エンタテインメントコンピューティング演習のページです。徐々に加筆していく予定です。

GC53502  エンタテインメントコンピューティング演習
標準履修年次: 3・4年    創成( 専門・選択 ・2 単位) 工シス(自由2単位)
星野准一(jhoshino@esys.tsukuba.ac.jp)

授業概要
映像・音響メディア技術,VR・デバイス技術,ロボット技術,人工知能技術などを活用したエンタテインメントや情報メディアのデザインプロセス(コンセプトデザイン,システムデザイン,評価,分析・改善)を体験する.
ゲーム作品やインタラクティブなアニメーション作品の企画・制作や一般公開なども重視します。
制作期間は各人のスケジュールに合わせて調整することができます。
希望者には、作品コンテストの出展プロセス(文化庁メディア芸術祭、学生CGコンテスト、キッズデザイン賞、おもちゃ大賞など)や、研究会などの学会発表もサポートします。エンタテインメント、コンテンツ分野の就職に関心のある人は、就職一般に関するアドバイスや、エントリーシートの描き方なども相談可能です。

単位取得の条件
春Cの終了時までに制作物に関して3ページ程度のレポートの提出によって単位を認定します。

履修
追加履修も受けて付けていますので相談して下さい。

相談日
水曜5限(不在の週もあるので事前にメールで確認して下さい)


最終レポートの構成
3ページ以上のレポートに次のような内容を記載して春Cの試験日前までに提出して下さい。
・目的(どのような体験者(ユーザ)を想定して、何を体験して貰うか)
・従来研究・作品(これまでにどのような試みが行われているか)
・システム概要(今回制作したシステムやコンテンツの概要、基本構成、特徴、手法など)
・制作結果(制作してみてどうだったか)