集団知の創発メカニズムの物理

2013年度から3年間、「実験経済物理学による社会的学習と集団知の創発過程の解明」という研究課題が科研費:挑戦的萌芽研究の種目で採択されました。このサイトは、本課題で実施する実験の説明、被験者情報、データを公開するために2013年7月2日に作成したものです。
Topics:
1.一般知識の二択クイズを用いた情報カスケード実験:実験の手順とデータアーカイブ(統計数里研究所共同研究リポート311 経済物理とその周辺(10), pp.1-12(2014).)、同:データ解析(統計数里研究所共同研究リポート332 経済物理とその周辺(11), pp.54-65(2015).),データの保管場所

2.壺の 2 択クイズの情報カスケード実験:実験の手順とデータアーカイブ(統計数理研究所共同研究リポート360 経済物理とその周辺(12),pp87-92(2016).)、データの保管場所

Papers:
1. Collective adoption of Max-Min strategy in an information cascade voting experiment
S.Mori, M. Hisakado and T. Takahashi, J. Phys. Soc. Jpn. 82 (2013) 084004-084013.

2. Information cascade, Kirman's ant colony model, and kinetic Ising model
M. Hisakado and S.Mori, Physica A417(2015)63-75

3.Finite-size scaling analysis of binary stochastic processes and universality classes of information cascade phase transition
S.Mori and M.Hisakado, J. Phys. Soc. Jpn. 84,No.5,054001-054013(2015)

4. Interactive restless mauti-armed bandit game and swarm intelligence effect
S.Yoshida, M.Hisakad and S.Mori, New Generation Computing,vol.34,No.3(2016)291-306.
日本語訳「非定常多腕バンディットゲームと集合知効果」(特集論文「ネットワークが創発する知能」人工知能学会誌).

5.Detection of non-self-correcting nature in information cascade
S.Mori, M.Hino, M.Hisakado and T.Takahashi, Proceedings of ECCS2014,1-10(2016).

6.Correlation function for generalized Polya urns: Finite-size scaling analysis
S.Mori and M.Hisakado, Phys.Rev.E92(2015)052112-052121.

7. Information cascade on networks
M.Hisakado and S.Mori, Physica A450,570-584(2016).

8. Detection of phase transition in generalized Polya urn in Information cascade experiment
M. Hino, Y. Irie, M. Hisakado, T. Takahashi, S.Mori, J.Phys.Soc.Jpn.85,No.3,034002-034013(2016).