 形 式

    1. 連絡調整形式 ➣ スケジュールを電話で調整します。
    2. 受渡し形式 ➣ スケジュールを調整し、目的地まで子供を送迎します。
    3. 立会形式 ➣ スケジュールを調整し、終了まで面会に立会います。
    4. 手紙受渡形式 ➣ 手紙やビデオの交換を仲介します。

支援の特色

    1. 支援を円滑に進めるためには支援機関と利用者間の信頼関係が不可欠と考えています。
    2. 子供や親の不安・緊張をケアしながら面会を進めています。
    3. 子供と担当スタッフを事前に引き合わせるようにしています。
    4. 送迎や立ち合いは継続して同じスタッフが担当するようにしています。
    5. 費用は調停での取り決めがない場合、父母折半としています。