研究会‎ > ‎

第34回 研究会 (new!) ミニ・シンポ 「Brexitにかかわる法的問題」

一橋EU法研究会 

ミニ・シンポ「Brexitにかかわる法的問題」

2019720日(土)9時~19

場所 一橋大学(国立)東キャンパス第3研究館3階共用会議室

9時 主旨説明 

910分~950分 中西優美子(一橋大学大学院法学研究科教授)

Brexitをめぐる法的諸問題」(仮)

950分~1030分 木村ひとみ(大妻女子大学社会情報学部准教授)

「イギリスのEU離脱(Brexit)EU・イギリス環境法への影響」

1040分~1120分 佐藤智恵(明治大学法学部准教授)

BrexitEU締結の国際条約に与える効果―漁業・海洋環境保護法を例として」(仮)

1120分~12時 上田廣美(亜細亜大学教授)

EU法上の開業の自由の原則とBrexit

 

1310分~1350分  伊永大輔(広島修道大学法学部教授)

「競争法分野におけるBrexitの影響―英国におけるカルテル規制・市場的地位の濫用規制を中心に」(仮)

1350分~1430分 小畑徳彦(流通科学大学教授)

Brexit後のEUと英国の企業結合規制」

1440分~1520分 丸山真弘(電力中央研究所スタッフ副研究参事)

「電気事業に対するBrexitの影響―アイルランドとの関係、電力取引、原子力の位置付けー」(仮)

1520分~16時 加納昌彦(一橋大学大学院国際企業戦略研究科博士後期課程)

「英国の離脱とEUの著作権法制」(仮)

1610分~1650分 パネル・ディスカッション

17時~19時 特別セミナー 講演(英語)

“From Miller to Wightman: Brexit as a judicial challenge to articulate different levels of normativity”

Edoard Stoppioni (マックス・プランク研究所ルクセンブルク上級研究員)

 

司会 カール・レンツ(Karl F. Lenz) 青山学院大学教授


事前登録は必要ありませんが、人数把握のために参加希望者はご連絡ください。

連絡先 中西優美子(一橋大学) yumiko.nakanishiアットマークr.hit-u.ac.jp