新着情報





 手軽に情報が手に入る今だからこそ、足で集めた情報に本当の価値が有ります。月刊マスターズは、経済活動の最前線で最も敏感にその動きを感じ、また技術革新のまっただ中にいて最もシビアにその行方を見定めている精通者──「マスター」たる経営者の方々を取材しています。

取材スケジュール

 月刊MASTERS(マスターズ)は毎週週末を中心に日本各地を取材しています。まずはリサーチを行い、その後、特集の内容を決定し、訪問先様へはおおよそ1〜2週間前から前日までに取材を申し込んでいます。インタビューは記者、カメラマンそしてゲストインタビュアーとともに、企業を訪問していきます。


2月の取材予定
  • 2月24日〜25日
    • 寒暖の変化激しい昨今ですが、春の訪れの早い九州は鹿児島県を今週は取材いたします。ゲストは俳優の村野武範さん。
    • 京都・滋賀県はタレントの島崎俊郎さん。新潟はダンカンさん。福島県は黒田アーサーさんの予定です。
  • 2月17日〜18日
    • 月刊マスターズの今週末の神奈川県の取材では、オフィス北野所属のつまみ枝豆さんがスペシャルゲストです。バラエティではもちろんのこと、近年では俳優としても活躍されているつまみ枝豆さん。どのような話題でインタビューを盛り上げてくれるのか、取材を楽しみにお待ち下さい。
    • 取材地は、神奈川県の他、岡山県、広島県など中国地方。千葉県なども予定しています。
  • 2月9日〜10日
    • 雪まつりに湧く札幌。この時期にあわせ、様々な取り組みが準備されてきました。そんな札幌を月刊マスターズではインタビューに訪れます。スペシャルゲストは大西結花さんです。
    • この他、秋田県、鳥取県、島根県なども取材予定です。
  • 2月3日〜4日
    • グローバルな経済不安が懸念される中、日本はどのように対応していくべきか、さまざまな議論がかわされています。そんな中、安定した取り組みで期待感高まるニュースがありました。稀勢の里の初場所優勝と72代横綱誕生です。振り回されず、着実に歩をすすめることが、今は一番実りが多いと示唆するようなニュースでした。そこで月刊マスターズの今週の福岡取材では、大鳴戸親方をスペシャルゲストとして経営者をインタビュー。押しの効いた質問で、業界の今や事業の展望などを聞き出します。
    • その他、岐阜県、三重県、栃木県、新潟県も取材予定です。

1月の取材予定
  • 1月27日〜28日
    • 月刊マスターズでは、厳寒の青森県を始め、群馬や四国地方を訪問。様々な業界を取材してまいります。スペシャルゲストは、俳優の斉藤洋介さんなどを予定しています。
  • 1月20日〜21日
    • 強い寒波に襲われている日本ですが、今週末も月刊マスターズ取材チームは日本各地を訪問します。経営者とスペシャルゲストとの熱い対談を予定しています。東京は、村野武範さんや黒田アーサーさん。京都・奈良は元世界チャンピオンの渡嘉敷勝男さん。九州熊本県は石橋正次さんの予定です(※取材地は変更になる可能性があります)。
  • 1月13日〜14日
    • 2017年はLNGに対するアメリカの姿勢の変化によって、日本のエネルギー事情も大きく変わる可能性が出ています。エネルギーコストが多くの企業活動にかかわっていることは言うまでもありませんが、消費者のマインドにあたえる影響も無視できません。一方、メキシコとアメリカの関係によって、影響を受ける自動車メーカーや関連企業の株価にも注目が集まっています。こうした動きを業界関係者はどのように見ているのか、この1月は広く情報を集めていくステージになっています。月刊マスターズでは、今後を見据える各界の経営者をインタビューし、経済の先行きをあぶり出します。
    • 13日からの取材では、千葉県、神奈川県、宮崎県、鹿児島県ほか各地を訪問いたします。

12月の取材予定
  • 12月16日〜17日
    • クリスマス商戦も真っ只中にあるこの週末。日本各地を国際通信社は取材で訪問いたします。企画部は千葉、茨城や九州は熊本、また沖縄県なども訪問いたします。
    • スペシャルゲストは、つちやかおりさん、島崎俊郎さん、村野武範さん、ダンカンさんの予定です。
  • 12月9日〜10日
    • 中国で日本企業に対する風当たりが強くなる一方、ロシアとの経済協力がクローズアップされるなど、日本を取り巻く経済状況は変動しています。そんな中、各界でも競争力を強化すべく、様々な取り組みが行われています。月刊マスターズでは、そうした注目を集める企業を取材し、対談形式にて誌面でご紹介していきます。今週の取材は、栃木、大阪、静岡、群馬県などを予定しています。
  • 12月2日〜3日
    • アメリカ次期大統領がトランプ氏に決まったことでTPPの先行きが見えなくなっています。グローバル経済への移行は回避できないという考えからTPPを強行に推進するべきという声もあれば、二国間交渉や中国やロシアを含めた新たな枠組みに期待する声もまたあります。大統領選の予想に関する報道が物語っていたように、メディアや識者の予想や分析もまたアテになるとは限りません。今後を占うためには、一人ひとりの有権者のダイレクトな考えを知ることが必要です。月刊マスターズは、各業界の最前線で経済にアンテナを張る企業経営者を訪ね、業界の今と今後についてお尋ねしています。マスターズでしか知り得ない、業界の最新情報をキャッチしていただけます。
    • 今週の取材では、北海道、愛知県、群馬県他、各地を訪問いたします。


※予定は変更になる場合があります

※過去の取材予定については、「取材記録」のページでご覧いただけます。



取材対象地域
  • 北海道地方 北海道
  • 東北地方 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
  • 関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
  • 中部地方 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
  • 近畿地方 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
  • 中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
  • 四国地方 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
  • 九州地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
  • 沖縄地方 沖縄県

 48都道府県全て(毎月全ての県を訪問するわけではございません)

(c)Kokusai-Tsushinsha Co.Ltd. / Monthly MASTERS.