動物分子遺伝学研究室では,遺伝子,あるいは染色体の機能や構造の制御,ゲノムの安定性や可塑性に重要な役割を果たしているエピジェネティクスという機構について研究しています.遺伝子操作を施したマウスや多能性幹細胞を用いて,遺伝学的手法,発生工学的手法,細胞生物学的手法,分子生物学的手法などを駆使した解析を行い,エピジェネティクスの分子機構を理解したいと考えています.




大学院生および当研究室で実施するための研究課題を学術振興会(PD)に応募していただける方を募集しています.