ソーシャル ディスタンシング 患者交流会

COVID-19の感染拡大による外出自粛で集会室が使用できなくなったため、代わりにオンラインイベントで患者交流会を行うことができないか、4月5月といろいろと試してまいりました。

今後も、世界的な COVID-19の感染状況によっては、外出自粛により集会室で患者交流会を行うことは難しい状況が度々発生すると予想されます。

4月5月の試行錯誤から学んだ結果、従来の患者交流会とは別に、新しくオンライン患者交流会を始めることになりました。

今後は、従来の集会室を利用した患者交流会が外出自粛や自然災害などで中止になっても、同じ内容の患者交流会をオンラインで開催することは行いません。

オンライン患者交流会は、少人数の対話の場として、1時間程度の交流会を休日の午後だけでなく、平日の朝や夜にも無料で開催します。時間が短い分、開催回数を増やして参加しやすくしたいと思います。

新しく始まるオンライン患者交流会は、初回が6月6日(土)、第2回が6月20日(土)に開催予定です。

6月6日(土)のオンライン患者交流会の詳細と参加申込

6月20日(土)のオンライン患者交流会の詳細と参加申込


ビデオ会議について詳しく知りたい方のために、ビデオ会議を上手く行うための参考記事をご紹介します。

効果的なリモート会議にするためのプラクティス - Effective Remote Meeting
https://iwashi.co/2020/03/27/Effective-Remote-Meeting

「そっち行って話す」オンライン会議はなぜ失敗する?



患者交流会とは?

周りの人に話しても分かってもらえないもやもやした気持ちや、患者や家族ならではの悩み事などを、似たような経験をした人とお話しする会です。

辛かったことや良かったことなど、感情を言葉で表して人に話すだけでも気が楽になります。

時々勘違いする人がいるのですが、感情を語ることは感情的になるのとは違います。 

最初のうちは戸惑うかもしれませんが、すぐに素直に気持ちが語れるようになり、他の人と気持ちを共有することができるようになります。

心が病んでしまうまで自分をほったらかしにせず、ぜひ患者交流会を心のケアに役立ててください。

人はそれぞれですが、似たような経験をした人の話しを聴くことで、自分らしい生き方に気がつくこともあります。

※医療相談やカウンセリングは行っておりません。



新型コロナウイルスについてお子さんにも分かりやすいパンフレットをご紹介します。

小冊子「新型コロナウイルスについて一緒に考えよう」(PDF版)

<内容>
①コロナウイルスってなに?
②どのような症状(しょうじょう)があるの?
③どうやって感染(かんせん)するの?
④感染(かんせん)をふせごう!
⑤ウイルスとたたかっている友だちや家族を応援(おうえん)しよう!

詳しくは、つぎのWebページを御覧ください。
http://www.smips.jp/KMS/2020/04/02/stop_corona_20200402/

余談ですが、緊急事態宣言やロックダウンについて、読売新聞が運営する女性向け掲示板「発言小町」に、ロックダウンが行われている都市での生活がうかがえる「海外在住ロックダウン談義」という話題が掲載されています。

日本では起きないと思いますが、先人に学ぶこともいろいろあると思います。

詳しくは、つぎのWebページを御覧ください。
https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2020/0329/943751.htm




患者や家族の交流会というと湿っぽいイメージがあるかもしれませんが、不安な気持ちだったが他の患者さんやご家族のお話しを聞いて安心した、来てお話したら楽しかったという感想をたくさんいただいています。

