1/29(木)マルチステークホルダーダイアログ

2015/01/12 18:23 に 中部 epo が投稿   [ 2015/01/25 17:37 に更新しました ]
開催案内━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           1/29(木) マルチステークホルダー(MSH) ダイアログ
                   ~「本気」でつくるサスティナブルな社会~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    昨年11月に行われたESDユネスコ世界会議。その閉会会合で愛知県内の小中学生が
 世界に向けたメッセージを読み上げ、会場内に感動の渦が広がりました。
         
     「私たちは本気です。大人の皆さんも、本気になってESDに取り組んでください。」

  今年度3回目となるMSHダイアログのコンセプトは、「大人が『本気』」になる」。
  キーワードは、「サステナブルビジネス」と「ESD」。
 「経済」と「教育」、2つの領域から、持続可能な社会に向けての「事業化」を模索します。

  内  容 : 14:00~14:15 オリエンテーション           
         14:15~16:45   マルチステークホルダーダイアログ

  ■Table1 「サステナブルであるための指標を示す…協働の価値」     
                ▼地域では様々な地域資源を活用したサスティナブルな取り組みが実践されている。
        しかし、その取り組みが「いかに持続可能な社会づくり」に影響力を及ぼしているか
                  把握するすべがない。このことは、多くの人々の共感性を高めることや、地域全体
        での包括的な取り組みへの発展を阻んでいる。社会的に価値ある事業をいかに
        地域に根付かせるか。市民の理解と共感を得るか。そのための手段として「協働」
        を使うことができる。
[出演者]
        ●協働取組事業者
                  竹平政男氏(越の国自然エネルギー推進協議会会長)
                  本田恭子氏(環境教育ネットワークとやまエコひろば代表)
        吉岡  久氏(一般社団法人若狭高浜観光協会 事務局長)
                  米川浩司氏(高浜町役場 主査)
        永田秀和氏(NPO法人中部リサイクル運動市民の会 代表理事)他
        ●出演者
                  老田優介氏(富山県生活環境文化部環境政策課 主事)
                  新  広昭氏(石川県環境部 次長兼温暖化・里山対策室長)
                  三国千秋氏(北陸大学孔子学院学院長)                  
                  吉川守秋氏(NPO法人エコプランふくい 事務局長)
                  土橋佳久氏(福井県安全環境部環境政策課環境計画推進グループ 主任)
                  宮島和雄氏(一般社団法人長野県環境保全協会 専務理事)
                  丸山一博氏(長野県環境部環境政策課企画経理係 担当係長)
                  神田浩史氏(NPO法人泉京・垂井副代表理事)
                  市来  圭氏(NPO法人ぎふNPOセンターフェロー)
                  三矢勝司氏(名古屋工業大学コミュニティ創成教育研究センター 特任助教)
                  寺西慶徳氏(名古屋市環境局環境企画部環境企画課 係長)
                  平沼辰雄氏(愛知中小企業家同友会会長)
                  大西光夫氏(特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ)
                  内田郁夫氏(三重県環境生活部地球温暖化対策課環境評価・活動班副参事兼班長)
        矢口芳枝氏(四日市大学エネルギー環境教育研究会事務局長)他
               

  ■Table2 「プロボノの可能性に迫る…社会感度の高い企業人を育む」    
                ▼サスティナブルな社会を作るためには、「斬新な発想」と「積み重ねた経験」の
        コラボレーションによる新たな社会価値の創造が必要になる。狭い枠や既存の
        組織に存在するだけでは、その可能性を狭めてしまう。プロボノはその壁を超える
        「策」である。企業の視点から見ると、自社社員の「生きた研修」の場となり、会社の
        財産である人材創出となる。NPOの視点から見ると「足りないものが補完」され、
        社会影響力を増すことができる。行き詰った社会、経済、組織だからこそ、「この
        可能性」に迫る。
 [出演者]
                   戸成司朗氏(NPO法人中部プロボノセンター 代表/住友理工株式会社 CSR・社会貢献室長)          
                  間瀬康文氏(ブラザー工業株式会社 コーポレートコミュニケーション部
                         グローバルブランドグループ企画管理 チーム・マネージャー)
         興膳健太氏(NPO法人メタセコイヤの森の仲間たち代表理事)                  
         戸枝陽基氏(社会福祉法人むそう 理事長)
         嵯峨生馬氏(NPO法人サービスグラント代表理事) 
         村田元夫氏(株式会社ピー・エス・サポート代表取締役)
                   岩崎雅之氏(環境パートナーシップ・CLUB総合事務局 部長)
                   山田厚志氏(株式会社山田組代表取締役)
                   鳥原久資氏(株式会社マルワ代表取締役)
                   鈴木修一郎氏(株式会社ウェイストボックス代表取締役)
                   他

 ■Table3  「社会を変革する教育…ESDを実践するしくみ」           
                ▼2014年11月にESDユネスコ世界会議が開催された。2005年 から始まった国連
        ESD10年の成果の共有及び今後の展開について、世界でESDに取り組む人々
        による議論が交わされた。本地域においても、この動向を追い風に、学校と地域の
                  連携による学校教育においてESD授業実践、地域主体のESDの理解促進が進んだ。
        この成果を他地域に展開、継続するための地域におけるESD実践を進める体制
        づくりが求められる。いかにESD実践を支える地域基盤を形成するか、について
        対話を重ねる。
                [出演者]
                  鈴木克徳氏(金沢大学環境保全センター長・教授)
                  今井尚子氏(敦賀気比高等学校付属中学校中学部主任)
                  渡辺隆一氏(信州大学特任教授)
                  小川美鈴氏(岐阜県環境生活部環境生活政策課政策企画係課長補佐係長)
        小林由紀子氏(NPO法人e-plus生涯学習研究所代表理事)
                  服部易弘氏(名古屋市立八熊小学校)
                  大村邦仁氏(名古屋市立八熊小学校)
                  千頭  聡氏(日本福祉大学教授)
                  川原田真弓氏(名古屋市環境局環境企画部 主幹(環境教育))
                  大鹿聖公氏(愛知教育大学准教授 なごや環境大学実行委員)
                  寺田卓二氏(四日市自然保護推進委員会)
                  寺本豊氏(学校法人津田学園小学校校長) 他

             17:00~17:45 全体会…各ダイアログの共有時間
             17:45~18:00 まとめ                 

 申込み・詳細≫                        
       環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)   
                〒460-0003                            
                名古屋市中区錦2-4-3 錦パークビル4F           
                TEL:052-218-8605 FAX:052-218-8606           
                E-Mail:office@epo-chubu.jp                  

----参加申込フォーム (→ 記入の上 office@epo-chubu.jp へメールを送信)---

氏名(ふりがな) :                               
所属(ふりがな) :                               
部署・役職    :                               
ご住所   : 〒    

ご連絡先 : TEL
          FAX
          E-mail
参加を希望するTable : (参加希望以外を消して下さい)   
                 Table 1
                 Table 2
                 Table 3
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------                            



Comments