キレイよりも美しい建築
 
「キレイ」と「美しい」
一見同じような意味にとらえられる二つの言葉ですが、ならばこの事務所では「美しい」建築を目指します。
工業製品で作り上げた近年の建築は引き渡された瞬間がもっとも「キレイ」で、その後は「ヨゴレ」ていくばかり。
日本の住宅の寿命が20年と世界でももっとも短いことと「キレイ」との関係。
 
一方「美しい」という言葉には成熟という時間軸を含めます。
化粧の「キレイ」は一瞬ですが、「美しさ」 は時間をかさねるほどに際だつもの。
化粧された材料よりはソリッドな素材を使ったほうが「美しい」建築が実現できるでしょう。
引き渡した瞬間から家族と共に生き、手を掛けていく住まい。
そんな作品を提供いたします。
 
家の記憶
 
家を新しくするときには希望がいっぱい。
現在住んでいる家の不満しか出てきません。
でも重機が入ってそれを解体するときにはなんとも寂しげな顔をする。
古い家で過ごした記憶が走馬灯のように思い出される瞬間です。
当事務所では建築を壊すという罪をしっかり認識したいと思います。
家の記憶をしっかりしるし、それを新しい建築に継承する。
「家の記憶」の継承こそが「街の記憶」を作り上げるのです。
 
すべてはクライアントのために
 
当事務所には営業活動はありません。
当事務所の活動をすべてクライアントのために費やす為です。