1. この勉強会について


ニュルンベルク日本語研究会(フランケン勉強会)

Japanisch Lehren lernen!


ニュルンベルク周辺に暮らす日本語教師と、これから日本語教育に携わりたいと思っている人、日本語教育に興味のある人々が集まる勉強会です。 1年に6回開催されています。

勉強会の歴史は長く、1993年の秋より続いています。当時は、ドイツ人用の日本語教科書がまだ充実しておらず、教師同士で協力して教材を作ろうとしたのがきっかけです。現在は、公式には「Bildungszentrum Nürnberg(ニュルンベルク市民大学、通称BZ)の日本語講師研修」という目的のもと、会場の無料提供と活動費の支給を受け、BZの正式なプログラムとして開かれています。

勉強会では、メンバーに、日本語教育について発表してもらったり、日本語教育における悩みや疑問を話し合ったりしています。 勉強会の後は、みなで食事に行くなどして、交流を深めています。

日本語教師の経験のあるなしに関係なく、こういった勉強会に興味のある方、日本語でおもいきり話をしたい方、どなたでも参加いただけます。どうぞお気軽にお越しください。