8月の患者交流会は、19日土曜の午後に、東京都障害者福祉会館で行ないます。

患者交流会


ギラン・バレー症候群の患者と家族の交流会です。体験談をシェアーするなどの情報交換を行ないます。

苦労したこと辛かったことや、病気のことやリハビリのこと、自分の体験を話したり、同じ病気の人はどうだったのか聞いてみたり、何でも自由にお話できます。

お茶菓子等用意してお話しを楽しめるようにしておりますので、気楽にご参加ください。

前回7月の交流会では、次のようなコメントをいただきました。

o いろいろな方のお話しを聞けたこと。発症してだいぶ長いのですが、これからも前向きに生活していきたいと思いました。

o 毎回思うのですが、参加してよかったと思います。癒やされました。いろんな方の体験談をきけた事が良かったです。またよろしくお願いします。

o 人により色々な症状がある事が知れて良かった。もっとお話しが聞きたかったです。

o いつもいつも本当にありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。

【開催概要】

イベント名 ギラン・バレー症候群 患者交流会

概要 ギラン・バレー症候群 患者交流会を、東京都障害者福祉会館で、8月19日土曜の午後に行ないます。

日時 8月19日土曜 午後2時〜午後4時30分
   (受付開始午後1時30分)途中退席可

場所 東京都障害者福祉会館 03-3455-6321 2F集会室B2
   (東京都港区芝五丁目 18-2 )

   JR山手線・京浜東北線「田町駅」三田口(西口) 徒歩5分
   都営地下鉄 浅草線「三田駅」A7 徒歩1分
   都営地下鉄 三田線「三田駅」A8 徒歩1分

   車椅子でも利用できます。
   交通手段は、公共交通機関をご利用ください。

参加資格 ギラン・バレー症候群の患者と元患者および家族
     お友達やご家族と一緒に来ていただいて結構です

参加費 1,000円(飲物お茶菓子代込み)
    当日受付にて現金でお支払いください。

当日緊急連絡先 担当者の携帯 080-8424-5071(上田)
(13:00 開場 入室可)
13:30 受付開始
14:00 オープニング ー自己紹介、患者の会の説明など
        前半のセッション ー体験談、Q&A
15:00 休憩
15:15 後半のセッション ー情報交換、懇親会(飲物とお菓子等用意してあります)
16:15 クロージング ー感想、アンケート
16:30 後片付け
17:00 終了

※終了後の喫茶店やファミレスでの2次会は、それぞれご自由にどうぞ。

遠方で来られない方は、Skypeでの参加を受け付けています。 ご希望の方は、申込の際に Skypeでの参加希望とご記入ください。 接続方法などの詳細について確認のご連絡を差し上げます。

当日参加される方の中から、準備や後片付けを手伝ってくれるボランティアを募集します。手伝っていただける方は、お申込みの際のメッセージ欄に、ボランティア希望もしくはお手伝い希望とご記入ください。

ギラン・バレー症候群患者の会( http://gbsjpn.org/ )は、患者と元患者および家族や関係者の交流を促進することにより、互いに支援し励ましあい、患者と元患者の回復と生活の質を向上させることを目的とする会です。