既に延べ400人近くの患者や家族の方が参加されています。GBSやCIDP、亜種の方もウェルカムです。

東京の患者交流会は、6月14日(日)、7月12日(日)に開催予定です。


6月14日(日)の患者交流会@東京の詳細と参加申込

7月12日(日)の患者交流会@東京の詳細と参加申込

沖縄の患者交流会は、GBSオキナワのLine公式アカウント( http://nav.cx/fi71JOn )からお問合せください。

新しく始まるオンライン患者交流会は、初回が6月6日(土)、第2回が6月20日(土)に開催予定です。

6月6日(土)のオンライン患者交流会の詳細と参加申込

6月20日(土)のオンライン患者交流会の詳細と参加申込

オンライン患者交流会は、全国どこからでも参加できます。



最新のお知らせ

  • ソーシャル ディスタンシング 患者交流会 COVID-19の感染拡大による外出自粛で集会室が使用できなくなったため、代わりにオンラインイベントで患者交流会を行うことができないか、4月5月といろいろと試してまいりました。今後も、世界的な COVID-19の感染状況によっては、外出自粛により集会室で患者交流会を行うことは難しい状況が度々発生すると予想されます。4月5月の試行錯誤から学んだ結果、従来の患者交流会とは別に、新しくオンライン患者交流会を始めることになりました。今後は、従来の集会室を利用した患者交流会が外出自粛や自然災害などで中止になっても、同じ内容の患者交流会をオンラインで開催することは行いません。オンライン患者交流会は、少人数の対話の場として ...
    投稿: 2020/05/24 7:25、Hajime Ueda
  • オンラインイベントへの参加方法(Google Meet) マイクやスピーカー、カメラを変更するイベントへの参加申込が受付けられると、イベントに参加するためのURL(会議のリンク)が送られてきます。オンラインイベントには、パソコンやスマホ、タブレットで参加できますが、画面が大きく見やすいパソコンでの参加を推奨します。ただし、古いパソコンではカメラやマイクが付属していないため動画の視聴はできてもビデオ会議には参加できないものがあるのでご注意ください。以下、パソコンの説明に続いて、スマホの説明をします。パソコンで参加する方法パソコンで参加される場合は、次のブラウザのいずれか一つを使用します。(ブラウザは最新バージョンをダウンロードしてご使用ください)Chrome ...
    投稿: 2020/05/27 12:45、Hajime Ueda
  • オンラインイベントへの参加方法(8x8 Video Meetings) どのような方が参加されているのか分からないと困りますので、必ず参加申込ページからお申込みください。参加申込された方には、当日参加するのに必要なパスコードをメールでお知らせします。オンラインイベントには、パソコンやスマホ、タブレットで参加できますが、アプリをインストールする必要があります。画面が大きく見やすいパソコンでの参加を推奨します。ただし、古いパソコンではカメラやマイクが付属していないため動画の視聴はできてもビデオ会議には参加できないものがあるのでご注意ください。今回のオンラインイベントでは、オープンソースソフトウェアの商用版である8x8 Video Meetingsを使用します。イベントに参加する前に ...
    投稿: 2020/05/22 8:37、Hajime Ueda
1 - 3 / 62 件の投稿を表示中 もっと見る »

最新のニュース

  • 千葉県野田市および周辺の方への難病患者のつどいのお知らせ
    投稿: 2020/02/05 4:05、Hajime Ueda
  • ギラン・バレー症候群、患者交流会が沖縄で始動 全国2カ所目 全国で毎年1500人発症も情報共有は十分でなく 琉球新報 2019年11月6日 15:54https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1021176.html県内でも始まったギラン・バレー症候群の患者交流会=10月27日、那覇市の県総合福祉センター  免疫システムが自分の末梢神経を誤って壊し、急速に筋力が低下するなどの症状が出るギラン・バレー症候群の患者交流会が沖縄県内で始まっている。全国で2カ所目。ギラン・バレー症候群患者の会(東京)の上田肇代表を招いて10月27日、那覇市の県総合福祉センターで交流会が開かれ、4人の患者とその家族などが、発症時の様子や発症後の暮らし方などについて語り合った。 国内では毎年1500~2000人が発症しているとされるが ...
    投稿: 2019/11/06 20:26、Hajime Ueda
  • 琉球新報に患者交流会@沖縄の取材記事が掲載されました。 琉球新報 2019年11月6日の紙面からなぜ交流会を行うのか、一般の人にも分かりやすく書かれています。患者交流会@沖縄を主催している山川さんへの連絡は、GBSオキナワの公式Lineアカウント( http://nav.cx/fi71JOn )からお願いします。
    投稿: 2019/11/06 0:27、Hajime Ueda
1 - 3 / 41 件の投稿を表示中 もっと見る »

