FreeMat v4.0 日本語ドキュメント
デバック用コマンド

 

ドキュメント目次

  • dbauto  デバック機能の開始・停止
  • dbdelete  ブレークポイントの削除
  • dblist  ブレークポイントのリスト
  • dbstep  複数記述のステップ
  • dbstop  デバックの停止
  • fdump  ダンプ情報
  • dbup  デバックレベルの1つアップ
  • dbdown  デバックレベルの1つダウン

---------------------------------------------------------------------------------------------
dbauto デバック機能の開始・停止
 
  [構文] 
  dbauto(state)


stateは、’on’または’off’

stateが'on'の時には、エラーが発生しあるポイントで実行を停止させ、コマンドラインでの実行を可能にします。またtry-catch文のエラーはこの限りではありません。

---------------------------------------------------------------------------------------------
dbdelete ブレークポイントの削除

  [構文] 
  dbdelete(num)

numは削除するブレークポイントの番号です。
---------------------------------------------------------------------------------------------
dblist ブレークポイントのリスト

  [構文] 
  dblist

現在のブレークポイントをリスト化します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
dbstep 複数記述のステップ

  [構文] 
 dbstep(N)
 dbstep

Nは、デバックモード時にステップするステートメントの数です。Nを設定しない場合、1ステートメントのみステップします。
---------------------------------------------------------------------------------------------
dbstop デバックの停止

  [構文] 
 dbstop(funcname,linenumber)


funcnameはファイル名、linenumberは閲覧したいブレークポイントの行数です。

---------------------------------------------------------------------------------------------
fdump ダンプ情報

  [構文] 
 fdump fname


関数に関する情報をダンプ(対話的情報のみ)

----------------------------------------------------------
dbup デバックレベルの1つアップ

  [構文] 
 dbup
 
階層的なデバックレベルの1つアップ

----------------------------------------------------------
dbdown デバックレベルの1つダウン

  [構文] 
 dbdown
 
階層的なデバックレベルの1つダウン