Top‎ > ‎

学位論文・修士論文題目


◆学位論文

2018年度
  • 青年期前・中期における文化的・体育的行事体験の発達的意義および影響プロセスの検討―集団社会化理論の視座から―
2016年度
  • 尊敬関連感情の生起要因と社会的機能の検討 ―現代日本の大学生を主たる対象として―
  • 認知的感情制御と精神的健康の関連及びその調整要因の検討 ―基礎研究及び感情労働研究からのアプローチ― 
2015年度
  • Individual differences in personality stability and change across the life course: With focus on differential susceptibility.(ライフコースにおけるパーソナリティの変化と安定性の個人差の検討:被影響性の観点に着目して)
◆修士論文

    2018年度
    • 青年期中期に於ける物の使用と人との関係性に係る心理学的研究
    • ASD児の養育者に対するアタッチメントとその形成過程に関する質的検討
    • 在日留学生へのソーシャル・サポートと異文化適応への影響
    2017年度
    • 青年期前期における情緒的援助要請の短期的アウトカムの検討
    • 幼少期の子どもに対する親の対他的感情制御方略の個人差要因と発達的影響の検討
    • 文章による障害者への態度変容の検討
    • 内的作業モデルが表情と言葉の不一致メッセージの評価に及ぼす影響
    • 小学校における教師-児童関係が子どもの社会情緒的発達に与える影響
    • 不登校からの立ち直り過程におけるサポート校の意義と限界の検討
    • 「人気者」と知覚される個人における攻撃行動といじめとの関連
    • 親の期待と子どもの心理的自立の関係
2016年度
  • 道徳的価値観が社会的行動及び感情に与える影響 ―道徳基盤理論と社会的動機付け理論の観点からの検討―
  • 親密な二者関係におけるアタッチメントとケアギビングの相互作用 ―恋愛関係及び育児期夫婦関係における心理的諸問題に対する影響
  • ミッションスクールにおける価値の社会化をめぐる事例研究 ―実践共同体の参加者の視座から―
  • 養育者の「乳児の心」への注目に関する短期縦断的検討 ―乳児の心的状態への言及の適切性の変化に着目して―
  • 防衛的悲観主義が精神的健康に与える負の影響についての再考
  • 日本における女性同性カップルの子育てに関する事例研究 ―2組4名の主観的な経験の語りから―
  • Cultural Homelessnessの生起・収束過程の質的検討 ―Cross-Cultural Identityとしての「帰国子女」ラベルの機能にも着目して―
  • 青年期及び若年成人期におけるアタッチメントと探索行動の関連 ―ストレス条件下での検討―
  • Other-oriented hopeの生起要因と行為傾向 ―対象との関係性に着目して―
  • 小学校4年生におけるICTを活用した効果的な指導方法について ―授業観察による心理学的考察―
2015年度
  • 育児に伴う日本の文化特性が生み出す,在日中国人・フィリピン人母の育児困難感
  • 生きがいの視点から見た早期離職とその後のライフコース選択 ―自己語りの質的検討
  • 子をもたないという選択・不妊治療を受けるという選択をめぐる女性の生涯発達
2014年度
  • イルネス・アンサーテンティとの関連からみた小児慢性疾患経験者の将来展望
  • Storm and Stressに関する包括的検討 ―ライフヒストリー理論の視座から
2013年度
  • 幼児における連濁の獲得過程 ―複合名詞産出課題による検討―
  • 現代アタッチメント理論における Compulsive Caregiving の位置づけ
  • 教室における感情的文化の構成 ―児童期後期の子どもの感情特性に着目した検討
  • 個人の立ち直りのアウトカムを捉えたレジリエンス概念の再考 ―回復と成長に着目して―
  • 保育における省察の効果 ―ビデオの振り返りを用いたアクションリサーチによる検証
  • メタステレオタイプが親和・援助行動に及ぼす影響 ―偏見,集団同一視に着目して―
2012年度
    • 中年期の「二重の危機」を契機とする生涯発達的変化 ―アタッチメント理論からの再考―
    • 新生成人期におけるパーソナリティの成長 ―パーソナリティの変化のしやすさに着目して―
    • 青年期前・中期における学校行事体験の発達的意義 ―大学生の回顧的意味づけを通した心理学的検討―
    • 当事者視点から見た不登校の立ち直りのプロセス ―新しいかたちの支援を模索して―
    • 尊敬情感の概念構造と行為傾向の検討 ―「自己ピグマリオン過程」の情動的基盤を探る―
2011年度
    • 前言語期乳児の情動表出に関する母親の調律的応答 ―応答パターン及びその個人差要因の検討―
    • 看護師における患者との関わりに起因する否定的感情経験の制御と心理的ストレスの関係 ―認知的な方略に焦点を当てて―
    • 若年成人先天性心疾患患者が抱える心理的問題と彼らが描く将来展望
    • 家族内の食と身体をめぐる発話と子どもの食信念及び食行動の関連
    • 虐待不安を抱く母親の心理的メカニズムの検討
2010年度
    • 男性顔の魅力規定因に関する研究 ―表情・視線方向との交絡も含めて―