★患者さんと家族のための宿泊施設「ファミリーハウスあおもり」★

利用料金を改定しました。(平成27年4月1日~)

HOME

ファミリーハウスあおもりは、遠くから青森県立中央病院へ通院・入院する患者さんや、入院患者の付き添いを希望するご家族のための宿泊施設です。
 総合周産期等待機宿泊施設整備事業として県から補助を受け、NPO法人青森地域再生コモンズが平成24年7月より運営を開始いたしました。
 患者さんやご家族が、遠方より来院する際の様々な負担を軽減し、安心して受診・出産・入院・付き添い等を出来る環境を整えるため、県病近くの公舎の一部を利活用し宿泊施設となっています。

◎総合周産期等待機宿泊施設整備事業
 総合周産期母子医療センターを有する青森県立中央病院では、県内各地の高リスク妊婦や低出生体重児が治療を受けており、遠隔地から通院する者も多いことから、患者や家族の身体的、心理的及び経済的な負担の軽減が課題となっています。
 そこで、県病の周辺地域に位置する県の遊休施設を利活用して、民間事業者による低額の宿泊施設事業を試行的に運用することとし、事業者に対し、待機宿泊施設の整備及び運営に係る経費の補助を行うものです。



平成24年7月26日
・開所式(オープニングセレモニー)
  
テープカット







中央 : 三村申吾 青森県知事
右    : 青森県立中央病院 安保 副院長
左    : NPO法人青森地域再生コモンズ 川嶋 代表理事

NPO法人 青森地域再生コモンズ