11月の患者交流会は18日(日)に、12月は15日(土)に開催予定です。




最新のお知らせ

1 - 0 / 44 件の投稿を表示中 もっと見る »

最新のニュース

  • まさかの食べ物で大病になった女性 ザ!世界仰天ニュース 2018年10月 9日 ON AIR「まさかの食べ物で大病になった女性http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20181009_06.html日常に潜む危険。軽い気持ちで食べたある物で思わぬ病気を発症させてしまう事がある。東京都に住む、坂柚子華(ゆずか)さんはこの夏、そんな体験をした。柚子華さんは結婚2年目。幸せに暮らしていた。ところが3か月前のこと...柚子華さんが突然倒れた ...
    投稿: 2018/10/09 7:45、ギラン・バレー症候群患者の会
  • 訪問看護フェスティバル ーOnly Oneの看護 2018ー 都民の方や看護職の方等に、訪問看護の実際や重要性、その魅力を伝え、在宅療養を支える訪問看護の理解促進と人材確保を図るイベントです。ttp://www.tna.or.jp/index.php/for_tokyoites/care_support/festival/
    投稿: 2018/09/29 9:21、ギラン・バレー症候群患者の会
  • 「九死に一生」式守与之吉 土俵に戻る (日刊スポーツより)「九死に一生」式守与之吉 土俵に戻るhttps://www.nikkansports.com/battle/column/sumo/news/201809190000380.html幕内格行司の式守与之吉(49=宮城野)が、ギラン・バレー症候群を克服して土俵に戻ってくる。今年の初場所から5場所連続で休場中。秋場所の土俵には上がっていないが、事務方として国技館に出勤できるまでに回復した。「九死に一生を得ました。本場所は、九州場所から土俵に上がります」と声をはずませた。発症したのは、昨年12月8日の宮崎市巡業の朝。前夜から肩が上がらず ...
    投稿: 2018/09/20 3:16、ギラン・バレー症候群患者の会
1 - 3 / 32 件の投稿を表示中 もっと見る »

最新のお役立ち情報(患者さん向け)

  • パソコンを視線で制御・入力することができます 手を使わなくても、視線の動きだけでパソコンを操作したり、キーボードの代わりに入力することができます。詳細は次の記事やマイクロソフト社のWebページをご覧ください。Windows 10が視線追跡デバイスによる入力をサポート https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1073909.htmlWindows 10の視線追跡操作は想像以上に快適http://ascii.jp/elem/000/001/535/1535831/目と目で通じ合う! Windows 10を視線誘導で操作するワザhttp ...
    投稿: 2018/02/27 8:17、ギラン・バレー症候群患者の会
  • 身体が不自由な人のQOL向上に役に立つスマートスピーカー 話題のAIスピーカー(スマートスピーカー)の1つ、Google Homeの日本語版が発売されました。Google Home / 公式 - 声で便利に、スマートスピーカー‎https://store.google.com/product/google_homeスマホが無くても、スマートスピーカーに話しかけるだけで、大抵の用は足りるようになりますが、さらに部屋の明かりやエアコン、TVなども音声でコントロールできるようになります。例えば、Philips Hue(ヒュー) ホワイトグラデーション スターターセット http://amzn ...
    投稿: 2017/10/27 20:38、ギラン・バレー症候群患者の会
  • 足が動かなくても車を運転できます! いつでもどこでも使えるハンドコントロール。カバンに入る。自由も手に入る。取り付け工事不要、工具も使わずその場ですぐ簡単に脱着可能なため、 ディーラーでの試乗、旅行先でのレンタカー、車検や故障時の代車など、いつでもどこでも使えます。ホームページ http://nikodrive.jp/車椅子ユーザーにとって旅行先が広がるレンタカー事情とは?http://baria-free.jp/2017/04/21/handcontrol/
    投稿: 2017/07/02 8:53、ギラン・バレー症候群患者の会
1 - 3 / 3 件の投稿を表示中 もっと見る »

最新のお役立ち情報(家族向け)

  • 口パクだけで声がでる補声器 ゼルボックス補声器は気管切開、声帯萎縮、呼気の弱り(肺活量の低下)、咽頭摘出などにより、声が出せなくなった人のための電子補声器です。喉に当てて、口パクするだけで、装置から声が出ます。口を動かして「あ」、「い」、「う」などの形を作る事ができれば、声帯、呼気(肺活量)を必要とせずに、誰でも声をだすことができる装置です。麻痺が酷くて口や下の動きが制限される場合は、使用が難しくなります。詳しくは、つぎのWebページをご覧ください。「ドイツ製 人工喉頭 ゼルボックス補声器」http://www.s-h ...
    投稿: 2017/10/06 21:48、ギラン・バレー症候群患者の会
  • 透明文字盤の作り方と使い方 透明文字盤を通して患者の目を見ると、視線でどの文字を指しているのかが分かります。指で指す文字盤よりも速く、ストレスの少ないコミュニケーションが取れます。上図は「感謝です! 介護のヒント」 http://394.a.la9.jp/Hint.htm より引用透明文字盤は、例えば、次のようなお店からすぐに購入することもできますが、大きなアクリル板の透明文字盤は使いやすいのですが、重くて腕が疲れやすいのが難点です。「透明文字盤 テンシル tencil」 http://www.tencil.ecweb.jp/次のようなOHPフィルムに印刷すると ...
    投稿: 2017/10/06 21:30、ギラン・バレー症候群患者の会
1 - 2 / 2 件の投稿を表示中 もっと見る »