Home

東京大学 大学院薬学系研究科 衛生化学教室のWebページへようこそ!

トピックス
  • 薬学部水上運動会で5連覇!ワンツーフィニッシュ!(161224) 去る10月31日に戸田公園で開催された薬学部水上運動会で衛生化学教室が見事優勝・準優勝を勝ち取り、5連覇&ワンツーフィニッシュの快挙を成し遂げました。   毎年、平日を1日つぶして、薬学部の各研究室が意地とプライドをかけたボートレースを行う水上運動会。今年も衛生科学教室からは男子艇3艇・女子艇1艇の計4艇が出場しました。去年、無念にも予選最下位に甘んじた女子艇は、その反省を生かし、なんと予選を一位で通過。予選で体力を使い果たしてしまい入賞は逃しましたが、メンバーは「来年への手応えつかんだ」と早くも来年へ向けての気合は抜群のようでした。   男子艇は例年通り3艇全艇が予選を軽々通過、さらに2艇が決勝戦へ進出しました ...
    投稿: 2016/12/24 1:29、衛生化学
  • 第89回日本生化学会大会で博士1年の植松黎君と修士1年の野口大心君が若手優秀発表賞を受賞!(161004) 9月25-27日に仙台国際センター/東北大学で開催された第89回日本生化学会大会で、博士1年の植松黎君、修士1年の野口大心君が若手優秀発表賞を受賞しました!短い発表時間の中で、簡潔かつ印象に残るプレゼンテーションをしたことが今回の受賞に繋がったのではないかと考えています。両名の優秀賞の受賞は、日々向上心を持って切磋琢磨する衛生化学の学生の充実ぶりを示しています。以下に発表演題と内容を記載します。D1 植松 黎演題 「細胞質DNAセンサーSTINGの遺伝性変異に起因する炎症応答恒常活性化機構の解析」内容:自己免疫疾患"SAVI"におけるSTINGの恒常活性化機構を解析し、STINGのパルミトイル化を抑制することによる炎症応答の抑制を報告 ...
    投稿: 2016/10/03 21:58、衛生化学
  • 第15回次世代を担うファーマバイオフォーラム2016で修士二年の斎藤友理さん、修士一年の田中悠貴君、野口大心君が優秀発表賞を受賞!(161004) 9月10-11日に大阪大学で行われたファーマバイオフォーラム2016で、修士二年の斎藤友理さん、修士一年の田中悠貴君、野口大心君が優秀発表賞を受賞しました!彼らの発表が博士課程の学生にも負けず劣らず、修士ながらも高い評価を勝ち得たことが伺えます。以上3名の優秀賞の受賞は、彼らの研究成果はもちろんのこと、日々の研究生活で育んでいる、秀でたディスカッション能力・プレゼンテーション能力が高く評価された結果であると考えています。以下に発表演題と内容を記載します。M2 斎藤 友理演題 「高度不飽和脂肪酸(PUFA)欠損培養細胞の作製」内容:細胞の培養条件を検討し、PUFA含有リン脂質を含まない細胞を作製したM1 ...
    投稿: 2016/10/03 18:58、衛生化学
  • 検見川運動会でサッカー4連覇!(160611) 6月11日に行われた2016年度の検見川運動会のサッカーで、衛生化学教室が見事優勝を飾り、4連覇を達成しました! 初戦、2回戦と順調に勝ち進んだ衛生でしたが、準決勝の基礎有機化学教室戦は中盤での潰し合いが続き、終盤まで0-0でもつれましたが、M2徳丸君が自ら得たPKを蹴り込み、激戦を制しました!決勝戦の薬品代謝学教室戦では、疲労から足をつる人が続発し、ベンチの選手がほぼ全員出場する総力戦となりましたが、薬品代謝学教室の猛攻を乗り切り、見事2-1で勝利しました。これで検見川運動会では4連覇です!来年はサッカーの5連覇と、ソフトボールでの優勝を目指します!
    投稿: 2016/06/29 21:27、衛生化学
  • 細胞質DNA応答分子STINGの活性化機構を解明!(160627) "Activation of STING requires palmitoylation at the Golgi" Kojiro Mukai, Hiroyasu Konno, Tatsuya Akiba, Takefumi Uemura, Satoshi Waguri, Toshihide Kobayashi, Glen N. Barber, Hiroyuki Arai*, Tomohiko Taguchi* * : co-corresponding author ...
    投稿: 2016/06/27 2:09、衛生化学
1 - 5 / 70 件の投稿を表示中 もっと見る »