H30年度全国大会のお知らせ

平成30年度 全国大会


日時:平成30年8月2日(木)9:00~

会場:杉並区立泉南中学校


提案者  東京都三鷹市立第五中学校 主任教諭    田 畑 圭 洋

研究協議 10:4511:35

指導助言 11:3512:00

     東京都三鷹市立第七中学校 校長      勝 野 能 光 先生

     全日本中学校長会生徒指導副部長

(昼食)

研究発表Ⅱ 13:0013:50

提案者  富山県中新川郡舟橋村立舟橋中学校臨任講師 上 田 恭 子

     (元東京都公立中学校教諭)

研究協議 14:0014:50

指導助言 14:5015:15

     東京都府中市立府中第五中学校 校長    酒 井  泰  先生

     東京都中学校校長会副会長


記念講演 15:2016:40

演題   (仮)「UDL 学びのユニバーサルデザインを活用した学級経営」

講師    早稲田大学教職大学院 教授  高橋あつ子 先生

      学校心理士、臨床心理士、特別支援教育士 スーパーバイザー

 

全国大会の申し込みは以下のページの申込書をFAXにて事務局まで



東京都中学校学年学級経営研究会は東京都の教員だけでなく誰でも参加できる研究団体です。ベテランから若手教員まで学年や学級経営について研修を行っています。(他県の教員の方も参加しています)

 毎回、若手の先生の参加が増えており、事例発表とディスカッションを通じて、学級経営のヒントが得られています。参加(参加費無料)されたい方は申込書を事務局宛てにFAXにてお送りください。



 第131回定例会終了

平成30年2月6日(火)13:30~

会 場  三鷹ネットワーク大学「教室A・B」

テーマ:予防教育的学級経営への挑戦(実践報告)

発表者   三鷹市立第五中学校   教諭 田畑 圭洋 先生

指導講評 稲城市立稲城第五中学校 校長 村木 尚生 先生

研究発表から

「まずは、全員が安心して学級にいられる環境を作りたいと思っています。

規律ある集団作りを一番に考えています。駄目なことは絶対ダメ、というスタンスを崩さない。

一回り目は、とにかく一日一日が精いっぱいで、何をやったかなんてほとんど覚えていません。

それほど薄っぺらことをやっていたんだろうな、とスライドを作りながら反省しました。

後で詳しく述べますが、それだけではだめだということに気が付きました。

もっと生徒を伸ばしてあげなければいけない。そのために何かしなければいけない。」・・・・

村木 尚生 先生からの指導・講評


130回定例会終了

平成29年11月16日(木)杉並区立阿佐ヶ谷中学校

テーマ:「特別支援学級の学級経営」~6年間で学んだ学級経営~

杉並区立阿佐ヶ谷中学校  教諭 齊藤 沙也香 先生

講師 杉並区立済美教育センター 指導教授 石井 良典 先生





平成28年度の活動

第128回定例会の研究発表の様子(平成29年2月7日 三鷹ネットワーク大学)

「QUを活用した学級経営」三鷹市立第五中学校 大森 拓 教諭





128回定例会の早稲田大学教授 高橋あつ子先生の講演(平成29年2月7日 三鷹ネットワーク大学)

学級経営に求められるもの」QU、ASESを活用した学級経営とその支援についてご指導いただきました。


「平成28年度全国大会」協議会の様子(8月2日杉並区立泉南中)

記念講演(杉並区教育委員会 教育長 井 出 隆 安 先生)

演題:「社会に開かれた教育課程」と学年・学級経営

















































 


サブページ (1): 130回 定例会から