相続税とは~初めての相続税~ 武蔵野、杉並区、三鷹市 小松原会計事務所    期限内申告のメリットを享受しましょう

相続税とは、「一人の人間の、死による税金の最終決算」とも言われます。故人がその生涯において、
所得税や法人税等では納めることのなかった部分について、その人生の最後に補い精算する税金という意味です。
 
  2013年9月10日 火曜 
相続税の申告納付は、相続財産を遺した人(被相続人)の死亡の日から10ヶ月以内です。相続人の話し合いとか忙しさに紛れて期限が迫っているのに気づかないことがままあります。
 武蔵野市 杉並区、三鷹市など中心に仕事を展開しております小松原会計事務所は、同業税理士に応援を依頼したり 司法書士 社労士弁護士等の他の士業の方々のお力をお借りしネットワークを充実させ成果をあげてきました。 期限後申告のデメリットを避けるのが一番です。3年以内に話し合いがつかなければ そのやむを得ない事情を税務署に納得してもらう手続きが必要となります。
 話し合いがまとまらないと期限内で法定相続分で按分して税金を納めますが 小規模等の特典が使えず高い税金で収め話し合いがついたら特典分の税金が還付されるようになります。その後3年以内に話し合いがつかなければ そのやむを得ない事情を税務署に納得してもらう手続きが必要となります。
 一般的には弁護士をたてて係争中というのが認められます。期限内申告をせずに小規模宅地等の特典が認められるのは 被相続人の死亡の日から3年以内と決まっています。

YouTube 動画

YouTube 動画

 

 当初小規模などの特典があったので税金はOKと判断していても 申告しなければその特典が認められないことに気づき時間に追われた納税者の方もいました。勿論期日までに申告できました。 一般公開急ぎの相続税申告書かけこみ寺、相続税の申告と納付は相続財産を遺した人(被相続人)の死亡の日から10ヶ月以内にしなければなりません。 しかし相続人の話し合いが長引き期限ギリギリという例も多々あります。また、仕事が忙しく気がついたら期限が迫っていたという例もあります。 そんな時小松原会計は過去多くのお客様に喜ばれました。
 

相続税の申告に必要なこと

1、相続財産の計算    相続税とは  初めての相続税

土地の評価・株式等の評価・預金等の利息を含む評価

 

2、相続人の確認

相続人になれる人は限定されます。

 

3、税額の計算

有利な特例計算が使えるかどうか、長期的・短期的視野に立っての判断が必要です。