よろしくお願い申し上げます。

お申込は次のいずれかのページからお願いします。

1)コクチーズ
http://www.kokuchpro.com/event/gbs11/

2)Peatix

3)Facebook Event

会場案内図

最新のお知らせ

  • 8月の患者交流会は、19日土曜の午後に、東京都障害者福祉会館で行ないます。 ギラン・バレー症候群の患者と家族の交流会です。体験談をシェアーするなどの情報交換を行ないます。苦労したこと辛かったことや、病気のことやリハビリのこと、自分の体験を話したり、同じ病気の人はどうだったのか聞いてみたり、何でも自由にお話できます。お茶菓子等用意してお話しを楽しめるようにしておりますので、気楽にご参加ください。前回7月の交流会では、次のようなコメントをいただきました。o いろいろな方のお話しを聞けたこと。発症してだいぶ長いのですが、これからも前向きに生活していきたいと思いました。o 毎回思うのですが、参加してよかったと思います。癒やされました。いろんな方の体験談をきけた事が良かったです。またよろしくお願いします ...
    投稿: 2017/07/22 1:28、ギラン・バレー症候群患者の会
  • 新しいリハビリ治療の臨床試験参加者公募の説明会 退院後も痛みや痺れ、体力や気力が続かない、筋力低下などに悩まされている方は多いと思いますが、このような症状を改善できる可能性がある新しいリハビリ治療が研究されています。ギラン・バレー症候群の患者(元患者)を対象に、新しいリハビリ治療の臨床試験への参加者の公募があります。臨床試験を行うドクターによる説明会です。新しいリハビリ治療に興味のある患者(元患者)さんのご参加をお待ちしております。 できるだけ多くの患者さんとお話しできると、ドクターの臨床研究にも役立ちますので、ぜひご参加ください。 【開催概要】イベント名 ギラン・バレー症候群 新しいリハビリ治療の臨床研究参加者公募の説明会概要 ギラン・バレー症候群の患者 ...
    投稿: 2017/07/10 21:22、ギラン・バレー症候群患者の会
1 - 2 / 22 件の投稿を表示中 もっと見る »

最新のニュース

  • "ギラン・バレー症候群"の後遺症と戦いながら、マラソンを走り続ける市民ランナーの特集 励まされます! Never Give Up!  (^_^)v70歳で「いわて銀河100キロチャレンジマラソン」を14時間2分で走りきったギラン・バレー症候群の元患者さん。11年前は重症で7ヶ月人工呼吸器を付けて寝たきりの状態だったとか、、、以下、ニュース書き起こしサイト http://o.x0.com/m/520335 より引用ーーーそして、特集もお願いします。≫この方、いかせてください。表光代さんです。今月、100kmを走るウルトラマラソンというのを走りきりました。70歳ですよ。これだけでもすごいんですけど実は、表さんはギラン ...
    投稿: 2017/06/25 18:13、ギラン・バレー症候群患者の会
  • NHK オイコノミア「もしもあなたが“難病”になったら…」 原因不明で治療が長期にわたる“難病”。明日あなたが診断されたら専門医をどう見つける?医療費は?そして生活は?より暮らしやすい方法を当事者と共に経済学で考える。再放送 6月9日金曜 午前0時30分(6月8日木曜深夜)
    投稿: 2017/06/07 7:31、ギラン・バレー症候群患者の会
  • NHKハートネットTV ブレイクスルー File.70 つらいことはギャグになる ―漫画家・たむらあやこ― 辛いはずの病気を、ユーモアたっぷりのギャグマンガに。今、闘病生活を描いた漫画「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー」が話題になっています。描いたのは北海道函館市に暮らす、たむらあやこさん(36)。痛みや苦しみ、辛いことこそ“笑い”に変えるのが彼女ならではの作風です。15年前、突然、神経の病気であるギラン・バレー症候群を患い、両手足の感覚を失ったたむらさん。「諦めて一番損をするのは自分だけだ」。そんな中でも、たむらさんは描くことだけは諦めませんでした。不自由も辛さも、描けば“笑い”に変わる。たむらあやこさんのブレイクスルー。http://www ...
    投稿: 2017/02/26 18:29、ギラン・バレー症候群患者の会
1 - 3 / 11 件の投稿を表示中 もっと見る »

最新のお役立ち情報

  • 足が動かなくても車を運転できます! いつでもどこでも使えるハンドコントロール。カバンに入る。自由も手に入る。取り付け工事不要、工具も使わずその場ですぐ簡単に脱着可能なため、 ディーラーでの試乗、旅行先でのレンタカー、車検や故障時の代車など、いつでもどこでも使えます。ホームページ http://nikodrive.jp/車椅子ユーザーにとって旅行先が広がるレンタカー事情とは?http://baria-free.jp/2017/04/21/handcontrol/
    投稿: 2017/07/02 8:53、ギラン・バレー症候群患者の会
1 - 1 / 1 件の投稿を表示中 もっと見る »