最新のお役立ち情報(患者さん向け)

  • パソコンを視線で制御・入力することができます 手を使わなくても、視線の動きだけでパソコンを操作したり、キーボードの代わりに入力することができます。詳細は次の記事やマイクロソフト社のWebページをご覧ください。Windows 10が視線追跡デバイスによる入力をサポート https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1073909.htmlWindows 10の視線追跡操作は想像以上に快適http://ascii.jp/elem/000/001/535/1535831/目と目で通じ合う! Windows 10を視線誘導で操作するワザhttp ...
    投稿: 2018/02/27 8:17、ギラン・バレー症候群患者の会
  • 身体が不自由な人のQOL向上に役に立つスマートスピーカー 話題のAIスピーカー(スマートスピーカー)の1つ、Google Homeの日本語版が発売されました。Google Home / 公式 - 声で便利に、スマートスピーカー‎https://store.google.com/product/google_homeスマホが無くても、スマートスピーカーに話しかけるだけで、大抵の用は足りるようになりますが、さらに部屋の明かりやエアコン、TVなども音声でコントロールできるようになります。例えば、Philips Hue(ヒュー) ホワイトグラデーション スターターセット http://amzn ...
    投稿: 2017/10/27 20:38、ギラン・バレー症候群患者の会
  • 足が動かなくても車を運転できます! いつでもどこでも使えるハンドコントロール。カバンに入る。自由も手に入る。取り付け工事不要、工具も使わずその場ですぐ簡単に脱着可能なため、 ディーラーでの試乗、旅行先でのレンタカー、車検や故障時の代車など、いつでもどこでも使えます。ホームページ http://nikodrive.jp/車椅子ユーザーにとって旅行先が広がるレンタカー事情とは?http://baria-free.jp/2017/04/21/handcontrol/
    投稿: 2017/07/02 8:53、ギラン・バレー症候群患者の会
1 - 3 / 3 件の投稿を表示中 もっと見る »

最新のお役立ち情報(家族向け)

  • 口パクだけで声がでる補声器 ゼルボックス補声器は気管切開、声帯萎縮、呼気の弱り(肺活量の低下)、咽頭摘出などにより、声が出せなくなった人のための電子補声器です。喉に当てて、口パクするだけで、装置から声が出ます。口を動かして「あ」、「い」、「う」などの形を作る事ができれば、声帯、呼気(肺活量)を必要とせずに、誰でも声をだすことができる装置です。麻痺が酷くて口や下の動きが制限される場合は、使用が難しくなります。詳しくは、つぎのWebページをご覧ください。「ドイツ製 人工喉頭 ゼルボックス補声器」http://www.s-h ...
    投稿: 2017/10/06 21:48、ギラン・バレー症候群患者の会
  • 透明文字盤の作り方と使い方 透明文字盤を通して患者の目を見ると、視線でどの文字を指しているのかが分かります。指で指す文字盤よりも速く、ストレスの少ないコミュニケーションが取れます。上図は「感謝です! 介護のヒント」 http://394.a.la9.jp/Hint.htm より引用透明文字盤は、例えば、次のようなお店からすぐに購入することもできますが、大きなアクリル板の透明文字盤は使いやすいのですが、重くて腕が疲れやすいのが難点です。「透明文字盤 テンシル tencil」 http://www.tencil.ecweb.jp/次のようなOHPフィルムに印刷すると ...
    投稿: 2017/10/06 21:30、ギラン・バレー症候群患者の会
1 - 2 / 2 件の投稿を表示中 もっと見る »