無機化合物‎ > ‎

塩化アンモニウムの結晶化

塩化アンモニウムの熱飽和水溶液を冷却すると、雪のように結晶が降り積もります。


NH4Cl

やけにフラクタルな堆積物。
フラスコを浮遊する小宇宙。

NH4Cl

塩化アンモニウムの熱飽和水溶液は過飽和になりやすく、放置すると人肌程度に温度が下がってから、樹枝状の結晶がバラバラ降ってきます。
雪が降るみたいで楽しいんですよ。
微細な結晶核が巻き上げられ、これが沈降時に成長して、天上から雪が降っているのを眺めているみたいで。
30分ぐらいは降っています。


これ、下にクリスマスっぽいチビオーナメントを用意して、これに降らせたら、売れるだろうなーって思ったりして。


塩化アンモニウムは天然にも出てきます。火山の噴気孔などにいっぱい昇華するらしいです。
Sal ammoniac(アンモンの塩)というのですが、水に溶け、ちょこっと吸湿性があるので、鉱物マニアには歓迎されません。
塩安として肥料用に大量に生産消費されます。硫安と同じで土壌を酸性にしちゃうんですけれども。
ガチガチに固まるので肥料としては使いづらいのかな。


立方晶、空間群 Pm3m で、樹枝状の結晶は、正八面体の頂点方向に大枝が向いています(大枝は6本)。
原点まわりの xyz 座標軸に小枝が生えてるって表現のほうがわかりやすいですかね?
nh4cl_3

crystal forest of NH4Cl (ammonium chloride)