ごあいさつ


    南区シニアクラブ連合会のホームページをご覧の皆様に、一言ご挨拶を申し上げます。私たち連合会は、福岡県福岡市南区にありまして、平成31年3月現在、25校区、169の単位老人クラブ、約7800名のクラブ会員で構成されています。

 発足しましたのは昭和47年で、福岡市が政令指定都市になった年です。今年で47年目を迎えます。老人クラブの三大運動であります「健康・友愛・奉仕」を大きな柱として、会員の皆さんと一緒になって、色々の事業や活動に取り組んでいます。

 福岡市も65歳以上の占める割合は21.4%と高齢化が進み、私たち老人クラブは、高齢者の暮らしを支える受け皿として取り組んでいるのですが、クラブ数、会員数ともに年々減少を続け、大きな課題となっています。

 「何とかせないかんバイ」ということで、総会や運営委員会に諮り、老人クラブの活動などを広く情報発信し、会員相互の交流を図ることで、活性化を目指そうと、「手作りのホームページ」に取り組むことになりました。

 1年目の平成22年度は目次づくりを、2年目の平成23年度は老人クラブの情報を収集し、九州産業大学・情報科学部・稲永健太郎先生のご支援をいただいて、平成24年4月に開設に至った次第です。

 今年で8年目を迎えます。子供に例えれば、中学2年生です。早いものですね。これまで、皆様に親しんでいただけるよう、掲載内容の更新をしてまいりましたが、まだまだでございます。これからも掲載内容の充実に努めてまいりますので、掲載を希望される、地域の情報などがありましたら、どうぞ、お気軽に、ご連絡下さいませ。 

 また、平成27年度からは、ビデオ動画をフェイスブックで紹介しておりますので、どうぞご覧ください。昨年度は、2作品がテレビ(JCOM111チャンネル)で放映されました。ビデオ取材をご希望される方は、校区シニア連を通して、ご連絡くださいませ。お待ちしております。

                         平成31年4月吉日

                             南区シニアクラブ連合会 会長 森山 忠明