Home‎ > ‎

FLP SIG info

The Common European Framework of Reference for Languages (CEFR) and European Language Portfolio (ELP) can be used in curriculum planning, assessment and other related language-teaching matters ranging from elementary school to university level. The Framework & Language Portfolio SIG (established within the Japan Association for Language Teaching see http://jalt.org/) wants to discuss these tools and their relevance for language education in Japan while carrying out projects and communicating the results. There is an emphasis on developing materials to support educators who would like to use these pedagogic tools. Our membership includes educators of several languages.

ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)とヨーロッパ言語ポートフォリオ(ELP)は、小学校から大学まで幅広く、カリキュラム設計、評価、また、他の言語教育に関連した様々な問題に用いることができる。フレームワークと言語ポートフォリオ研究部会(FLP SIG)は、こうした道具が日本の言語教育において、プロジェクトを実施し、その結果を共有していく上で、妥当であるかを議論するために、全国語学教育学会(JALT)において設立された(http://jalt.org/)FLP SIGは、これらの教育上の道具を利用したいと望む教育者を支援するための資料を開発することに力点を置いており、複数の言語における教育者から構成されている。

 

200811月設立以来のFLP SIGの活動

1日または2日に渡るセミナーが開かれ、CEFRELPの教室における使用について、自己評価、目標設定、内省などのトピックが取り上げられた。また、イギリスからトニー・グリーン氏を招いて、English Profile プロジェクト(現在ではプログラムと呼ばれている)についての講演会を開催した。

フォーラムや発表がJALTの全国大会(http://jalt.org/conference)において行われた。また、例えば、CUE、中山道、PAN-SIGなどの、他の国内における学会においても、発表やワークショップを主催した。

日本の大学で用いるための2言語表記の言語ポートフォリオを、大学の言語教育者向けのELPであるCercles ELPをもとに編纂し、公開した。

201011月に初めての出版物である『日本と諸外国におけるCan-Do評価-ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)の適用』が出版された(http://tinyurl.com/CDSLEJB

この本は23本の論文から構成されており、教育者が教室に持ち込める具体的な工夫や素材を提供することを目的として出版され、多くの論文がアクション・リサーチに焦点をあてたものとなっている。また他のいくつかの論文では、CEFRELP、能力記述文などの開発やその利用に関連した問題を扱っている。

 

Activities since our formation in November 2008 have included:

- Seminars held over one and two days with topics such as use of the CEFR and ELP in classrooms with sub-topics such as self-assessment/assessment, goal-setting and reflection. Other seminars have included with invited speakers from England (Tony Green on the topic of the English Profile programme)

- Forums and presentations at conferences at the JALT National conference (http://jalt.org/conference). We have also hosted presentations and workshops at other national conference (for example the CUE, Nakasendo and Pan-SIG conferences)

- Our members have compiled the bilingual Language Portfolio for Japanese University (publicly available, based on the Cercles ELP: an ELP for language education in universities)

- Our first publication in November 2010: Can do statements in language education in Japan and beyond - Applications of the CEFR - (see http://tinyurl.com/CDSLEJB)

23 papers: One aim of this publication is to give specific ideas and resources for educators to bring into classrooms. As a result many of the papers in this volume take on an action research focus. Several other papers seek to explain the development and issues regarding use of the CEFR, the ELP and can do statements

Future planned activities:

We will continue to hold seminars, forums and participate in conferences.

Research project- The development of a coherent language teaching system: integration of learning outcomes, teaching materials and assessment methods

This project is very much in the pre-planning stage and many details have to be negotiated and organized. It is anticipated participation in this possible project will be possible for educators from several of the languages that are taught in Japan.

今後の活動計画

◆学会に参加し、セミナーやフォーラムを引き続き開催する。

◆「一貫した言語教育システムの開発-学習結果、教材、評価方法の統合」をテーマとして、のプロジェクトの応募を検討している。

このプロジェクトは、まだ計画の前段階であり、詳細についての今後の検討が必要とされる。日本で教えているいくつかの言語における教育者のプロジェクトへの参加が期待されている。

Comments