I/O報告会2016

2016年6月18日 in 塩尻インキュベーションプラザSIP
今年で5年目を迎えるGoogle I/O報告会。今回は同日開催のGDG四国とのコラボレーションでお送りし
GoogleDeveloperExpertとして足立昌彦(adamrocker)さんと矢倉眞隆さんを信州の地に迎え、
現地の様子を熱く語らう充実したイベントとなりました!

<情報
当日の様子まとめ(GDG四国+信州)

◆セッション資料
Opening
Session #0 Overall / Travel notes
Session #1 Android N
Session #5 Machine Learning
Breakout Session #2 Ask the Expert 

◆当日のビデオ
(ダイジェストではなく丸ごと全部撮っています)

◆アジェンダ(申込みページ)

/****************************************************/
//当日の様子レポ
/****************************************************/
今年はGDG四国とのコラボレーションで例年のハングアウトによるセッション形式を踏襲し
交互に中継しあう形でイベントを進行しました。参加者数は昨年より増え35名集まりました。
(女性比率が下がってしまったのが多少残念だったところ)
今年は昨年好評だったブレイクアウトセッションでのパネルディスカッションの存在もあり、
終始ROMっぽい雰囲気にならず、参加者アンケートを見ても好評でした。

信州会場毎年恒例の大ガジェット大会。
過密スケジュールの合間に濃い逸品の数々をお楽しみ頂きました。

伝説のApple][とそろばんの組み合わせがまた渋い! GDG信州発IoTデバイス「つぶた君」がスケルトンモデルに!
会場の様子を撮影し温度と湿度を定期的に自動でセンシングしてツイート。今年も黙々といい仕事してます。





例年のDevFestを彷彿とさせる四国と信州が相互に発表しあう形式で進行していきます。
信州からはAndroidNと機械学習をadamrockerさん、PWAを矢倉ざんからそれぞれ発表頂き
今IT分野で起こっている潮流や技術的な最新情報のみならず、なぜこの技術が出てきたのかといった
背景に至るまでを詳細に解説頂きました。

終始和やかな雰囲気が漂う信州会場         伝説の古籏さんによるレトロなプログラミング講座?!


昨年好評だったGDEによるパネルディスカッションを今年も開催。
GDEにそれぞれ旬なキーワード(ウエアラブル・VR・IoT)パネルを選択いただき
I/Oの現地でしか感じられない雰囲気や日本との違いについて
ここでしか聞けない生の話を織り交ぜながら展開。

個人没入型でよりリアルになっていくVRと大画面大解像度でみんなでワイワイやる時代と一体どっちが来るのか?
といった会場からの質問には、技術的な成熟度としてはかなりのレベルを行っているとしながらも
結局「どっちもまだ来ない」派がまさかの優勢。
また巷でよく語られるIoTと農業の可能性については、実態はそんなに甘くないといったリアルな話まで飛び出し、
けっして絵にかいたような夢物語の世界ではないといった示唆に富むディスカッションとなりました。

後のアンケートを見ても、
複数のGDEの方のパネルディスカッションで、会場との双方向コミュニケーションが取れ、
壁があると思ったGDEの方がより身近に感じることができた」。
「質問もゆるい感じで、本編とは異なった良い雰囲気での進行で良かった」
などの言葉にもあるように、とかく一方向になりがちなセッション形式だけでは味わえない
満足感を提供できた点は今後のイベントにもぜひ活かしていきたいと思います。

信州名物はガジェット品評会やミニパネルだけでなく、やっぱり懇親会!!
地産地消のワインやここでしか味わえないオリジナル山賊焼きサンドで親睦を深めました。

         ↑↑ クリックすると動きます♪ ↑↑

・・・というわけで今年も無事I/O報告会in信州を開催することが出来ました。
いつも素敵な会場をご提供いただいているSIPさん
懇親会では毎度信州ならではのクオリティ高い食事を提供してくれているTOMCafeさん
そして頼りがいあるGDG信州のスタッフ、メンバーに支えられながら
毎回楽しいイベントを開催することが出来ています。
そしてご参加頂いた皆様本当にありがとうございました。

GDG信州オーガナイザー kehi

Comments