堀内 充


幼少よりバレエを始める。
1981年モスクワ国際バレエコンクール男性銅賞受賞
1983年ローザンヌ国際バレエコンクール・ローザンヌ賞受賞し、
ニューヨークのスクール・オブ・アメリカンバレエに3年間留学。
帰国後「堀内 充とフットライツダンサーズ」と題して新作活動を開始する。
新国立劇場バレエ団、青山バレエフェスティバル、牧阿佐美バレエ団、東京シティバレエ団をはじめ
多くのバレエ公演に客演し、また神奈川国際フェスティバルオペラ、藤原歌劇団やホリプロミュージカル「DORA」、
名倉ジャズダンス公演、大地真央ショー、現代舞踊協会公演など、多方面でも活躍。
近年では「堀内充バレエプロジェクト公演」を開始し、2003年・2005年に東京で上演した。
他に佐多達枝バレエ公演、上田遙ダンス公演などに客演し、
大阪大学COEプログラム・バレエ「父の愛」演出・振付・主演し、
オペラ「ラビュリントス」でも振付・主演を果たした。
1994年
グローバル森下洋子・清水哲太郎賞受賞
現在バレエダンサー・振付家として、また大阪芸術大学助教授、玉川大学非常勤講師を務め、
多くの国内バレエ・ダンスコンクールの審査員も務めている。

< Information >
2011.3.29(火)
O.F.C.公演 合唱舞踊劇「カルミナ・ブラーナ」
(公演は終了しました)
会場:東京文化会館大ホール