FreeMat v4.0 日本語ドキュメントオペレーティングシステム関数

 

 ドキュメント目次

  • cd ワークディレクトリの変更
  • dir ファイルリストの表示
  • ls ファイルリストの表示
  • dirsep ディレクトリのセパレータを表示
  • pwd ワークディレクトリの表示
  • getpath 現在設定されているサーチパスの表示
  • setpath サーチパスの設定
  • rmdir ディレクトリの削除
  • fileparts ファイル名の一部分の抽出
  • delete ファイルの削除
  • copyfile ファイルのiコピー
  • system 外部プログラムのコール
  • mkdir ディレクトリの作成
  • fullfile フルパスの ファイル名の作成

---------------------------------------------------------------------------------------------
cd ワークディレクトリの変更
  [構文]
 cd('dirname')
 cd 'dirname'
 cd dirname

dirnameにはOSで使用されるディレクトリ名の文字列を使用してください。
”\\”etc.

 [例]

(1)

--> pwd

ans =

/home/basu/dev/trunk/FreeMat2/help/tmp

--> cd ..
--> pwd

ans =

/home/basu/dev/trunk/FreeMat2/help


(2)  文字列が定義された変数を使用

--> a = pwd;
--> cd(a)
--> pwd

ans =

/home/basu/dev/trunk/FreeMat2/help/tmp


---------------------------------------------------------------------------------------------
dir ファイルリストの表示

  [構文]
 dir
 dir('name')
 dir name
 result = dir('name')
nameには文字列をいれます。ワイルドカード(*など)も使用できます。

 [例]

(1)

--> dir
. .. Contents COPYING freemat.nsi
FreeMat.url origin uninst.exe
--> dir *.exe
uninst.exe

(2)

--> result = dir('*.exe')

result =
name: ['uninst.exe']
date: ['? 3 15 11:20:46 2011']
bytes: [62702]
isdir: [0]
--> who result
Variable Name Type Flags Size
result struct [1 1]
---------------------------------------------------------------------------------------------
ls ファイルリストの表示(詳細)

  [構文]
  ls('dirname1','dirname2',...,'dirnameN')
  ls 'dirname1' 'dirname2' ... 'dirnameN' 
  ls dirname1 dirname2 ... dirnameN
  (dirnameは文字列)




--------------------------------------------------------------------------------------------

dirsep ディレクトリのセパレータを表示

  [構文]
 y = dirsep

 [例]

--> y=dirsep

y =

\

---------------------------------------------------------------------------------------------pwd ワークディレクトリの表示

  [構文]
 y = pwd

 [例]

--> pwd

ans =

C:/Program Files/FreeMat3.5

---------------------------------------------------------------------------------------------
getpath 現在設定されているサーチパスの表示

  [構文]
 y = getpath

 [例]

(1)パスが設定されていない状態からパスを設定し、その確認を行う。

--> getpath

ans =
Empty array [1 0]
--> setpath('C:/Program Files/FreeMat3.5/origin')
--> getpath

ans =

C:/Program Files/FreeMat3.5/origin


---------------------------------------------------------------------------------------------
setpath サーチパスの設定

  [構文]
 setpath(y)
 yは文字列。

 [例]

(1)パスが設定されていない状態からパスを設定し、その確認を行う。

--> getpath

ans =
Empty array [1 0]
--> setpath('C:/Program Files/FreeMat3.5/origin')
--> getpath

ans =

C:/Program Files/FreeMat3.5/origin

---------------------------------------------------------------------------------------------
rmdir ディレクトリの削除

  [構文]

 rmdir('dirname')

 rmdir('dirname','s')

2行目は、ディレクトリ以下のファイルを全て削除する場合。 

 [例]
(1) ディレクトリtempの中には ファイルが存在しています。これを上記構文の2行目の方法

で削除します。コマンドの表示は理解のため一部簡略化(変更)しています。

--> ls

2007/10/13 14:40 <DIR> .
2007/10/13 14:40 <DIR> ..
2007/10/13 14:41 <DIR> temp

--> rmdir('temp')
--> ls

2007/10/13 14:40 <DIR> .
2007/10/13 14:40 <DIR> ..
2007/10/13 14:41 <DIR> temp

--> rmdir('temp','s')
--> ls

2007/10/13 14:42 <DIR> .
2007/10/13 14:42 <DIR> ..


--------------------------------------------------------------------------------------------
fileparts ファイル名の一部分の抽出

  [構文]
 [path,name,extension,version] = fileparts(filename)
filenameは文字列です。 

  [例]
--> dir
. .. aaa.txt
--> [path,name,extension,version]=fileparts('aaa.txt')
path =
 
.
 
name =
aaa
extension =
.txt
version =
Empty array [1 0]

---------------------------------------------------------------------------------------------
delete ファイルの削除
 
  [構文]
 delete('filename')
 delete filename 
 
  [例]
--> dir
. .. aaa.txt
--> delete('aaa.txt')
--> dir
. ..

---------------------------------------------------------------------------------------------
copyfile ファイルのコピー

  [構文]
 copyfile(file_in,file_out) % ファイルのコピー	
 copyfile(file_in,directory_out) % ファイルをディレクトリにコピー
 copyfile(dir_in,dir_out) % ディレクトリごとコピー
 copyfile(pattern,directory_out) % patternにワイルドカードをいれることが可能
 copyfile(arg1,arg2,'f') % 強制的にコピーは'f'オプション
 copyfile arg1 arg2 f % 同上
 
  [例]

--> ls

2007/10/13 22:57 <DIR> .
2007/10/13 22:57 <DIR> ..
2007/08/13 01:01 233 aaa.txt
2007/08/13 01:01 233 bbb.txt
2007/08/13 01:01 233 ccc.txt
2007/10/13 22:57 <DIR> temp2

--> copyfile('*.txt','temp2')
--> cd temp2
--> dir
. .. aaa.txt bbb.txt ccc.txt

---------------------------------------------------------------------------------------------
system 外部プログラムのコール

  [構文]
 y = system(cmd)
  [例]
(1) メモ帳を起動します(windows)
--> y = system('%SystemRoot%\system32\notepad.exe')

y =
Empty array [0 1]

---------------------------------------------------------------------------------------------
mkdir ディレクトリの作成

  [構文]
 mkdir('dirname')
 y = mkdir('dirname') %ディレクトリの作成に成功した場合’1’を返します
 mkdir('parentdir','dirname') % 
 
  [例] 

--> dir

. ..
--> pwd

ans =

C:/Program Files/FreeMat3.5/temp
--> mkdir('C:/Program Files/FreeMat3.5/temp','temp')

ans =

1
--> dir
. .. temp

--------------------------------------------------------------------------------------------
fulile フルパスのファイル名の作成

  [構文]
 x = fullfile(dir1,dir2,...,dirn,filename)
ディレクトリセパレータを使用してファイルのフルパスの文字列を作成します。 
 
  [例] 
--> fullfile('path','to','my','file.m')

ans =

path/to/my/file.m