1139. Norte Rap

2010/05/21 17:47 に Brother P が投稿   [ 2010/05/23 7:22 に更新しました ]
最近国内でもようやく認知されてきたNorte Rap。
僕自身も全く詳しくは無いのですが、その音にやられた人間なので、Norte Rapのことを全く知らない方のために、知っている範囲で書いてみようと思います。
そもそもNorteとは何か?
という疑問があると思うのですが、NorteはCalifornia北部(特にSan Jose)中心に活動している赤をチームカラーとするChicano Gangです。逆にLos Angels中心に活動しているのがSurというChicano Gangで、両者間の対立はかなり激しいものだそうです。
位置はGoogle Mapを参照してください。(こういうときGoogle Mapって便利ですよね)
ちなみによくNorteがEneという言葉を使っています。Baby Boy Eneというアーティストもいますね。Eneというのは、「N」のスペイン語発音です。また、Norteは14をシンボル数字に挙げているのに対し、Surは13をシンボル数字に挙げています。NorteのCDの裏ジャケを見ていると、13曲目が無かったり、上からバッテンを書いていたりしているので、なかなか面白いです。
 

サンノゼ, CA

 
そもそもなぜNorteとSurとが分かれたかというと、1960年代後半のCaliforniaの刑務所において文化的に遅れをとっている北部のChicanoがLos Angels近辺のGangに迫害をうけていたことから、自分たちの身は自分
で守る、というある意味自衛組織のようなものを作ったことがきっかけだそうです。
音楽的にはSurとNorteは趣を異にしています。SurはどちらかというとDeath Row以降のG-Funkに影響を受けていて、その音の変遷もG-Rapと同じくしているのに対し、Norteは10年20年とあまり音がかわることなく、自分たちの主張を持った音作りを体現しているように思われます。NorteはSurにはない美意識と芸術性を持っていて、彼らによって作り出される音はとても中毒性が高いといえます。
Norteの大御所といえばSIr DynoとWoodieでしょう。
この二人は本当にすごいアーティストです。Sir Dynoは服役中、Woodieは残念ながら亡くなってしまいました。
Sir Dynoは楽曲を作るセンスが抜群です。特に初期~中期にかけての彼の音楽はすさまじいです。深さと美しさを兼ね備えています。僕のお気に入りの曲はこれ。Sir Dynoはいい曲がありすぎて困るくらいです。
 
残念ながらなくなってしまったWoodieはRapのSlillが鬼。Rapperとしては2Pacとかと同じくらい好きなレベル。もちろんトラックセンスも抜群です。Woodieはなんといってもこの曲でしょう。僕はこの曲がきっかけで一気にNorteが好きになりました。疾走感あふれるトラックにTightなWoodieのRapがパーフェクトにコラボレートした最強の一曲。Woodieはどのアルバムも内容いいです。
 
 
Norte Rapはかなり流通がわるいので、なかなか手に入れることが出来なかったのですが、最近ようやく比較的手に入りやすくなってきたようです。でも、最初は何を買えばいいかわからないですよね??そういう時はMIXをきくのが一番です。僕の知っている限りNorteオンリーでMixを出しているのはKJ氏です。KJ氏は全くNorteが知られていなかった頃から活動していて、これまで2作MIXを出しています。第1弾はDJ Beeとのコラボ作。Norteの名曲がふんだんに取り入れられています。僕がお勧めしたいのは彼のMIX第2弾、Nortern Cali Story です。選曲もMIXも素晴らしいです。Norteの中でも比較的聞きやすい曲が収録されていて、全く違和感なく聞けます。僕の周りでもこのMIXがきっかけでNorteにはまった人が何人もいます。このMIXは本当にお勧め。San Joseの鬼ラッパーTroublezのDropも入っています。ちなみにTroublezのThug Poetは買ったほうがいいですよ。
 
もうしばらくしたら新作も出るそうなので、楽しみですね!
 
 
Comments