ハンズオンデイ(2015)

7/4(土) ハンズオンデイ

GIS教育認定(GISCA)の対象講座となります。


ハンズオンセッション
9:00 受け付け開始
9:30 - 12:30 QGIS初級編
 - さわってみようQGIS

講習資料
演習データ
Cesium入門講習会


講習資料
PostGIS初級編
- 空間情報データベースを作ってみよう

講習資料
12:30 - 13:30 昼食休憩 
13:30 - 16:30 QGIS印刷編

講習資料
QGIS中級実践編

RでGIS

講習資料

セッション概要・ターゲット

QGIS初級編 - さわってみようQGIS

概要 初心者を対象として、GISを利用する上で必要な基本知識、データの表示等の基本操作について、QGISを利用して実習します。GIS(QGIS)でどのようなことができるのか、体験を交えて紹介します。
必要知識  PCの扱いについての基礎知識を必要とします。
事前準備 事前にQGIS2.8のインストールをお願いします。(QGIS インストール手順)
対象 民間企業社員, 地方自治体職員, 中学高校の教職員, 大学生にお勧めです。     
募集定員 20名
講師 道総研・環境科学研究センター 福田陽一朗氏

QGIS中級実践編

概要 日経ビッグデータに掲載された「ホッピーの店の場所が一目瞭然で行きやすい! 地図とデータを用いて営業支援の武器を作った」を北海道版にアレンジしてハンズオンを行います。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/bigdata/20150226/278030/?P=1
必要知識  QGISの基礎知識、操作経験を必要とします。

事前準備 ・事前にQGIS2.8のインストールをお願いします。(QGIS インストール手順)

・店舗データのサンプルを取得するのに下記準備もお願いします。
 1) Python2.xのインストール
 2) リクルートWEBサービスの新規登録を行いAPI キーを取得
 API keyの発行請求ページはこちらです - http://webservice.recruit.co.jp/index.html

 ※準備されている場合は、データ取得に関する操作を一緒に行っていただけます。
 ※準備されていない場合は、講師によるデータ取得操作の説明を聞いていただいた後、サンプルとして公開されているデータを使用します。

 リクルートWebサービスは、リクルートが保有するデータベースを外部から利用するためのWebAPIを一括提供するサービスです。
 サイト制作者の皆様は本サービス利用して、リクルートのコンテンツをアプリケーションに組み込んだり、情報サイトのコンテンツとして活用することができます。
対象 民間企業社員, 地方自治体職員, 中学高校の教職員, 大学生にお勧めです。 
募集定員 10名
講師 大友翔一氏

QGIS印刷編

概要 QGISの印刷機能である「コンポーザー機能」をじっくり勉強します。
拡大図と全体図の表示、一括PDF出力も扱う予定です。
必要知識  QGISの基礎知識、操作経験を必要とします。
事前準備 事前にQGIS2.8のインストールをお願いします。(QGIS インストール手順)
対象 民間企業社員, 地方自治体職員, 中学高校の教職員, 大学生にお勧めです。 
募集定員 20名
講師 北海道地図株式会社 朝日孝輔氏

Cesium入門講習会

概要 本ハンズオンではCesium入門として、KMLもしくはCZML形式のデータの表示を行います。
Cesiumはフリーで商用利用が可能なだけでなく、HTML5とWebGLで構成されているため、ハードウェアやブラウザによる制限が少ないという特徴があります。
2Dや3Dの全球マップを表示することができ、地理空間情報分野、環境科学分野など、様々な分野で活用されています。
必要知識  HTML、CSS、JavaScript
事前準備 GitHubアカウント及びGitHubクライアントソフト、テキストエディター
GitHubの準備についてはこちらのページを参考にして下さい
(
http://kawaidesu.hatenablog.com/entry/2014/06/28/092347)
対象 Google Earth APIから移行したい方
募集定員 10名
講師 伊能社中 海本卓矢氏

RでGIS

概要 Rは統計解析のためのフリーでオープンなプログラミング言語で、様々な空間統計解析のパッケージが利用できます。
本ハンズオンでは、Rで空間情報を扱うために必要な”sp”クラスの基礎と、GISデータのインポートから空間解析までの手順を解説します。
    必要知識  GISの基礎知識(座標系など)を必要とします。
事前準備 事前にQGIS2.8のインストールをお願いします。(QGIS インストール手順)
対象 空間統計解析に興味のある方、研究・ビジネスに活用したい方におすすめです。
募集定員 10名
講師 道総研・環境科学センター 濱原和広氏

PostGIS初級編 - 空間情報データベースを作ってみよう

概要 PostGISとは、空間データをPostgreSQLデータベースに格納しSQLで扱うための拡張機能です。
本ハンズオンではPostGISの説明とデータ作成、空間演算・結合の実習を行います。
また、PostGISに蓄積されたデータを活用するための周辺ソフトウェアの紹介を行います。
必要知識  GISの基礎知識(座標系など)、DBの基礎知識(基本的なSQLの理解)を必要とします。
事前準備 PostgreSQL+PostGIS(EnterpriseDB版)をインストールしてください。 インストール手順
QGIS(バージョン問わず)もインストールしてください。 (QGIS インストール手順)
対象 空間データを効率的に管理・処理・共有したい方にお勧めです。
募集定員 10名
講師 北海道地図株式会社 原田英夫氏

事前準備について

各ハンズオンで使用するソフトウェアの事前インストールをお願いします。
詳細については後日掲載いたします。
(当日はインターネット回線の混雑が予想されますので、事前のダウンロード・インストールをお願いします)
  • QGISのインストール手順はこちら[PDF]
  • PostGISのインストール手順はこちら[PDF]

持ち物

  • 上記「事前準備」に断りが無ければ、Windowsノートパソコン(Windows7以降を推奨)を各自でご用意下さい
  • 各種設定の変更、アプリケーションの追加・削除が必要な場合があります。「管理者権限」でPCが扱えるようにご準備下さい。
  • データをお渡しできるよう、USBポート(or DVDドライブ)が使えるようにご準備下さい。

費用・申し込み方法

  • 各セッション 4,000円です。
  • Digital北海道研究会、OSGeo日本支部の団体会員は2セッションまで無料で受講できます。
  • Digital北海道研究会の個人会員は無料で受講できます。
  • OSGeo日本支部の個人会員は無料で受講できます。(年会費は一般6,000円、学生3,000円)。
  • ハンズオン申込時にOSGeo日本支部へ入会できます(OSGeo個人会員の期間は当年4/1~翌年3/31)。

OSGeo日本支部の規約・申し込み方法はこちらを参照下さい→活動概要と入会のご案内


上記の内容、時間帯等は変更される場合があります。
募集定員は応募状況によって増減する場合があります。
予めご了承下さい。