SRネット茨城について

地域のパートナーシップを拓くSRネット茨城』(略称:SRネット茨城)は、茨城県内の組織の社会的責任(Social Responsibility=SR)の向上や地域貢献活動を、企業・労働組合・経済団体・NPOの関係者が連携して行っていく団体です。


目的

企業・労働組合・経済団体・NPOの関係者が集い、組織の社会的責任や地域貢献に関するそれぞれの活動に関する情報を交換できる場を設けることで、それぞれの活動のレベルアップと、地域の課題解決に向けた相互の連携と活動の発展を促し、組織や地域の価値を高めていくことを目的とする。


メンバー

茨城県内に事業所を持つ企業・労働福祉団体・経済団体で、CSRや地域連携に関わる人、ならびにNPOで、企業・労働福祉団体・経済団体などとの連携やSRに興味を持つ人(組織または個人の登録制とする)。


現在の中心メンバー


活動内容

1. 例会の開催

社会的責任(SR)について理解を深める場。地域にある様々な問題を解決するために、各ステークホルダーが具体的にどう関われるかを考える機会として、毎回テーマを決めて開催する。講師によるレクチャーやケース・スタディをこれまで中心に行い、SRネットで掘り下げていくテーマや方法を探り、研究や実践につなげていきました。

テーマ

2. 活動・団体情報の収集・提供
  • データベースを中心とした県内NPO情報の企業・労働組合への提供
  • 企業・労働組合のSR活動情報の収集とNPOへの提供
  • 活動に役立つ資料、制度に関する情報収集と提供

3. 啓発事業
  • CSRセミナー(茨城NPOフォーラムと連動させる)
  • 例会記録をまとめたSR対応冊子の編集、配布
  • 各組織への出前講座(CSR入門講座、NPOと連携した事業企画など)

4. 連携事業の具体化

例会での討議やメンバーの提案を踏まえて、監事会が起案しメンバーに呼びかけ実践する。現在の中心的な連携事業は茨城初のフードバンク設立準備に向けた活動
Comments