1-8-4-5. 両生類名 (Amphibia)

1-8-4-5. 両生類名 (Amphibia) (階層の全リスト)

  • タイプ: 末端ノード
  • 上位クラス: 生物名
  • 典型中心語: 両生類
  • 定義: 両生類の動物の名前。
  • 注意事項 :
  • 属性:

属性 (属性数: 25)

属性値の例

頻度

%

属性値の代表的なENE

無尾目, 有尾目, 無足目Apoda(または裸蛇(らだ)目Gymnophiona)

50

98.0

 

アオガエル科, イモリ科, サンショウウオ科

45

88.2

両生類名

体長

10~14センチ, 20センチメートル前後, 60センチメートル内外

45

88.2

長さ

背面の色

オリーブ色, 黄を帯びた褐色, 灰白色

39

76.5

色名

生息環境

流水付近にある林の中の地面, 渓流の岩の上, 山間部

36

70.6

 

種類

カエル, サンショウウオ, イモリ

35

68.6

両生類名

背面の斑の色・形状

暗紫色の大形斑紋(はんもん) , 微小な黄斑(おうはん), 逆三角形の黒斑(こくはん)

30

58.8

 

世界の分布地

西ヨーロッパ全域, 極地や砂漠を除く全世界, ブラジル

29

56.9

大陸地域名, 国名

日本の分布地

本州, 東北、北陸地方, 奄美(あまみ)大島

25

49.0

国内地域名

腹面の色

橙黄(とうこう)色, 黄白色と暗褐色のまだら模様, 紫を帯びた黄色

22

43.1

色名

産卵場所

水田周辺の溝や池, 水草の間, 水辺の倒木や石の下の浅いくぼみ

22

43.1

 

卵の形状

コイル状に巻いた卵嚢(らんのう), アケビ形, 小さく不定形

20

39.2

 

産卵数

1000個以上, 300~500個, 140個内外

20

39.2

自然物数_その他

産卵期

冬から春, 3~6月, 夏季

19

37.3

日付表現

身体的特徴

ずんぐりした体形, 体は細長く、尾は頭胴部より長い, 頭部は比較的小さく扁平

17

33.3

 

卵径

2.5ミリメートル, 8~10ミリ, 約4ミリメートル

16

31.4

長さ

えさ

小動物, トカゲ, カエル

13

25.5

生物名

別名

アシナシイモリ, ハダカヘビ, ヨーロッパイモリ

13

25.5

両生類名

種数

4属約30種, 4科約170種, 二亜種

12

23.5

動物数

条の色・形状

3本の赤い縦条, 細い黄色背中線, 放射状の金線

11

21.6

 

下位の種

ヒキガエル, チビサイレン, トラフサンショウウオ

11

21.6

両生類名

近縁種・亜種

トノサマガエル, カスミサンショウウオ, アカハライモリ

9

17.6

両生類名

卵の色

黄白色, 黒色, 白濁

7

13.7

色名

鳴き声

大きく、変化に富み、笑い声に似ている, 多数の音節からなり、きわめて長い, 美しい

7

13.7

 

腹面の斑の色・形状

不規則な大形暗色斑, 小黒斑, やや淡色で不規則斑

6

11.8

 

 

属性設定データ数: 51

主要属性: 「目」 「科」 「体長」 「背面の色」 「生息環境」 「種類」 「背面の斑の色・形状」 「世界の分布地」

 

  • 具体例:

判定

具体例

サンショウウオ,   ツノガエル,   イボイモリ,   トウキョウダルマガエル,   アンヒューマ,   おたまじゃくし

×

 

 

Comments