国際女性デーにフランス女性作曲家を聴く

ルイーズ・ファランクとポリーヌ・ヴィアルドの作品から〜

Pour la journée internationale des femmes
Deux  compositrices françaises 
         
 Louise Farrenc et Pauline Viardot

共催:日仏会館フランス事務所
         知られざる女性作曲家&小林緑カンパニー

後援:日仏音楽協会
         独立行政法人国立女性教育会館


Madame Pauline Viardot

2014年3月8日(土) 
14:00 – 18:00   
東京恵比寿・日仏会館ホール
Samedi 8 mars 2014 14:00 – 18:00
Maison Franco- Japonaise Auditorium  


入場料:一般1500円 ,会員1000円, 学生1000円

大盛況のうちに終了しました。photos
ご来場いただき、本当にありがとうございました。

Au Japonを演奏してみたい方のために:
楽譜の入手先はパリコンセルヴァトワールのメディアテーク・Catalogueのところで
Viardot  Japon  と入力するとPDFファイル公開にたどりつけます。こちらからどうぞ


Org. : Société franco-japonaise des études sur les femmes (SFJEF)

Co-org. :Bureau français de la Maison franco-japonaise, Compagnie Midori Kobayashi & la cause des compositrices méconnues 

Avec le concours de: Société franco-japonaise de musique、NWEC(National Women’sEducation Center)

Entrée: 1500 yen pour adulte, 1000 yen pour les membres de la Maison franco-japonaise et de la SFJEF et les étudiants 

Inscription : MFJ

日仏女性研究学会は毎年3月に、日仏会館フランス事務所の共催を得て、国際女性デーにちなんだイベントを開催してきました。今年はこれまでとは少し趣向を変えて、コンサートを企画しました。19世紀フランス音楽界に凛と輝く二人の女性作曲家、ルイーズ・ファランクLouise Farrenc(1804-1875)とポリーヌ・ヴィアルドPauline Viardot(1821-1910)の作品を取りあげます。ピアノ曲やアンサンブル、独唱曲とともに、ジャポニスムの影響を受けた珍しいパントマイム音楽も紹介します。コンサートに先立ち、同時代のフランスの女性たちやこの二人の作曲家をめぐるプレ・トークもお楽しみ下さい。







A l'occasion de la journée internationale des femmes, nous organisons chaque année avec le bureau français de la Maison Franco-Japonaise, une manifestaion pour la cause des femmes. Nous proposons pour la prochaine fête des femmes, un concert, ce qui constitue  une réelle nouveauté. Il sera consacré à deux brillantes compositrices françaises du 19ème siècle, Louise Farrence(1804-1875) et Pauline Viardot(1821-1910), et sera précédé de deux communications, l'une portant sur les femmes de l'époque,  l'autre sur la présentation de ces deux compositrices.

サブページ (1): photos