新垣誠司のホームページ


浅海域の生物群集(主に魚類)を研究対象に、群集形成・維持機構、多種共存機構の解明に取り組んでいます。
特に、生物間相互作用と環境の異質・複雑性に着目しています。








お知らせ

  • 2016年度開講の公開臨海実習、受講生募集中 天草臨海実験所では、2016年度も「沿岸海洋生態系の環境と生物多様性」に関する公開臨海実習を4コース開講します。参加者希望の方、ご質問のある方は、遠慮なくご連絡ください。生態コース: 2016年8月16〜23日(学部生対象)申込〆切2016年6月末 国際コース: 2016年8月23〜27日(大学院生対象)申込〆切2016年6月末 SCESAPコース: 2016年8月16〜27日(SCESAPメンバー対象) 基礎コース: 2017年3月8〜15日(学部生対象)申込〆切2017年1月末  ポスターもご覧になれます。
    投稿: 2016/04/11 18:43、Seiji Arakaki
  • ヒラスズキに関する論文が受理・公開されました ヒラスズキLateolabrax latusに関する論文が、Coastal Ecosystemsに受理され、公開されました。ヒラスズキに対するバイオロギング研究の実現可能性を検討し、地域個体群サイズの概算を試みた内容です。雑誌のサイト( http://www.scesap.org/ce2014on.html )からPDFで入手可能です。
    投稿: 2016/02/03 17:42、Seiji Arakaki
  • 2015年度 公開臨海実習の参加者募集 2015年度・天草臨海実験所公開臨海実習の日程が決まりました。A 生態学コース(学部2年生以上) 2015年8月27日〜9月3日 B 国際コース(院生) 2015年9月3日〜9月7日 C 基礎コース(学部1年生以上) 2016年3月6日〜3月12日 ただいま、参加者募集中です。興味のある方はメールでお問い合わせください。
    投稿: 2015/04/12 23:19、Seiji Arakaki
  • 2015年春・公開臨海実習の参加者募集中 2015年春に開講の公開臨海実習の参加者を募集中です。募集要項や詳細について、メールでの問い合わせも受け付けています。興味のある方はご連絡ください。 場所:九州大学理学部附属天草臨海実験所 期間:2015年3月3日-10日 対象:学部生以上 申込〆切:2015年1月29日
    投稿: 2015/01/12 16:33、Seiji Arakaki
  • ヒラスズキの摂餌生態に関する論文が公開されました ヒラスズキLateolabrax latusの摂餌生態に関する論文が、Coastal Ecosystemsに受理され、オンラインで公開されました。http://www.scesap.org/journal.html
    投稿: 2014/12/17 17:17、Seiji Arakaki
1 - 5 / 22 件の投稿を表示中 もっと見る »


私たちの周りにはさまざまな環境があり、それぞれに特有の生物が棲んでいます。
そんな多種多様な生物たちの成り立ちについて、もっと深く知ることができたらと思います。

Since 2011. Copyright ©ArakakiSeiji. All rights reserved.
サブページ (1): お知らせ