ソーシャルマーケティング型広報

 

Esでは、広報活動を中心に据えたマーケティング活動を、ソーシャルマーケティング活動と呼称しています。

そして、それに沿った形でのメニュー「Esソーシャルマーケティング型広報プログラム」をご提案しています。
 
 

ソーシャルマーケティング型広報プログラム概要
 
(1)広報活動  ▶  [社会との絆を構築]
広報活動それ自体を従来のマスコミなどへの告知活動から社会との絆を構築するものへと変更することを提案しています。
 
(2)顧客サービス  ▶  [顧客のファン化]
顧客サービスを紹介キャンペーンなど売り上げへの誘導をはかるものにするのではなく、広報活動への理解も深めていただきファン化を促進するものへと変更することを提案しています。
 
 (3)ソーシャルメデイア型ウェブサイト  ▶  [IT変革]
従来の広告・宣伝中心のサイトを、広報を組み合わせてソーシャル型に変更することを提案しています。
 

ソーシャルマーケティング型広報プログラムの特徴
 

■リアリティを重視したシナリオづくり

お客様の顧客/ステークホルダーとの間に具体的な接点がつくれるシナリオを構築します。

■自社メデイアを基点としたEマーケティング展開

ウェブサイトは、顧客の頻繁な訪問を通じて自然な絆を形成します

本プログラムは、ソーシャルマーケティングにおいて自社メディアの重要性を認識し、ウェブ環境を重視しています。  

■効果測定と通年業務化によりPDCAサイクルの組織化

目標を設定し、KPIROIを定期的に測定します。

また、社内教育により運用人材を育成し、PDCAの通年業務化を定着させます。
 
 
お問い合わせ
お電話で  090-9109-9475      担当:橋本
お気軽にお問い合わせください
 
 
サブページ (1): ・広報/サイト運営事例
Comments