Everythingの使い方

Everythingの使い方についての基本手引き。



Everythingの検索ウィンドウは次の部品から構成されています:

メニュー
メニューにはファイル、編集、表示、検索、ブックマーク、ツール、ヘルプといったEverything検索ウィンドウ用の命令が含まれています。

検索エディットボックス
ファイルやフォルダを特定する為に、部分的なファイル名を入力します。
完全な検索構文については検索の項を参照して下さい。
基本的な検索構文はEverything内のヘルプメニューから表示させる事が出来ます。

検索結果の見出し
見出しカラム(項目)の何れかをクリックすれば、そのカラムでソート(並び替え)させる事が出来ます。同じカラムを再度クリックすればソートする方向を逆順にする事が出来ます。
別のカラムを表示させたり非表示にしたりするにはカラムを右クリックします。

検索結果リスト
検索結果内のアイテムをダブルクリックするか、選択してEnterキーを押せばそのアイテムを開きます。
アイテムは他のプログラムに対してドラッグ&ドロップする事が出来ます
アイテムを右クリックすればそのアイテム用に実行出来るアクションのリストが表示されます。

ステータスバー
Everythingの現在の状態と、現在の検索オプションを表示します。
ステータスバーを右クリックすれば検索オプションを変更する事が出来ます。
表示されている検索オプションをダブルクリックすればそれを無効に出来ます。


Everything検索ウィンドウを表示

検索ウィンドウを表示するには以下の方法があります:
通常、Everythingは一つの検索ウィンドウだけしか使用しません。


最近変更されたファイルを簡単に見つけたり、リアルタイムでファイルシステムの変更を監視する

例えば、当日に変更されたファイルやフォルダを検索するには次の様にします:

rc:today

検索結果リストの何も無い所で右クリックして、メニューからソート→改新日時をクリックすればリアルタイムでファイルシステムに加えられた変更を見る事が出来ます。

詳細な情報は改新履歴を参照して下さい。


頻繁に実行するファイルを開く

検索エディットボックスでEnterキーを押せば、結果リスト内で一番実行回数が多いファイルにフォーカスが移ります。
実行回数を自分で設定するにはファイルやフォルダを右クリックしてメニューから"実行回数の設定..."を選択します。
詳細な情報は実行履歴を参照して下さい。

実行回数でソートするには検索結果リスト内の何も無い場所で右クリックして、メニューからソート→実行回数を選択して下さい。


検索結果を書き出し

検索結果はCSV、TXT、EFUファイル形式で書き出す事が出来ます。
検索結果をエクスポートするには、ファイルメニューから書き出しを選択します。
全てのファイルサイズや日付、属性をエクスポートするには以下の通りにします:
  • 検索結果を全て選択
  • ファイルメニューから"拡張情報の読込"を選択
    (この作業には数分掛かる場合があります...)
  • ファイルメニューから書き出しを選択


フィルタ

Everythingでのフィルタとは、音楽やビデオファイルのようなファイル種別を事前に定義しておいた検索のことを指します。
フィルタを選択するには、検索メニューからフィルタを選択します。選択されたフィルタはメイン画面最下端のステータスバー内に表示されます。また、そのステータスバー内に表示されているフィルタをダブルクリックしてそれを無効化する事も出来ます
検索ボックスの横にフィルタを簡単に選択できるドロップボックスを表示するには表示メニューからフィルタを選択します。
詳細な情報はフィルタのカスタマイズの項を参照して下さい。


ブックマーク

現在の検索、フィルタ、ソート、索引等の情報を後で簡単に復元できるようにブックマークとして保存します。
詳細情報はブックマークを参照して下さい。


ウェブブラウザからEverythingにアクセス

携帯電話(スマートフォン)や他のデバイスからあなたのPC内のファイルにアクセスする為に、Everything内部でウェブサーバーを起動させる事が出来ます。
詳細はHTTPサーバー参照。


別のコンピューターからEverythingにアクセス

別のコンピューターからあなたのPC内のファイルにアクセスする為に、Everyting内部でETPサーバーを起動させる事が出来ます。
詳細はETPサーバー参照。


フォントや色を変更

Everythingオプション設定で検索結果リストのフォントと色を自由に変更出来ます。
フォントや色のカスタマイズについてはEverything.iniを参照して下さい。


外部ファイルマネージャ

フォルダを特定のファイルマネージャで開きたい場合は外部ファイルマネージャの項を参照して下さい。


キーボードショートカット

既存のキーボードショートカットのリストはキーボードショートカットにあります。
詳細な情報についてはキーボードショートカットのカスタマイズを参照して下さい。


インデックス作業

ローカルNTFSボリュームや特定のフォルダ、ファイルリストをインデックス(索引)に含める事が出来ます。
詳細はインデックス作業の項を参照して下さい。


ファイルリスト

NAS、CD、DVD、Blu-rayのような外部メディア上にあるファイルのスナップショットを作成して、索引内に含める事が出来ます。
ファイルリストを構築したり、中身を表示させたい場合はツールメニューからファイルリストエディタ...を選択して下さい。
詳細はファイルリストの項を参照。


オプション

Everythingのインストールやユーザーインターフェース、検索ホームページ、検索設定、検索結果の表示方法、検索結果の外観、右クリックメニュー、フォントと色、検索・実行履歴、NTFSボリュームやフォルダの索引付け、ファイルリスト、ファイルやフォルダの除外、ETP/HTTPサーバー等の設定のカスタマイズを行います。
詳細はオプションの項を参照して下さい。

Everythingの終了

Everythingのメイン検索ウィンドウを閉じても、デフォルトではバックグラウンドで実行が継続されます。
完全にEverythingを終了させるには、ファイルメニューから終了を選択するか、Everythingトレイアイコンを右クリックしてメニューから終了を選択します。
オプション→インターフェースのバックグラウンドで実行のチェックを外す事でEverything検索ウィンドウを閉じれば即座に終了するようにする事も出来ます。


参照

Comments