ホーム

※ ブログ(http://tatsunosuke0703.blog.fc2.com/)に引っ越しました。





 このサイトは、

日本映画の再興を祈念して……



 立ち上げたものです。

 昨今の日本映画界は『邦高洋低』などと言って、興業収益で邦画が洋画を上回っています。それはもう圧倒的に邦画ばかりがヒットして、むしろ洋画のほうこそ再興させなければならないのではないかと思われるかもしれませんが、では果たして、そこまで大ヒットしている邦画の数々が、ヒットするにふさわしい内容や質、さらには娯楽性を持っているのでしょうか? 甚だ疑問が残ります。

 いや、ハッキリ申し上げましょう。

 昨今は、ヒットするべき良質の作品が隅に追いやられ、見るに値しない噴飯物の愚物ばかりがスクリーンを席巻しているという由々しき事態が起きているのです。


 ボクは小学生の頃に映画ファンになってしまいました。

 以来、30年以上、映画ファンをやっています。

 『映画ファン』などと言うと、今や絶滅危惧種かもしれません。

 でも、少なくなったとはいえクニマス程度には生息しているかもしれない若い映画ファンの役に立てればと思い、このサイトを通じて、悪しき映画を駆逐し善き映画をたくさん紹介したいと思っております。

 もちろん、このサイトでの論評はボク個人の私的な見解に基づくものです。

 ボクの好みで過剰に高評価したり、過小に評価したりする作品もないわけではありません。

 ですが、世の中にはびこっている商業化された映画評よりは、よほどまともな評価ができているものと思っております。

 なお、映画ファンをクニマスに喩えましたが、外来種が在来種を絶滅に追い込む自然界とは違い、この国の映画界では、在来種(邦画)が外来種(洋画)を駆逐し、映画ファンの質を落としているのが現状です。

 黒澤明や川島雄三(小津や溝口を出さずに川島という時点で私的な見解が顕著ではありますが)の例を出すまでもなく、かつての日本映画は世界の最高水準にありました。この日本映画界をダメにした原因は、もちろん日本の映画業界自体にも原因はありますが、この日本に暮らす映画ファンにも大きな原因があります。日本の政治を悪くしたのは、官僚の言いなりになっている政治家たちの責任ではありますが、そんな政治家を選挙で選んだ選挙民(投票所に行かず、業界の紐付き政治家たちの当選と専横を許した棄権者も含む)にも、同じだけの責任があるのと同じ論理です。悪しき映画に列を成し、善き映画に後ろ足で砂をかけたが故の罪でもあるのです。

 そんな悲劇がつづかぬよう、善き映画と悪しき映画を見極める目を養うお手伝いがしたい。

 このサイトがその一役を担えればと願ってやみません……。


ご意見はコチラへ。苦情はお断り。    tatsunosuke0703@forest.ocn.ne.jp



【星取り評価の基準】【日本映画再興論】【ピカデリー木村】【東宝13チャンネル



《更新履歴》

 
3月7日更新 『マネー・ショート』
3月4日更新 『サウルの息子』
2月15日更新 『キャロル』
2月12日更新 『オデッセイ』
2月12日更新 『ディーパンの闘い』
1月25日更新 『ザ・ウォーク』
1月18日更新 『白鯨との闘い』
1月8日更新 『ひつじ村の兄弟』
1月8日更新 『独裁者と小さな孫』

2016年 ↑
2015年 ↓

12月2日更新 『007 スペクター』に、『追記の追記』を加筆
12月1日更新 『007 スペクター』
10月16日更新 『草原の実験』
9月29日更新 『クーキー』
8月31日更新 『テッド2』
8月24日更新 『ナイトクローラー』
 
2015年 ↑
2014年 ↓
 
12月12日更新 『ゴーンガール』
12月1日更新 『フューリー』
10月30日更新 『ヘラクレス』
10月30日更新 『イコライザー』
9月29日更新 『フライト・ゲーム』
8月31日更新 『ルーシー』
7月12日更新 『渇き。』
7月10日更新 『マレフィセント』
3月28日更新 『鉄くず拾いの物語』
3月25日更新 『LIFE!』
3月25日更新 『ロボコップ』
3月25日更新 『ネブラスカ』
2月26日更新 『大統領の執事の涙』
2月26日更新 『エヴァの告白』
2月21日更新 『17歳』
2月14日更新 『メイジーの瞳』
2月8日更新 『ラッシュ』
2月7日更新 『スノーピアサー』
1月29日更新 『セッションズ』
1月29日更新 『アナと雪の女王』
1月19日更新 『大脱出』

2014年 ↑
2013年 ↓

12月更新分  『ゼロ・グラビティ』
11月29日更新 『2ガンズ』
11月29日更新
11月29日更新
11月29日更新
9月3日更新 『嘆きのピエタ』
7月26日更新 『風立ちぬ』
7月4日更新 『コン・ティキ』
6月27日更新 『しわ』
6月26日更新 『アフター・アース』
6月17日更新 『インポッシブル』
6月4日更新 『オブリビオン』
6月4日更新 『ラストスタンド』
5月29日更新 『アイアンマン3』
4月25日更新 『リンカーン』
4月6日更新 『ヒッチコック』
4月6日更新 『君と歩く世界』
3月23日更新 『ザ・マスター』
3月13日更新 『キャビン』
3月13日更新 『愛、アムール』
3月5日更新 『フライト』
3月2日更新 『秋のソナタ』
2月18日更新 『人生、ブラボー!』
2月14日更新 『アウトロー』
1月21日更新 『テッド』
1月17日更新 『ルーパー LOOPER』
1月17日更新 『96時間リベンジ』

2013年 ↑
2012年(抄) ↓

12月26日更新 『レ・ミゼラブル』
11月30日更新 2012年回顧(前章)
11月29日更新 『人生の特等席』
11月16日更新 『思秋期』
11月16日更新 『アルゴ』
10月15日更新 『コマンドー』
9月7日更新 『最強のふたり』
8月25日更新 『生きものの記録』
8月15日更新 『アベンジャーズ』
6月6日更新 『私が、生きる肌』
5月21日更新 『別離』
5月1日更新 『おとなのけんか』
4月26日更新 『山猫』
1月7日更新  2011年総論

2012年(抄) ↑
2011年(抄) ↓

12月27日更新  『宇宙人ポール』
11月19日更新  『コンテイジョン』