TOP

大阪市立大学 環境化学研究室のページです。

お知らせ

2018年5月28日

5月13日から18日、SETAC Romeに参加してきました。
5月22日から25日は環境化学討論会(沖縄)に参加してきました。
研究成果を発表するとともに、様々な研究者と貴重な議論の機会が得られました。



2018年4月9日
新四回生3名が研究室に加わりました。



2018年3月22日

松浦君、吉村君が修士課程を修了しました。また鹿野君が学士課程を卒業しました。
おめでとうございます。無事に修論・卒論が完成できて、何よりです。めでたい!



2018年1月26日

修士2年松浦雄之介君の研究結果がEnvironmental Science & Technology誌に原著論文として受理されました。

"Characterizing Sorption and Permeation Properties of Membrane Filters Used for Aquatic Integrative Passive Samplers"
Environ. Sci. Technol.
DOI: 10.1021/acs.est.7b05144

水相パッシブサンプリングにはPESフィルターよりPTFEフィルターのほうが適している、ということが豊富な実験データにより示されています。おめでとう!



2017年11月21日
 熊本大学・中田晴彦先生のご協力の下、八代海に底質採取に行きました。


熊大の皆様、ご協力ありがとうございました。遠藤研の皆様、お疲れ様でした。



2017年6月9日
 環境化学研究室の松浦雄之介君(M2)が第26回環境化学討論会で優秀発表賞を受賞しました。

 発表題:パッシブサンプラー用メンブレンフィルターにおける有機化学物質透過挙動の測定とモデリング


環境化学討論会では環境化学研究室から4件の発表を行いました。

第26回環境化学討論会ホームページ
日本環境化学会ホームページ


2017年6月3日

 パッシブサンプリングを用いた底質汚染調査法に関する論文が国際誌Chemosphereに受理されました。 
"Comparing polyethylene and polyoxymethylene passive samplers for measuring sediment porewater concentrations of polychlorinated biphenyls: Mutual validation and possible correction by polymer-polymer partition experiment"
Satoshi Endo, Yoshinori Yabuki, Shuhei Tanaka


2017年4月11日

鹿野耀平君(B4)が環境化学研究室のメンバーに加わりました。