ETCカードを作るには? ETCカードを作る完全ガイド

審査なしのETCカードとは

ETCカードは高速道路においてETCを利用する時に必要なカードです。ETCカードはクレジットカードの一種でもあり、クレジットのカード会社が同時に発行している事も多々あります。ですからもしクレジットカードをすでに持っていてETCカードも作りたいときは、同じ会社で作ると審査なしで作る事が可能となります。ただしクレジットカードでの支払いが滞っていない事が大切です。

またクレジット機能が付いたカードは年会費が無料のものや年会費がかかってもその分特典が付くなど種類は様々です。例えば買い物でポイントがついたり、ガソリン代の割引やロードサービスが付くといったタイプがあります。

クレジット機能がついていないETCカードもあります。こちらは先にお金を入金しておくタイプのカードです。クレジットではないので審査なしでカードを持つ事ができますが、年会費がかかる事が多いそうです。しかし法人など企業での使用となると、専用の割引カードがあり、昼間や夜間の割引が付く事があります。審査がない分、こちらは比較的持ちやすいカードなのではないでしょうか。審査なしでカードを作りたいときは種類を検討してみるとよいのではないでしょうか。

審査なしでも発行してもらえるETCカード

ETCカードの多くは、クレジットカードと一体化しています。基本はクレジットカードですが、ETC機能もついているという具合です。そのため申し込みをすると、審査がおこなわれます。クレジットカードを使ったカードショッピングは、借りたお金で買い物をするのと同じですから、後日返済が必要になります。つまり返済能力がある人でなければクレジットカードの契約はできず、それを調べるための審査は必要不可欠なのです。

しかし中には、審査なしで発行してもらえるETCカードもあります。高速道路会社が発行しているETCカードです。これは、クレジットカードと一体化していません。純粋にETC機能のみがついているカードなのです。クレジット機能がついていないので利用に返済能力は必要なく、そのため審査なしでの発行となっているのです。ただし、デポジットと呼ばれている保証金を預けておくことが必要です。有料道路の利用料が支払えなくなった場合でも、保証金を預けておけば、そこから支払いがなされます。ある意味保証金は、審査の代わりだと言えます。保証金によって必ず支払いがおこなわれるため、審査をせずとも信用してもらえるわけです。収入証明書の提出など審査のための手間がかからず、申し込み後すぐに発行してもらえるため、その手軽さから審査なしのETCカードは人気があります。

ETCカードを確実に作る方法

ETCカードにはクレジットカードとの一体型カードと、ETCシステム(高速道路での料金収受システム)でのみ利用できるETC専用カードがあります。ETC専用カードはETC走行のための機能だけを有するもので、ショッピングやキャッシングなどのクレジット機能は付いていません。専用カードではありますが、そもそもETCカードはクレジットカードの追加カードですので、申し込んだ際にはクレジットカードとETC専用カードの2枚を合わせて所有することになります。

ETCカードは持ちたいけれど、紛失や盗難が怖いのでクレジットカードは持ちたくないという方は、ETC専用カードを発行の申し込みを行ない、同時に発行されたクレジットカードのほうは絶対に落としたり紛失しない場所に保管するとか、ハサミを入れて使用できないようにするという方法はいかがでしょうか。こうしておけば、普段車を運転する際は、専用カードだけ持ち歩くことになって、安心です。
各種クレジットカードでETC専用カードは発行可能ですが、カード会社によって年会費が必要なカードと不要なカードがあります。クレジット機能を必要とせず、単にETC走行のみのためにカードを持つのでしたら、年会費不要のカードを申し込むのがお得ではないでしょうか。このほか、カード会社によって家族会員用カードなど追加カードが可能だったり、利用ポイントが貯まったりするなど特長も様々ですので、よく検討してみてください。


2つのETCカード

ETCカードとは、ETCシステムを利用して有料道路を通行した際に料金を精算するためのカードのことで、料金決済に必要な情報がインプットされています。その種類には、クレジットカード会社が発行するETCカードと、有料道路事業者が発行するETCコーポレートカードの二つがあります。

前者の場合は申し込むにあたり独自の審査が行われますが、現在有効となるクレジットカードを持っている人が、同一のクレジットカード会社にこのカードの発行を申し込んだ場合は、問題なく発行されることが多いです。また、このカードは原則的にクレジットカード(親カード)に付帯して発行されるものなので、ETC以外での使用はできないことがほとんどです。ETC車載器を所有していなくてもカードを申し込むことは可能ですが、有料道路を通行することの多い人は、このカードを所持していると便利です。

料金の請求は通常のクレジットカードと同様にカード名義人に対して明細書が送付され、指定口座から引き落とされることとなります。このカードは走行前に車載器に確実に差込み、車を降りる際に抜き取るようにしますが、料金所直前に差し込むと誤作動やデータ消失の危険があるので注意が必要です。即日発行のETCカードに興味があるという場合は、インターネットで検索してみると良いでしょう。「即日発行ETCカード」「即日発行クレジットカード」などのキーワードで調べれば、さまざまなサービスについて知ることができるでしょう。


コスモ・ザ・カードとは


コスモ・ザ・カードとは、コスモ石油のクレジットカードです。年会費無料のものが主流となっており、イオンクレジットサービスとの提携カードにもなっています。イオンカードキャンペーンなどもありますが車をお持ちの方には、こちらをオススメします。コスモ・ザ・カードには種類があり、年会費無料でときめきポイントを貯める事ができるコスモ・ザ・カード・オーバスや、年会費525円でガソリンマイレージを貯める事が可能なコスモ・ザ・カード・ハウスというカードがあり、その上のランクのものには、トリプルカードというものが存在し、年会費は1312円となっています。

合計3種類のカードがあるので、申し込みをする際には、どのカードが良いのかを選んでから申し込みをする事が可能ですが、特徴はそのカードの使い方が違うという所です。オーバスカードの場合には、エコカードの場合にのみ500円預ける事になり、ショッピングなどにも使う事が可能で、同時に別でETCカードの発行もされます。ハウスカードの場合には、エコカードの場合に別で500円預ける事になる事は変わらないのですが、コスモ石油サービスステーションで利用ができる事になっています。

希望をすればETCカードを無料発行してもらう事は可能なので、手数料などは取られないです。全てのカードに共通する会員特典は、ガソリンや灯油、軽油を会員価格で買える事となっており、入会特典に関しても3つ共同じものになっています。入会特典は50リットルまでを1リットル10円で購入する事が可能で、これは入会後、最大3ヶ月間有効です。