アダプター沼

とにかくアダプタを探すのが大変なんです。

これは、顕微鏡対物レンズマウント(RMSマウント)を、ツァイスの顕微鏡のダブテイルに変換するアダプタです。
真ん中のものは、それをさらにニコンFマウントにするアダプタが付いています。
真鍮削りだしでとにかく重いんですが、精度が高く、迷光を防ぐという点では非常に優れます。
特に、一番右のアダプターはオリフィスが仕込んであり、高コントラストを確保できます。
が、ツァイス顕微鏡ダブテイル―Fマウントアダプターは、自作しないと用意できません。


adapter1
Reichert Neupolar 100mm を Fマウントに変換しています。
Ihagee の顕微鏡撮影アダプタでレンズ胴を固定し、これをM40 にし、さらに M42 にして、ニコンFマウントにしています。

Reichert_Neupolar100
前の二つが、PM-MTob と呼ばれる、RMS マウントをオリンパス OM マウントにするアダプタです。

zuiko_macros


前列右から
ニコンエルニッコールリバースアダプター2種(引き伸ばしレンズエルニッコールを逆付けして L39 マウントに)
ニコンマルチフォト用 BR-15, BR-16(顕微鏡対物レンズマウントを、L39 マウントを介してニコン F バヨネットに)
ライツアリストフォト用アダプター4種(ライツズマール等のアリストフォトレンズを M40P0.75 のアリストフォトマウントに)
真ん中右から
ニコン BR-1(Bellows Nikkor 135mm の Sマウントをニコン F マウントに)
ニコン L→F アダプター(L マウントレンズを F に)
後列右から
ツァイスウルトラフォト用 RMS アダプター2種(顕微鏡対物レンズマウントをツァイス顕微鏡用ダブテイルに)
ニコンマルチフォト 135 サイズカメラアタッチメントの F→F リング(これは単なる F→F 延長リング)

adapters

2箱ある(1箱は完全にカオスと化している)ウチの一つ、常用です。
ホントに常用のものは、BR-16 + 足長の L39→F なんですが、これは基本的にいつもマルチフォトに付いてます。

adapters
重なっていてよく見えないんですが、すごくいっぱい詰まってます。
まだまだあやしいアダプタはいっぱいありますが、また次の機会に。