英語口頭発表賞ホーム

Go to English Homehttps://sites.google.com/site/esj61engpresenawarden/


2014.4.4  ESJ62も英語口頭発表賞セクションを設けます.詳しくは順次以下のホームページに更新されます.

https://sites.google.com/site/esj62engpresenawardjp/


発表当日の予定です.



ゲストスピーカー一覧です.




2014.01.19 英語口頭発表賞セクションで発表予定の方へ(ゲスト講演者も含む)

重要な手続きの締切が二つ,2月4日に迫っていますので,以下のファイルをよく読み,手続きに不備のないよう,よろしくおねがいいたします

http://homepage.ntu.edu.tw/~tksmiki/ESJ_data/abst_deadline_final.docx



皆さん英語口頭発表賞に関心を寄せていただきありがとうございます.

ESJ61では,英語口頭発表賞を設け審査を実施します.賞の目的は,大会における英語による研究発表を振興し,留学生や国外からの参加者との議論の場をより多く作ることです.特に若手研究者のコミュニケーション能力と国際的情報発信力を高める機会を増やすことを重視しています.発表時間は,通常の口頭発表と同じく15分となります(12分発表+3分の質疑応答).

(2013年12月23日)
英語口頭発表賞のスケジュールが公開されました.ゲスト講演が七件あります.


より詳しい情報は,以下の英語ページをご覧ください

以下が発表編成のまとめです.



また,最新の情報もこのホームページに随時掲載されますので,興味のある方は定期的にチェックください.みなさまのご応募を心からお待ちしております.また,応募なさらない方も,英語セッションを盛り上げていくために,英語発表の会場に是非お越しいただきますよう,どうぞよろしくおねがいいたします.



参加される方は「応募条件」についてご確認後,「応募ページ」から7月31日までにメールで申し込んで下さい。

締切が早く設定されているのは,発表編成の調整に時間がかかることが見込まれているためですので,みなさまのご協力のほどよろしくお願いいたします.応募時点での発表タイトルや発表概要はあくまで発表編成のために使うため,仮のものでも構いません.

(2013年9月18日)
英語口頭発表賞はおかげさまで50件を超える応募を頂きました.皆様のご応募どうもありがとうございました.依然,仮のものではございますが55件の発表を英語口頭発表賞の対象として受理いたしましたので,詳しくは以下のページをご覧ください.




英語口頭発表賞WG(辻和希・久米篤・松浦健二・久米朋宣・田中健太・藤井一至・松木佐和子・三木健
ホームページ管理:三木健

サブページ (1): 受賞者一覧(NEW)